経営戦略、IT戦略、Web戦略、人材育成、内部統制整備のご支援を生業としています

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

荒添美穂

Author:荒添美穂


☆公認システム監査人
☆システム監査技術者
☆ITCインストラクター
☆総務省電子政府推進委員
☆中小機構CIO育成チーフアドバイザー
・・・ 他

大学での講義や年間80件以上のセミナーを開催。
アイディア勝負のブルーオーシャン戦略支援を得意とする、中小企業の経営コンサル業を営み25年。
ネット活用の売上拡大支援では90%以上を売上3倍以上を、SEO対策は100%の成果を実現している。
創業支援から経営コンサルの育成・教育まで、「ありがとう」と言われるコンサルティングを身上とする。
※ 中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、各所の中小企業支援センター、みらさぽ等の専門家派遣可


来て頂いて感謝♪


お世話になります!


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月曜記事:中小企業向け“助成”や“支援”
当ブログについてはこちら
サイトマップはこちら


こんな記事を書いているからか、弊社サイトのお問合せ経由で、こんなご質問を頂きました。
いつか何かをやりたいと思っています。
今なら、景気対策で、いろんな支援があるようですから、どこかから補助金を貰っておいて、 何かやりたいことができたときのための資金をプールしておきたいのですが、 どう手続きしたらよいか、教えてください。


え~~~っと、

そういうのは、ダメダメです!!!!


基本的に、
◆ 実施展開しようとしている事業計画がある
  ※補助がなくても、やり遂げたいと思う情熱がある
◆ 補助を受けたら、成功の規模拡大や時期が早まる
◆ 今は苦しいが、これを乗り切れば成長へ向かえる

という状況の企業さんへの補助助成なのでございます。


セーフティネットの貸付が、結構簡単に融資されるとの噂で、
必要のない方でも、 『とりあえず、今借りとこう。あとで何が起こるかわからないからね。』的なご発言は、よく耳にします。

飲み屋さんで、『借りれるだけ借りて、しばらく遊んで会社をは潰す。』なんて物騒なことを喚いていた、酔っ払った経営者さんもおられたとの話も聞きました。


補助や助成は、国のお金・・・税金です。

本当に必要で、本当に役立てるための情熱を持った方に、ご利用頂きたいと思います。



そういう方は、以下のサイトから、ご自身の状況にあったものを探してみてくださいませ♪♪♪

◆中小企業基盤整備機構の資金調達ナビ
◆厚生労働省雇用関連補助一覧


また、事業案が、どうしても具体的に決まらない・・・
とか、課題克服の道が開けない・・・
という方は、コンサルなどの専門家派遣の制度もございます。

県の中小企業支援センターや、商工会議所、地方行政の経営支援課などに、一度ご相談ください。


★ブログランキングに参加しています★よろしければ、クリックお願いします
arigato01.gif
FC2★→ f_01.gif
ブログ村★→ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログ★→ banner_02.gif
人気ホームページランキングへ

月曜記事:中小企業向け“助成”や“支援”
当ブログについてはこちら
サイトマップはこちら


空洞国家とならないために、食の自給率をあげるため、農業(漁業や林業も含みます)ビジネスへの助成が、数多く実施されています。

ご紹介しきれないほどございますので、とり急ぎ、現在募集中の事業の中から、ふたつだけ、ご紹介しておきますので、ご興味がおありの方は、ご自身でも検索してみてくださいませね!

◆農商工等連携対策支援事業の公募について
中小企業者と農林漁業者が連携して、新商品や新サービスの開発、需要の開拓等を行う事業経費について、補助対象経費の2/3以内の補助をするもの

※公募期間は、各経済産業局でズレがありますので、管轄の地方の経済産業局のサイトでお確かめ下さい

【交付の対象】農商工等連携事業計画の認定を受けている方
※多くの補助事業が、経営革新計画の認定や農商工等連携事業計画の認定を受けている方を対象としています。
 まずは、面倒がらずに、事業計画の認定を受けましょう!!


1.事業化・市場化支援事業

2.連携体構築支援事業
(1)連携事業者型
中小企業者と農林漁業者とが連携体を構築する事業に係る、補助対象経費の補助
(2)支援機関型
中小企業者と農林漁業者との交流の機会の提供、
連携して事業活動を行う中小企業者又は農林漁業者に対する指導・助言、


◆先進的植物工場推進事業費補助金の公募について
植物工場の普及啓発のため、植物工場のモデル施設設置等を行う事業について、営利活動に繋がる経費(販売のための経費)を除く費用の全額補助

※公募期間は、各経済産業局でズレがありますので、管轄の地方の経済産業局のサイトでお確かめ下さい

【交付の対象】株式会社、組合、公益法人等
(1)植物工場モデル施設設置普及事業
新たに植物工場のモデル施設を設置・展示し、展示員による説明や見学会等を行うとともにセミナー等の各種イベントを行う事業
(2) 植物工場活用普及事業
国内で既に稼働している植物工場を活用し、展示員による説明や見学会等を行うとともにセミナー等の各種イベントを行う事業


その他、アイディアだけのコンテストもありますので、すぐに実施はできないけれど、案だけは持っているという方は、アイディアのコンテストに応募してみられては、いかがでしょう?

