経営戦略、IT戦略、Web戦略、人材育成、内部統制整備のご支援を生業としています

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

荒添美穂

Author:荒添美穂


☆公認システム監査人
☆システム監査技術者
☆ITCインストラクター
☆総務省電子政府推進委員
☆中小機構CIO育成チーフアドバイザー
・・・ 他

大学での講義や年間80件以上のセミナーを開催。
アイディア勝負のブルーオーシャン戦略支援を得意とする、中小企業の経営コンサル業を営み25年。
ネット活用の売上拡大支援では90%以上を売上3倍以上を、SEO対策は100%の成果を実現している。
創業支援から経営コンサルの育成・教育まで、「ありがとう」と言われるコンサルティングを身上とする。
※ 中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、各所の中小企業支援センター、みらさぽ等の専門家派遣可


来て頂いて感謝♪


お世話になります!


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『コミュニケーション技法について』特集(第二回)

  icon_arrow.jpg 第1回を見る   icon_arrow.jpg 第3回を見る   icon_arrow.jpg サイトマップを見る

【第2回】自分を知り、他人を知る



第一回では、コミュニケーション技法って何?!について、記事にいたしました。

かなりあいてしまいましたが、コミュニケーション技法の第二回
今回は、『自分を知り、他人を知る』個の理解がテーマです。


誰かを理解することは、とても難しいですが、
案外、自分を理解することも出来にくかったりいたします。


セミナーや研修会では、
・ エゴグラムハーマンなど、個の理解ツールのご紹介などで、アイスブレイク
・ 相手を理解することで、コミュニケーションのツボを知ろう!
で、コーチングとセルフコーチングへの足がかりとすることにしております。


その際には、
◆ 好みや傾向などの基本的人格には、優劣はないこと
◆ 基本的人格を変える必要はないこと(尊重すること)
◆ 本能的な対人関係リアクションについての理解
◆ 対人関係能力の向上が、理性的成長であること
などをご説明いたします。


そうして、先にご説明しましたコーチングコーチという立場を提示して、それぞれが思い浮かべられる理想のコーチを具体化して頂くのです。
コーチングとは】

コーチングは、人材開発のための技法のひとつ。
「コーチ」(COACH)とは馬車を意味し、馬車が人を目的地に運ぶところから、
コーチングを受ける人(クライアント)を目標達成に導く人」を指すようになった。
よく知られたところではスポーツ選手の指導があるが、現在では交流分析や神経言語プログラミング(NLP)などの手法を取り入れてビジネスや個人の目標達成の援助に応用されている。



体育会系の方ですと、”厳しく、バシッと一発”なんてコーチを理想として掲げられる方もおられますし、
”1から10まで丁寧に順を追って説明して、やってみせる”のが、良いコーチと思われる方もおられます。

でも、なぜ、そのコーチが良いのですか?を繰り返して、突き詰めていくと、
結果は、たいてい同じところに行き着くようです。


結局は、目標、目的を達成するための支援をするのが、コーチなんですね。


それでは、コーチを受ける方が、最も伸び、目標、目的を達成するためには、どうしたら良いのでしょうか・・・と問うと、最初とは異なる回答が返ってまいります。


そう、コーチを受ける方を目標、目的達成へと導く?には、コーチを受ける方を理解し、モチベーションを上げるような支援が必要なんですね。

そのためには、
◆ 自分を理解し、
◆ 自分がむっとすることの理由
◆ 相手との違い
を認識することからはじめる
のが、早いと思うのです。


一朝一夕には参りませんし、
常にそうあることも難しいかもしれません。

ですが、コーチの役割を演じることから始めてみよう・・・・というのが、私がコーチングを学び始めたときの思いだったりいたします。

皆様もいかがでしょうか?

