経営戦略、IT戦略、Web戦略、人材育成、内部統制整備のご支援を生業としています

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

荒添美穂

Author:荒添美穂


☆公認システム監査人
☆システム監査技術者
☆ITCインストラクター
☆総務省電子政府推進委員
☆中小機構CIO育成チーフアドバイザー
・・・ 他

大学での講義や年間80件以上のセミナーを開催。
アイディア勝負のブルーオーシャン戦略支援を得意とする、中小企業の経営コンサル業を営み25年。
ネット活用の売上拡大支援では90%以上を売上3倍以上を、SEO対策は100%の成果を実現している。
創業支援から経営コンサルの育成・教育まで、「ありがとう」と言われるコンサルティングを身上とする。
※ 中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、各所の中小企業支援センター、みらさぽ等の専門家派遣可


来て頂いて感謝♪


お世話になります!


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビジネスにネットを活用することで、
大きな成果をあげる
というコンサルティングには、

・ Web関連知識だけでなく、
・ 経営戦略と事業戦略&展開と、
・ マーケティングの知識&実践、
・ 行動経済学(※1)的感情に目を向けたビジネスを
よくよく理解し、意識する必要があると思っています。

これまで
そうして、関わりを頂いた企業さまの売上が伸びてきたという、 自信と自負もございます。


ただ、
ネットを活用した環境は、日々変わっており、
新しいものが出て来、
それぞれに「コレが良い!」と主張し合い、


本当はどうなの??

と思うシーンに多々出会います。


そして、最近ずっと悩ましく思っているのが、
レスポンシブwebデザイン(※)の扱いです。
(※)横文字で申し訳ないのですが、
閲覧されている方が、スマホかタブレットかPCかを判断し、 その画面に合わせて自動的に変化してくれるwebサイトのデザイン
と言うと、ちょっと長いので、以降、このことを「レスポンシブwebデザイン」と呼ばせて頂きますね。



世間では、レスポンシブwebデザインについて、
webサイトの最適化と呼ぶ方も多くおられますし、
googleも推奨すると言っています。


ただ、レスポンシブwebデザインというものについて、ちゃんと考えてみますと、
◆1.製作側の手間を省く、
   更新運営担当の手間を省く、
   googleの検索順位決定プログラムの手間を省く
   視点では、きっぱり最適化と言えます。

が、

◆2.売るための視点では、
   顧客を一般化汎用化するもの
ですから、
   最適化とは言えません。



もう少し詳しくご説明いたしますと、

(1)PCでサイトを見ている方へも、
(2)スマホで見る方へも、
(3)タブレットで見る方へも、
同じ内容をレイアウトを変えて提供するのが、レスポンシブwebデザインですから、

(1)~(3)の全員が、同じようなネット環境と状況で、同じニーズと説明を欲している場合を除いて
個々のお客様へ注目して対応を工夫する「売るための最適化」とは、かけ離れたものと思うのです。


スマホやタブレットでは、
 ・ 避けたいのは、重い動画、長い商品説明や文章、
 ・ テキストリンクの改行並び、
 ・ 注意したいのは、リンクによる移動と、
           音声検索への対応
といった、物理的機能的制限に起因する特徴もございます。


それ以上に、私は、
webサイトの持ち主さんが、自社商品を販売したり、知って貰ったり、 それによって、最終顧客の方が楽だったり、喜んでくださることを第一として考えて頂き、 個のお客様や閲覧者(ペルソナ)を理解し、フィッティングさせたサイト企画をおすすめしている
ものですから、

「スマホだと、スマホ用にキーワード、考えようよ♪」という気持ちが満載です。
「お客様を個ではなく十把一絡げに見れば、お客様からも特別なご贔屓は頂けない」だろう懸念も拭えません。


そんな理由で、
個々のお客様にとっての「最適化」とは限らないものを「サイトの最適化」と一絡げに呼ぶことへの大きな抵抗感があるのです。



もちろん、これだけもてはやされるのですから、
レスポンシブwebデザインには、良いところも十分にございます

同じURLへアクセス数を集中させるというSEO的メリットはありますし、
サイトの製作業務や、サイト記事の変更業務が、ひとつですむので楽です。
検索エンジンのプログラムにとっても、評価作業がひとつですむため効率的であることも確かです。

また、安易に(下手に)
PCとスマホやタブレット向けのページを別に作りますと、
検索エンジンから「同じ内容の酷似したページが沢山ありますね~、情報が少ないサイトなのかな?!」と思われてしまう可能性もあります。


つまるところ、私的なこの便利なツールの採用基準は、
・ お客様の各シーンの姿が見えない場合
・ 個々のお客様への対応がわからない場合
・ そういうことへ時間をかけたくない場合
にとりあえず、汎用的なサイトを立ち上げてみよう!!!
なときではないか、という結論に大きく傾いている現状でございますが、


もう少し、検証を重ねてみようとも思っております。

だって、「考える」行為、脳みそ活動は、
原価の発生しない、最も効果を出す資源
なのですから!

(※1)行動経済学
「経済は感情で動いている」「予想どおりに不合理」「人は勘定より感情で決める」など、 いろんな方が出されている本の題名が、説明がわりになろうかと思います。








当ブログ記事に関し、
ご質問やお問合わせがございましたら、下記までお気軽にどうぞ!
 有限会社 インテリジェントパーク
 代表取締役 荒添 美穂
info@int-park.jp

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: レスポンシブwebデザイン

コメントを頂き、ありがとうございました。

内容を盛り込むのには、モバイルはなかなか大変ですね。
バナーが多すぎても、ちゃっと見て頂けない、
よそのサイトへ移動されると、戻って頂くのは難しい、
などの特徴もあります。

また、一番悩ましいのが、新しい機種がでるたびに、仕様が異なり、
システムやレイアウトの微妙な部分に差異があるために、
チェック対応もしきれないことです。

ただ、やはり、どうしても、
お客様の状況へのフィッティング、One to Oneマーケティングとしては、
別々に対応するのが、接客的には正しいという思いもございます。


日々、考察と検証の上、その時々で、またその商品次第で、最適ラインを見つけていきたいと考えております。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://intpark.blog116.fc2.com/tb.php/485-12f2b5fd

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。