どんなコンテストがあっているのか、見てみようという方は、こちらから>>
きっと何かのきっかけが掴めるはず!!!


★ブログランキングに参加しています★よろしければ、クリックお願いします
arigato01.gif
FC2★→ f_01.gif
ブログ村★→ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログ★→ banner_02.gif
人気ホームページランキングへ

月曜記事:中小企業向け“助成”や“支援”
 ※当ブログについてはこちら
 ※サイトマップはこちら



前回(先週の月曜)の記事でご紹介しました、地域資源を活用した新商品・新サービスの事業化についての補助金について、ご質問がございましたので、今回は、地域資源活用新事業展開支援事業費補助金と、これを受給するために必要な地域産業資源活用事業計画の認定について、もう少し詳しくご紹介します。

地域資源活用新事業展開支援事業



地域資源活用新事業展開支援事業費補助金とは、その地域の名産や資源を活用した“売れる”商品づくりに対する事業費の一部を補助する支援策です。(現在、公募・第2次募集中!!)

地域資源活用新事業展開支援事業費補助の公募要領は下記のとおり
【受付期間】
平成21年6月15日(月)~平成21年7月17日(金)
応募は、各地方の経済産業省が管轄しておりまして、それぞれが定める期間に従いますので、詳しくは、各地方の経済産業局の告示をご確認ください

【補助対象】
地域産業資源活用事業計画の認定を受けた中小企業

【対象事業】
地域産業資源活用事業計画の認定を受けた中小企業が、認定された計画に基づいて実施する
◆市場調査、研究開発に係る調査分析、新商品・新役務の開発(試作、研究開発、評価等を含む。)
◆展示会等の開催又は展示会等への出展、知的財産に係る調査等の事業

【補助経費】
補助率は、補助対象経費の3分の2以内、認定計画1件当たり100万円~3000万円
※ただし、交付決定前に実施されたもの、契約成立したものについては対象外ですので、ご注意を!
◆(1)謝金(専門家などへの謝金)
(2)旅費(グリーン車などはだめです)
(3)事業費
 ① 会場借料
 ② 印刷製本費
 ③ 資料購入費
 ④ 通信運搬費
 ⑤ 借損料
 ⑥ マーケティング調査費
 ⑦ 通訳料・翻訳料
 ⑧ 雑役務費
 ⑨ 産業財産権等取得費
 ⑩ コンサルタント費(コンサル会社などとの契約
 ⑪ その他委託費
(4)試作・開発費
 ① 原材料費
 ② 備品費
 ③ 借損料
 ④ 機械装置等製作・購入費
 ⑤ 試作費
 ⑥ デザイン費
 ⑦ 実験費
 ⑧ 設計費
 ⑨ コンサルタント費
 ⑩ 委託費



ですが、これは、地域産業資源活用事業計画の認定を受けた中小企業でなければ、対象となりません。

対象となりそうな事業案をお持ちの方は、まず、地域産業資源活用事業計画の認定をお受けください♪

地域産業資源活用事業計画の認定は、経営革新計画の認定と同様、都道府県知事経由で行われます。
1.各都道府県ごとに申請書や申請方法を検索
2.申請書をダウンロード
3.地域産業資源活用事業計画書(申請書)を作成する
4.計画書を都道府県知事に提出

の手続きを踏みます。

ちなみに、九州各県は、九州経済産業局が統括しておりまして、各認定事業者に対して当局局長より認定書を交付するのも九州経済産業局ということになります。


詳しくは、『地域産業資源活用事業計画 + 所在地の県名』で検索して、お確かめくださいませ!


受けられる助力は活用して、効果的な事業展開をはかってください。



★ブログランキングに参加しています★よろしければ、クリックお願いします
arigato01.gif
FC2★→f_01.gif
ブログ村★→にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログ★→banner_02.gif
人気ホームページランキングへ

※毎週月曜は、各種行政の実施している、中小企業向け“助成”や“支援”について記事にします。



この不況下に、新規事業なんて、ありえない!!と思われた方は、要注意です。

未曾有の不況にあるからこそ、そして経済やニーズ・市場のが大きく流動する今だからこそ、これまでを刷新する事業シーズ(※シーズとは「種」のこと)・・・新規事業展開や、販路や市場の変更などの経営革新が有効なのでございます。

環境が変わってなお、変わらない事業だけに頼っていると、企業は危機から抜け出せない可能性が大きいのではないでしょうか?!

でも、現実としては、お金のないときですから、新商品開発や提携、コンサルを雇ったり広告に投資することは、なかなか踏み出しにくいのは事実でしょう。


そんな中小企業さんへ向けて、先日、経済産業省中小企業庁から、平成21年度版中小企業施策利用ガイドブックが公表されました。

支援して欲しいシーン別の索引がついていて、見やすいものになっています。確認してみる方は、>>こちらからどうぞ!!

