経営戦略、IT戦略、Web戦略、人材育成、内部統制整備のご支援を生業としています

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

荒添美穂

Author:荒添美穂


☆公認システム監査人
☆システム監査技術者
☆ITCインストラクター
☆総務省電子政府推進委員
☆中小機構CIO育成チーフアドバイザー
・・・ 他

大学での講義や年間80件以上のセミナーを開催。
アイディア勝負のブルーオーシャン戦略支援を得意とする、中小企業の経営コンサル業を営み25年。
ネット活用の売上拡大支援では90%以上を売上3倍以上を、SEO対策は100%の成果を実現している。
創業支援から経営コンサルの育成・教育まで、「ありがとう」と言われるコンサルティングを身上とする。
※ 中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、各所の中小企業支援センター、みらさぽ等の専門家派遣可


来て頂いて感謝♪


お世話になります!


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は、知的資産経営の実践を後編として記載したいと思います。

前編となる知的資産経営のススメはこちら



自社の見えない(無形の)資産とは、
・人脈 ・経験 ・チームワークの良さ
・人柄 ・技術 ・ノウハウ、アイディア
・知的財産(特許やブランドなど)
などのことと指すことは、前編でもお伝えしましたが、

実践編では、
1.何のための知的資産経営
  ~何のために、どのように使うか
2.どのような作業をするか
  ~そのために何を行い、何を作るか
を考えたいと思います。



まずは、1.何のための知的資産経営かについてです。
バランスシートに表すことのできない見えない資産は、
他社が真似をしにくい強みでありますから、
社の「内」「外」に、きちんと発信することで、会社の信用向上の一翼を 担ってくれるでしょう。


社内で共有するメリットは、
「守るべき、活かすべきもの」と「変革すべきもの」の
◆ 後継者への伝達
◆ 全従業者への伝達
です。

ともすれば、解釈違いや理解不足を招きがちな経営理念を補強し、
組織のベクトル統一を果たしてくれるものとなるでしょう。

現状良くても、人的資産に頼った結果であれば、
組織的構造資産とできない限り、
崩壊が近いことを明確に認識できますので、
改善&補強を急ぐべき部分が、周知認識することができますし、

絶対に守るべき、見えない資産を認識することもできるでしょう。

事業、業務の全ての判断の軸となるものとして、知的資産を共有認識することが、 知的資産経営の大きな意義なのでございます。


社外へ発信するメリットは、
コラボ(協力や仕入取引、資金提供を期待する金融機関を含む)先や、
就職希望者、販売を期待する見込みを含む顧客へ向けて、
◆ 決算書には伝えきれない強みの伝達
◆ 思いを共有する相手の選定
などへの有効性です。

小手先の営業トークではない、
本質的繋がりを求めるのであれば、この取組みは、大きな効果をもたらすことでしょう。



次に、そのためには、
2.どのような作業をするかかについて考えてみましょう。
もちろん、通常どおりの
 内部環境、外部環境の強み弱みを整理(SWOT)
 想定する事業の強さを5Fなどで判定
 思いの強さや、市場の大きさ、ニーズの強さなどを鑑み
 事業展開計画を策定 といった取組みを行うことは必須です。

ただ、
これまで、その企業が生き残ってくることができた理由の中の
見えない資産(知的資産)の側面に視点をあて、

今後、それをどのように活かす&強化改善するかを付加してみましょう!!

 【人的資産
   特定の誰かがいなくなればなくなる価値
 【構造資産
   ブランド力や教育システムなど組織的価値
 【関係資産
   協力者、顧客や金融機関、地域的な特別なサポート
 【その他】
   優位性のある設備や特許などの価値

の視点を加えた、事業計画をつくるのです。


もっと詳しい作り方やマニュアルを見たい方、
具体的に指導を受けたい方、
このブログ記事では、よくわからんから、誰か説明に来い!
って方がおられましたら、

各地区にあります、中小企業基盤整備機構
もっと密着した地域にあります、中小企業支援のセンターや商工会議所
専門家の助言や派遣をサポートする、みらサポ(未来へのサポート)の仕組み
などをご利用頂きますと、
助成つきの専門家が飛んで参る事でございましょう。


ご興味がおありの方は、
お気軽にお問合わせくださいませね!




※ 知的資産経営については、各地方の支援センターや商工会議所でも支援が行われております

当ブログ記事に関し、
ご質問やお問合わせがございましたら、下記までお気軽にどうぞ!
 有限会社 インテリジェントパーク
 代表取締役 荒添 美穂 info@int-park.jp

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://intpark.blog116.fc2.com/tb.php/477-c22c462b

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。