経営戦略、IT戦略、Web戦略、人材育成、内部統制整備のご支援を生業としています

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

荒添美穂

Author:荒添美穂


☆公認システム監査人
☆システム監査技術者
☆ITCインストラクター
☆総務省電子政府推進委員
☆中小機構CIO育成チーフアドバイザー
・・・ 他

大学での講義や年間80件以上のセミナーを開催。
アイディア勝負のブルーオーシャン戦略支援を得意とする、中小企業の経営コンサル業を営み25年。
ネット活用の売上拡大支援では90%以上を売上3倍以上を、SEO対策は100%の成果を実現している。
創業支援から経営コンサルの育成・教育まで、「ありがとう」と言われるコンサルティングを身上とする。
※ 中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、各所の中小企業支援センター、みらさぽ等の専門家派遣可


来て頂いて感謝♪


お世話になります!


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
限りある資源(ひと、もの、金)と、限りない資源(情報)を 最大限に活用して、組織が強くなろうとすることが、戦略です。

選択と集中」という言葉が、よく使われますよね。
ココ!というところに、限りある資源(ひと、もの、金)を集中投下することが、重要です!って

選択と集中」では、
コンサルの方や、経営の「○○論」というものまで勉強されている方は、よくご存知のPPM(プロダクト・ポートフォリオ・マトリクス)理論とか、いろいろありますが、ここでは「論」には触れずに、お話をしてみようと思います。


今朝コメントを入れてくださった、ちよちよさんは、コンサル会社で、有名な大手企業のコンサルを多く手がけてこられた、すごい方ですが、コメントの中でも「気づき」と言われているように、学びの姿勢を崩さない方でもあります。最近独立されて、中小企業のご支援も始められました。

この中で、中小企業さんは、強み資源投下していることに気づかれたとおっしゃっておられたので、関連記事を書くことにしました。


強みを伸ばすか、弱みを消すか!どちらに資源を投下するかと言えば、中小企業の場合は、強みを伸ばすご支援をすることが多いです。

理由の一番は、もちろん、そちらの方が、効果が出やすいからです。
その強みを伸ばすのに、機会(自分の力では動かしようのない、社会の動向や変化によるチャンス)を利用できたら、言うことはありません♪
他社に真似できないほどの強みに育てられたら!

ただ、このとき、
・ いけいけドンドンでは、組織が空洞化して、いづれ破綻することを意識すること
・ 引き際(撤退戦略)を検討して、基準を決めておくこと
・ 強み弱みと表裏一体である場合があるということを考えること
・ 事業の存続を脅かすほどの弱みを抱えている場合は、これを顕在化させない手段を講じるか、先に対策をうつこと
などに、注意しておく必要がございます。

強みは弱みと表裏一体ということは、弱みを消す際にも、よくよく検討しなければなりません。
強み:「小回りが利く」や「顧客に応じて柔軟に対応できる」は、
弱み:「標準工程や規則、規定の不徹底」にもなりますよね。
この場合、一般的な標準工程遵守を徹底すると、強みが消えることになります。
強み:「少数精鋭」は、
弱み:「ひとりの離脱が大ダメージ(代替がきかない)」や「日常的にみんな手一杯で、新事業へ人的資源を投下できない」とも言えます。

ERPというシステムがあり、このシステムに沿って仕事をしたら、間違いありません!って謳っていたり致します。
もちろん、そういう面もございますが、他と違うことが強みの中小零細企業が、他と同じ手順で仕事をすることは、逆に、強みを消す場合もある・・ということも、検討しなければいけないと思います。

中小零細企業が、ERPを使うと、必ず、強みが消えますよって、言っているのではありませんから、誤解をしないでくださいね♪

弱みを消す場合、連動して消える強みはないか、新規顧客を得るために、既存顧客を捨てることにならないか・・・なども、考えてみるべき、ということです。

大切で、重要で、大変に微妙なところなので、この検討をするときには、手前味噌に「私の役立ちどきだわ♪」なんて、はりきってしまいます。


規模を大きくしたくない企業も、数多くあります。
弊社もそうですが、私は、私自身が、コンサルとして動いていたいからです。
社長が、または、匠の技術者が、この技を活かしていこうとする場合も同じかもしれません。
組織を維持するTOPの仕事は、TOP営業を除くと、経営と組織運営ですから、これが十分にできない場合は、組織拡大を断念する選択もありだと思うのです。

守りたいもの、ひけないものがあるとき、捨てなければならないものがでてくる場合がありますから、よくよく考えて
理念に基づく目標に到達するための全体最適
を実現できたら、何よりです♪


★ブログランキングに参加しています。バナーをクリックしてくださると感謝感謝です♪

FC2マーケティング・経営ランキング
クリックしてね♪→
a_03.gif
ブログ村コンサルランキング
クリックしてね♪→
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログランキング
クリックよろしく♪→

banner_02.gif

コメント

身の丈

今の会社で役員に就任してすぐの頃に、部下に「当社の身の丈を調査しろ」と指示したことがあります。
身の丈を計る意味は、普通に歩いて居れば他に負ける。
飛び跳ねれば何れは落ちる。背伸びして上を目指したい。背伸びなら頑張れば持続する。そんな思いでした。座すれば滅びる。しかし、「いけいけドンドンでは、組織が空洞化して、いづれ破綻することを意識すること」
教訓です。今回のブログも沢山、参考になりました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お邪魔します。

携帯から参戦です。

自身ちょうど そんな事考える時期が 近づきつつありまして とても為になりました。

今後も勉強させて頂きますね!

では…

今日のパスタもおいしそうでしたね~~♪

たかパパさんも、新規事業展開とか創業とか、お考えなんですね~!

たかパパさんなら、大丈夫でしょう!!
がんばってね!

はじめまして

目先の利益ではなく、先々を見据えた全体最適の経営を目指すことが非常に重要ですね。

勉強になりました。

応援クリック、ぽちっ!

共感

事業は強幹弱枝の感ががあります。何の為に、何が故にの戦略があれば強幹弱枝となるのでは。しかし、薄志弱行の壁もあり。おっしゃる通りと共感します。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://intpark.blog116.fc2.com/tb.php/84-c1168768

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。