経営戦略、IT戦略、Web戦略、人材育成、内部統制整備のご支援を生業としています

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

荒添美穂

Author:荒添美穂


☆公認システム監査人
☆システム監査技術者
☆ITCインストラクター
☆総務省電子政府推進委員
☆中小機構CIO育成チーフアドバイザー
・・・ 他

大学での講義や年間80件以上のセミナーを開催。
アイディア勝負のブルーオーシャン戦略支援を得意とする、中小企業の経営コンサル業を営み25年。
ネット活用の売上拡大支援では90%以上を売上3倍以上を、SEO対策は100%の成果を実現している。
創業支援から経営コンサルの育成・教育まで、「ありがとう」と言われるコンサルティングを身上とする。
※ 中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、各所の中小企業支援センター、みらさぽ等の専門家派遣可


来て頂いて感謝♪


お世話になります!


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、親しい中小企業診断士の先生からのお声かけで、
経営戦略や事業戦略、価値創造に資するITについての講演をさせて頂く機会がございました。

企業の中でのITは、
IT技術者やITに詳しい人に任せるべき、特別なものではありません。


経営の中の思いを
◆ もっと効果的に
◆ もっと価値をあげ
◆ もっと早く
◆ もっと広く
実現するためのツールです。


重要な事は、
「何を成したいのか」があり、
「どんな使えるツールがあるか」を知る
ことです。


織田信長は、
鉄砲をうまく使ったけれども、
鉄砲をつくることなんて、できませんでした。


小規模ながら、天下統一をしたいと思い、
鉄砲という武器の存在を知り、
ツールとして使いましたが、
決して、「自分は、鉄砲の専門家でないから、鉄砲の専門家に戦い方を任せよう」とは言わなかったでしょう。


Webサイトを含むITツールも同じように考えて、
「こう使いたい」と思う経営側の方が主導権を持つことが肝要と思います。


また、そのツールを手に入れたら、
必ず、
・ 狙いを定める
・ 引き金を引く(情報発信する)
ことをしないと、
そこにツールがあるだけでは、何も起こりません


ただ、 IT系のツールは、何がどうなんだかの区別がつきにくいのも事実かと思います。

たとえば、
クラウドって、言葉は知っているけれど、
どんな種類があり
どう違い
どれが最適か
どんなリスクがあるのか
肝心なところがぼやけているのも確かでしょう。


そもそも、IT系のいろいろは、
アルファベットがいくつか並んだものとか、
聞き慣れないカタカナ用語が多いので、

ITやWebをフル活用するご支援が多い私も、「うええ!!」と思いますし、 何より、「間違って口にしたら恥ずかしい・・」というプレッシャーもあります。


専門用語をできるだけ使わずに、クラウドを整理すると、
インターネット経由で、
欲しい情報やプログラムの入ったコンピューターを使うので、
どこにいても、いろんな情報やシステムを使うことができる
ってところでしょうか。


ただ、「便利」はリスクも伴います

ネットバンキングにしても、
営業さんが出先からアクセスする商品情報にしても、
ログインするための情報が漏れたら、 だれでも操作したり、閲覧したりができてしまいます。


そこで、間違いなく個人を特定するために、
iPhoneもPCも、銀行のATMや、入室も、
指紋認証顔認証で行うことが増えてきました。


そうすると、
非常にセンシティブな情報を認証のために提供することが、慣れっこになってしまいそうで怖くもありますが、便利さの前には太刀打ちできないですね!


クラウドだけでなく、セキュリティのことを言われると、どんなに巨額の資本を投下しても、100%の防御は不可能です。

企業を守る視点でいえば、
何か不備が起こっても、責を追求されないくらいにきちんと処理していますという姿勢と履歴を残しておくことが肝要かと・・・・・・








当ブログ記事に関し、
ご質問やお問合わせがございましたら、下記までお気軽にどうぞ!
 有限会社 インテリジェントパーク
 代表取締役 荒添 美穂
info@int-park.jp

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://intpark.blog116.fc2.com/tb.php/490-882e9fd8

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。