経営戦略、IT戦略、Web戦略、人材育成、内部統制整備のご支援を生業としています

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

荒添美穂

Author:荒添美穂


☆公認システム監査人
☆システム監査技術者
☆ITCインストラクター
☆総務省電子政府推進委員
☆中小機構CIO育成チーフアドバイザー
・・・ 他

大学での講義や年間80件以上のセミナーを開催。
アイディア勝負のブルーオーシャン戦略支援を得意とする、中小企業の経営コンサル業を営み25年。
ネット活用の売上拡大支援では90%以上を売上3倍以上を、SEO対策は100%の成果を実現している。
創業支援から経営コンサルの育成・教育まで、「ありがとう」と言われるコンサルティングを身上とする。
※ 中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、各所の中小企業支援センター、みらさぽ等の専門家派遣可


来て頂いて感謝♪


お世話になります!


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンプライアンス(企業を潰さないためのリスク管理)のセミナーに、ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。

セミナーや研修をして、「これは失敗だったな」と思うのは
 1.質疑応答の際、手があがらないとき
 2.事後アンケートに、「普通」にチェック&コメントなし
のときです。

「たいへん満足」「ほぼ満足」はともかく、「少し不満」「たいへん不満(期待はずれ)」よりも、私にとっては、「普通」評価が最もショックです。
「普通」の印象で、格別のコメントもない場合、その受講者の方にとっては、何の印象にも残らなかったということだと思うのです。時間の無駄遣いをさせてしまったなあと、思わざるを得ないですよね。


昨日のセミナーには、お集まりくださった企業さまの規模と内部統制状況が、あまりに不ぞろいで、話し手としては、とても不安でしたが、活発にご質問も頂き、アンケートも感想を多く頂けて、安堵&感謝でございます。


さて、タイトルに記しました、「コンプライアンス法令順守」という表現には、違和感をお持ちの方もおられるでしょうね。

だって、日本では、コンプライアンス=法令遵守と約されていますもの。
でも、コンプライアンスは、もともと『充足する』『調和する』という意味で、工学的には『物体のしなやかさ』という使われ方をいたします。

企業へ打撃を与えない対策として、コンプライアンスを考えたとき、日本でも、法令を遵守するだけでは、片手落ちな社会になってきているということは、見逃せません。

たとえば、パロマ・・・湯沸し器の事件では、法令遵守という面だけから考えると、過去20年あまりでおこされた、かなりの数の訴訟では勝訴しており、社会通念や、道徳的にはおかしいけど、法律的には非はない状況でした。
でも、パロマは社会的制裁を受けました。
 ・ 売り上げは大幅に減少
 ・ 無償交換や無償点検に伴うコストは200億円超
 ・ パートやアルバイトなどのリストラ
 ・ 社会的信頼失墜
企業としては、大打撃です。

そもそも日本では、法律と社会の実情が乖離している傾向があります。
ですから、法律では罰せられなくても、社会が下すペナルティは、見逃せません。


不祥事後、必死に立ち直ろうとしてきた、その後の雪印という記事(←クリックで記事が開きます)にも明確に示されています。

企業は、顧客の求めるもの、社会の求めるものを敏感に感じ、これに則した対応をしていくべきなのです。

でも!!私がメインでご支援させて頂いているような、中小企業さんですと、内部統制なんて、そんなことを考える余裕は、まだまだない!というのが実感ではないかと思います。


コンプライアンスとか、リスク管理とか、内部統制とかって、余裕のある企業がすることと、思わないでいただけると嬉しいです。

以前、急成長中の中小企業さんのご支援に入った際、その売上至上主義に不安を抱き、社長さんに進言したことがあります。
誠意と情熱にあふれた、素敵な社長さんでしたが、「内部統制を整備する時期がきています」と言った私に、「もうしばらくの間は、成長こそが第一優先です。もう少ししたら、考えます。」とおっしゃいました。

そして、その3ヵ月後、主軸社員さんの不正により、億に近い直接的損失を受け、その後の影響対応のために、さらに深刻な損害を被ったのでした。
地域に根付く中小企業でしただけに、噂も痛かったですし、迷惑をかけたお客様への対応に全社員であたったため、新規の売上は、半年間ストップ状態になってしまったのです。潰したほうが楽でしょうと、聞いた私に、その社長さんは、「私の責任において、誠心誠意、命をかけて放り出したりしません」とおっしゃいました。

あれから2年。
その企業さんにも、やっと、先が見えてきました。
社長さん(企業さん)の誠意の対応の賜物であろうと思います。


誤解しないで頂きたいのは、コンプライアンス・リスク管理内部統制って、費用のかかる余裕のあるものが「やる」しろものではないってことです。
これは、ミスの防止、社内価値観の統一や社会貢献実感によるモチベーションの向上など、不正の防止を超える価値があるのです。
もちろん、どの程度が妥当かっていうのは、企業の規模と経営状況に左右されますが、そこを考えて
 1.リスクの保有(落とし穴があることを認識して、対策できるようになるまで、みんなで気を受けましょうね~~と意思統一)
 2..リスクの移転(個人情報漏えい保険とか、取引先倒産などに対する補助を受けるとか)
もありですが、落とし穴の位置と状況を把握しておくことは、絶対条件です。

そして、できるところから、対策していきましょう。
リスクの回避と低減の実現は、必ず、企業の強さを育てるはずです。
その効果分析→改善って、道のりも忘れずに整備します。
これって、業務改善にもつながりますから、どうぞお試しあれ!!!

また、長くなってしまいました。
セミナー資料をアップしたいと思っていましたが、これ以上の長編はご迷惑ですね。

もしも、ご興味をお持ちで、資料くらい見てみようかなと思われた方は、ご連絡ください。
メール等の手段を使って、送らせて頂きます♪


ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリック(応援)してくださると感謝感謝です♪
a_03.gifFC2

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへブログ村

banner_02.gif人気ブログランキング

コメント

こんばんはです。
ビジネス用語勉強になります。
今後も勉強させていただきます。困ったときは相談にのって頂いてもいいですか。

たかパパさんへ

もちろんです♪
私も日々、レシピのご指導をいただいているのですもの!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://intpark.blog116.fc2.com/tb.php/58-8f551e5e

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。