経営戦略、IT戦略、Web戦略、人材育成、内部統制整備のご支援を生業としています

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

荒添美穂

Author:荒添美穂


☆公認システム監査人
☆システム監査技術者
☆ITCインストラクター
☆総務省電子政府推進委員
☆中小機構CIO育成チーフアドバイザー
・・・ 他

大学での講義や年間80件以上のセミナーを開催。
アイディア勝負のブルーオーシャン戦略支援を得意とする、中小企業の経営コンサル業を営み25年。
ネット活用の売上拡大支援では90%以上を売上3倍以上を、SEO対策は100%の成果を実現している。
創業支援から経営コンサルの育成・教育まで、「ありがとう」と言われるコンサルティングを身上とする。
※ 中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、各所の中小企業支援センター、みらさぽ等の専門家派遣可


来て頂いて感謝♪


お世話になります!


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、無事、大分でのセミナー(企業の継続力と変革について考える)を終了しました。

テーマは、
1.老舗企業の継続力と、
2.ネットを活用したビジネス展開
の二本立てです。

2.は、私がお話させていただいたものですが、1.の企業継続を学問的研究者的見地から、お話くださったのは、大分大学の本谷るり先生

本谷先生は、国立大学の准教授のイメージを覆し、笑顔のチャーミングな、ちょっとだけ関西弁イントネーションの、若く素敵な女性です。

お話も、とてもまっすぐで、わかりやすいものでした。

日ごろ、企業さんの中にどっぷり浸かって、一緒に泥にまみれて、戦略を考えている私には、客観的な引いた視点からの研究結果は、本当にためになるものでした。

変革というものは、
・ 進化 (安定状態の中で自然に変わっていくもの)
・ 革新 (安定状態を壊して段階を上がるためのもの)
があるということで、確かに、これははっきりわけて考えないといけないなあと、思います。、

成熟度という考え方をご存知でしょうか?
経営成熟度とか、IT成熟度とか、プロジェクトの・・とか、成熟度にもいろいろあるのですけど、どれも大体、同じような視点で、レベルを判断しています。

レベル1.個人の能力と判断に任される、場当たり的状態
レベル2.暗黙の規則や経験のもと、異なる担当者が同じような手順をとっている状態
レベル3.標準化、文書化がされ、教育訓練によって、手順は浸透されている
レベル4.3の状態に加えて、モニタリング(点検)機能があり、おかしなところを発見改善する仕組みがある
レベル5.理想的状況
なんてふうに、私たちは、状況をレベル分けして、成熟度評価をします。

例えばレベル3の組織は、レベル3の状態で安定を保ちながら、だんだん進化していきます。この変革には、抵抗は起こりません。

それが、レベル3から4に上がろうとすると、これまでの安定し習慣化した手順を「壊して」、「革新変革」をしないといけないんですね。
そうすると、今日と同じ明日の私という、安定感を阻害するので、怖かったり、面倒だったり、「いいじゃない、今のままで」っていう考えが出てきます。

新規事業に乗り出すときも、同じような心理が出てきます。

でも、企業というのは、同じコトを同じようにコナシテいるだけでは、環境は変化しているために、だんだん、
 ・お客様のニーズから外れたり、
 ・お客様の数が減ってきたり、
 ・仕事をするひとに慣れが出て、質が落ちたり、
なんだか、元気がなくなって、のんびり停滞モードに入っていくものなんですよね。

上手に、的確に、いいあんばいで、革新変革をしていかなくては、いけないものなのです。

さっき、習慣という言葉を出しました。
習慣って、大切です。
そして、習慣を壊すことは、大変です。

でも、習慣を壊す(見直し改善、革新変革)ことを、習慣化すると、強いですよね~~♪

習慣となったいろいろを、良いものか、変えるべきものか、見直すことを習慣にできたら!!!


これから、私は、習慣を見直す習慣をつけることを心がけてみようと思っています。
頑張ります♪

気づきをくださった、本谷先生、受講者の方々、ありがとうございました。
感謝感謝でございます。

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリック(応援)してくださると感謝感謝です♪
click1.gif
a_03.gifFC2

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへブログ村

banner_02.gif人気ブログランキング

コメント

進化と革新

興味深い話しで参考になりました。
進化のスピードと革新のタイミングが重要そうですね。

成熟度のレベル5の理想的状況とはレベル3と4の
手順や仕組みが効果的に機能して成果を上げている状況でしょうか?
レベル3、4、5のサイクルを何度も繰り返して
変化への適応と進化を続ける組織になりたいものです。

ビー玉さま

コメントありがとう!

「成熟度」については、世界標準があったりと、国際的に浸透してしまっているので、変えることは難しいですね~~・・・

アメリカ発祥の考え方なので、どなたかが、日本語に訳したものでしょう。

私はおおざっぱな人間なのか、「この考え方の呼び方はこうですよ」と、言われると、「そうなんだ~」ってことで、深く考えずに使っていました。

ビー玉さん、何か、しっくりくる呼び名があれば、ご提案ください♪

基準と違う呼び方をすると、勉強した方は混乱するかもしれませんから、「こんな訳され方をしてますけど、この言葉の方が、しっくりくるかも」ってご紹介をすることはできると思います。

要は、内容と真髄の理解ができて、応用していけることが一番ですもの。

ではでは、案をお待ちします!

失礼しました。記載場所を間違えていましたので再投稿
㊥ 

大分で、技術と経営の両面を押さえた魅力ある話を聞かせたいだきありがとうございます。最近聞いた「不易流行」の言葉が思い出されました。

MIZOさま ビー玉さま

ご丁寧にありがとうございます!

お互いの益となる、情報共有をしていければと願っております。

今後ともよろしくご指導ください!

本谷先生のお話は、学者先生の堅いお話と思いきや、フィールドワークに基づく実証研究のお話。これはとっても興味深々。でも、本谷先生のお話に劣らず、荒添先生のお話もまた興味深々!!。小倉までの電車のなかでの特別課外講義もまた興味津々。

あれ?
まあ・・これはこれは、桜さま!

久々のご実家はいかがでしたでしょうか?

皆様のような、見識者の方々を前に、話をさせていただくのは、気がひけるとともに、柄にもなく、どきどきしていたのですが・・・

今後ともご指導くださいませ

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://intpark.blog116.fc2.com/tb.php/72-1b094edf

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。