次回は、傾聴(聞く技術)についてです。

『コミュニケーション技法について』特集(第二回)

  icon_arrow.jpg 第1回を見る   icon_arrow.jpg 第3回を見る   icon_arrow.jpg サイトマップを見る


★ブログランキングに参加しています
★よろしければ、クリックお願いします
arigato01.gif
FC2★→ f_01.gif
ブログ村★→ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログ★→ banner_02.gif
人気ホームページランキングへ

コミュニケーション技法について』特集(第一回)

  icon_arrow.jpg 第2回を見る   icon_arrow.jpg サイトマップを見る


本日は、朝一番から、コーチング技法の研修を実施してまいりました。
月1回6回コース、組織内の指導者研修です。

一般生活においては、なかなか窺い知ることのできない組織さんでの研修とあって、かなりドキドキドキドキ・・・

つくづく、規模や形態に拠らずどんな組織にあっても、人材の育成と定着は永遠のテーマであることを実感致しました。
◆ 製造業の熟練工の技能を組織全体の技術とする

◆ 組織内人材のモチベーションを向上させ、その情熱を同じ方向のベクトルにのせる
ことができたら、組織の力は果てしなく強化されます。


でもそれは、努力なしには、成しえないようです。

もっと言えば、こうしてセミナーを実施している、私自身においても、
・社内人材は有効に育成できていますか?
・従業員はみな、モチベーション↑↑ですか?
・技能の伝承は、確実にできていますか?
・娘に対して、感情的に怒りをぶつかる事はありませんか?
なんて質問された日には、恥ずかしくて以降の話は、ワントーン声の調子を下げてしまうかもしれません。

ですから、コミュニケーション技法としての
◆ コーチング
※ Wikipediaより引用
コーチングは、人材開発のための技法のひとつ。
「コーチ」(COACH)とは馬車を意味し、馬車が人を目的地に運ぶところから、
コーチングを受ける人(クライアント)を目標達成に導く人」を指すようになった。
よく知られたところではスポーツ選手の指導があるが、現在では交流分析や神経言語プログラミング(NLP)などの手法を取り入れてビジネスや個人の目標達成の援助に応用されている。
◆ ファシリテーション
※ Wikipediaより引用
ファシリテーション(英: Facilitation)は、企業内の会議の場などで、発言を促したり、話の流れを整理したり、参加者の認識の一致を確認したりする行為で介入し相互理解を促進し、合意形成へ導き組織を活性化(協働を促進)させる手法・技術・行為の総称。
会議の場などで、コンテンツ(議論の内容)に対して公平な立場にたち、話し合いのプロセス(流れ)に介入してファシリテーションを行う者のことをファシリテーター(Facilitator)という。
などの研修や実際のご支援に入らせて頂く機会は、私自身のあり方を見直す機会と考えて、自分の失敗談を例にあげてお話することにしております。


このカテゴリも加えて、シリーズで記事にして参りますので、ご興味がおありの方は、お読みいただきご意見をくださると幸いです。


シリーズの初回に、本日の受講生の方からお受けしたご質問と回答を添えておきます。

【質問】
コーチングで組織が変わるものでしょうか?
成功事例などあればご紹介ください
【回答】
コーチングはアメリカで生まれました。

『人材は育てるな、できるやつを連れて来い』式の狩猟民族的組織の国では、個人が自分の価値を上げるために、コーチをつけているようです。
IBMのルイスガースナー氏など有名企業のトップや、タイガーウッズなどのトップスポーツ選手にコーチがついているのは当たり前となっています。

『人材を育成して組織力とする』考えの日本では、組織が人財化対策として取り入れるようになりました。
組織内の指導者が、コーチングスキルを身につけるとともに、セルフコーチングでもかまいませんのでご自身にもコーチを持たれると・・・・・

コーチングは、もっと娘たちが小さかったときに学んでおけばよかった!!と悔やんだ、逸品知識です。
是非、ご一緒に学んで参りましょう!

コミュニケーション技法について』特集(第一回)

  icon_arrow.jpg 第2回を見る   icon_arrow.jpg サイトマップを見る



★ブログランキングに参加しています★よろしければ、クリックお願いします
arigato01.gif
FC2★→ f_01.gif
ブログ村★→ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログ★→ banner_02.gif
人気ホームページランキングへ

««BACK  | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。