経営戦略、IT戦略、Web戦略、人材育成、内部統制整備のご支援を生業としています

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

荒添美穂

Author:荒添美穂


☆公認システム監査人
☆システム監査技術者
☆ITCインストラクター
☆総務省電子政府推進委員
☆中小機構CIO育成チーフアドバイザー
・・・ 他

大学での講義や年間80件以上のセミナーを開催。
アイディア勝負のブルーオーシャン戦略支援を得意とする、中小企業の経営コンサル業を営み25年。
ネット活用の売上拡大支援では90%以上を売上3倍以上を、SEO対策は100%の成果を実現している。
創業支援から経営コンサルの育成・教育まで、「ありがとう」と言われるコンサルティングを身上とする。
※ 中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、各所の中小企業支援センター、みらさぽ等の専門家派遣可


来て頂いて感謝♪


お世話になります!


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
組織というと、複数の(または大勢の)人間の集合体です。
組織内で、「何かを変えよう、何かを成そう」と思ったら、必ず、反対意見を持つ方が出てきます。

組織として「成したいこと」の成果は、能力×熱意×方向性で決まってきます。
能力や熱意は、0~100点で考えることができますが、方向性には逆方向(マイナス)もあるので、-100~100で考えます。

そして各項目の成果に対する因果関係は、掛け算に似ていると思ってかまわないと思います。
ですから、能力と熱意の高い人材が、逆方向への推進に動いたとき、「成したいこと」を達成することは、非常に困難になります。


今日の研修を受講された方の中に、ひときわ元気で、成長意欲に富み、傾聴の姿勢を備えた、期待の若き営業さんがおられます。
お客様に対して、コンサル的な視点からの助言ができる営業さんを目指されて・・のご参加だと思います。

この方から、今日、ご質問がありました。

その全容はご紹介できませんが、エッセンスとして、お客様の企業さんの中で「成したいこと」に反対する方々との付き合い方というテーマは、組織内で動くとき、組織を動かすときの共通の課題であろうと思います。

実は私も、興味をもって勉強していることのひとつです。
この話題のなかで、思い出したのは、以前読んだ雑誌プレジデントの特集(クリックで開きます)でした。
ハーバード式仕事の道具箱 抵抗勢力」の言い分は案外正しいというものです。

反対する人には、2種類あります。
 ①「反対のために反対」している人
  (失敗の可能性や責任から外れたい、性格的感情的なものなど)
 ②「もっともな理由に基づく反対」をしている人
後者の抵抗勢力は、変革を成功させるための「思わぬ知恵袋」となる可能性がある
という考え方が、紹介されています。


いったん受け入れ、理解し、取り入れることをしないで、「成したいこと」から外すことだけ優先すると、
 ・ 思わぬ知恵袋を失うデメリット
 ・ あとで、抵抗勢力として火を噴き、成すべきことを阻害する可能性
にさらされることになることを意識しておくべきでしょう。

もっとも、「成したいこと」がある以上、これを阻害する可能性のあるものであることは確かですので、リスクマネジメントとして、この記事では、以下の3つのポイントを抑えておきなさいと教えています。
 1) 抵抗によって最も甚大な被害を受けるのはどの分野か。
 2) 抵抗が波及力を持つおそれがあるのはどの分野か。
  (職域によらない影響力)
 3) 抵抗が最も激しくなるおそれがあるのはどの分野か。
   最も失うものが大きいのは誰か。


「成すべきこと」の推進に、この抵抗勢力を最初から巻き込むことができたら!!
カンタンそうで難しく、ムツカシそうでもやってみたら、案外すんなりコトが進んだということもあります。

あきらめないこと、眼を背けないことが、何より大切そうですね♪


ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリック(応援)してくださると感謝感謝です♪
a_03.gifFC2

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへブログ村

banner_02.gif人気ブログランキング

コメント

納得!

②の場合は、まさしく「正しい」ことが多いですよね。

私自身の場合は、中間管理職の立場が多いので...反対勢力、抵抗勢力は非常に困ります。

特に...
期間が決められていること
●提出期限が決まっている見積
●工期があるもの
●事業再建などの際の、銀行などへの計画書の提出
etc
どうしても、抵抗勢力などと煮詰める時間さえ無い(惜しい)場合が...多々あります。

壁(障害)があれば、乗り越える・回避する・破壊する
・あきらめる など多数の選択肢がありますし。
その時々で、有効な選択肢や保険的な選択肢を取捨したいものです。

その一つとして、『「抵抗勢力」の言い分は案外正しい』は、非常に参考になりました。

荒添社長、毎度面白いネタ ありがとうございます。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://intpark.blog116.fc2.com/tb.php/54-a4cacb54

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。