目次索引だけでも10ページほどもございますので、本日は新規事業展開にかかわる部分だけを抜粋しておきます。
該当する方は、ぜひぜひご活用ください♪
◆省エネ設備の導入には、事業費の1/3補助
◆省エネサービスの提供には、事業費の1/2時補助
◆中小企業者と農林漁業者が連携した新事業展開には、試作品開発や展示会出展費用の2/3(上限3000万)補助や、コンサルサポートのほか、税制優遇や据置5年償還12年融資など
◆地域資源を活用した新商品・新サービスの事業化についても、試作品開発や展示会出展費用の2/3(上限3000万)補助や、コンサルサポート他
お考えの事業が、助成対象なのでは・・・という方は、対象や内容は、資料をダウンロードしてごらんくださいね!


各県、市ごとの助成事業も要チェックです!

また、変わらなければ!と思いつつ、
 ・どう変えていったらよいか迷っている
 ・経営革新を進める人材が不足している
 ・何から手がけたらよいかわからない
 ・伝手がなく、どう売ったらよいかわからない
と悩める企業さんへは、
経営革新を支援するコンサルなどの専門家派遣
◆販路開拓コーディネーターの支援や展示会出展への助成
などの支援策も多くございますので、相談をしてみてください。

専門家派遣の相談にのってくださる機関は、
 ・中小企業基盤整備機構
 ・各地の中小企業支援センター
 ・各地の商工会議所
 ・各地の商工会
 ・地域力連携拠点
 ・各地方のIT経営応援隊
などです。
※私自身が専門家として登録している機関を列挙しただけですので、他にもあるかもしれません。


こんなときなのに・・を こんなときこそ!の意識を持って、元気に生き抜いてまいりましょう!!!!



★ブログランキングに参加しています★よろしければ、クリックお願いします
arigato01.gif
FC2★→f_01.gif
ブログ村★→にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログ★→banner_02.gif
人気ホームページランキングへ

※毎週月曜は、各種行政の実施している、中小企業向け“助成”や“支援”について記事にします。



アメリカの自動車メーカー、ビッグスリーゼネラルモーターズフォードモータークライスラー)のひとつ、クライスラーは、2009年4月30日に、日本の民事再生にあたる連邦倒産法第11章の適用を申請しました。

そして、ゼネラルモーターズ(GM)も・・・・・

残るフォードは一早く、アストンマーチン、ジャガー、ランドローバーなどのブランドを他社に売却するなどの対策と、GMほど派手な不動産投資などをしていなかったことや辣腕アランムラーリ氏を経営陣に入れるなどして、なんとか生き延びていますが、民事再生によって債務放棄した2社の影響は、部品供給で係わる多くの日本企業にも影響を及ぼしています。

だって、代金が未回収になるのですもの!!



ビッグスリー関連に係わらず、そんなこんなの理由で、資金繰りの悪化から事業を縮小しなければならなくなった企業さま、安易にリストラしないでください!

雇用する従業者を一時的に休業、教育訓練又は出向をさせた場合に、休業、教育訓練又は出向に係る手当若しくは賃金等の一部を助成する制度がございます。

今日は、雇用調整助成金をご紹介しますね!!
雇用調整助成金を受給できる方】
(1)最近3ヶ月間の売上高又は生産量等がその直前3ヶ月間又は前年同期比で5%以上減少していること。

(2)従業員の全一日の休業または事業所全員一斉の短時間休業を行うこと。

(平成21年2月6日から当面の期間にあっては、当該事業所における対象被保険者等毎に1時間以上行われる休業(特例短時間休業)についても助成の対象となります。)

(3)3ヶ月以上1年以内の出向を行うこと

大型倒産等事業主などの特定の事業主については(1)と要件が異なります。詳しくは最寄りのハローワークにお問い合わせください。
ということになっています。

【ありがたい受給額】
○休業等
休業手当相当額の2/3(上限あり)  ※従業員の解雇等を行わない事業主に対しては助成率を上乗せ
支給限度日数:3年間で300日(最初の1年間で200日分まで)
(大型倒産等事業主など特定の事業主については、支給限度日数が異なります。詳しくは最寄りのハローワークにお問い合わせください。)
教育訓練を行う場合は上記の金額に1人1日1,200円を加算

○出向
出向元で負担した賃金の2/3(上限あり)


季節性、時期的一時的な業務縮小なら、どうか、これらをご活用頂き、なんとか苦しいイットキを乗り切って頂けたらと、願っています。

暗めの話でごめんなさい。
次回は前向きな、新規事業展開の助成について、お話しますね!!




★ブログランキングに参加しています★よろしければ、クリックお願いします
arigato01.gif
FC2★→f_01.gif
ブログ村★→にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログ★→banner_02.gif
人気ホームページランキングへ

««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。