経営戦略、IT戦略、Web戦略、人材育成、内部統制整備のご支援を生業としています

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

荒添美穂

Author:荒添美穂


☆公認システム監査人
☆システム監査技術者
☆ITCインストラクター
☆総務省電子政府推進委員
☆中小機構CIO育成チーフアドバイザー
・・・ 他

大学での講義や年間80件以上のセミナーを開催。
アイディア勝負のブルーオーシャン戦略支援を得意とする、中小企業の経営コンサル業を営み25年。
ネット活用の売上拡大支援では90%以上を売上3倍以上を、SEO対策は100%の成果を実現している。
創業支援から経営コンサルの育成・教育まで、「ありがとう」と言われるコンサルティングを身上とする。
※ 中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、各所の中小企業支援センター、みらさぽ等の専門家派遣可


来て頂いて感謝♪


お世話になります!


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仕事に対するモチベーション
~やる気の源泉を考察する~



中小企業の経営にまつわるご支援を業として、23年。

インテリジェントパークという会社を興して、21年半。


さまざまなお悩みや、目標へ向けてのご相談を頂いてまいりました。

まずは、
1.成したい姿、あるべき姿(悩み解決や目標達成後の姿)を認識し

次に、
2.現状とあるべき姿のギャップを洗い出し、
  なぜ、あるべき姿と成れていないかを明確化
3.2の問題点を解決するためにクリアすべき項目を課題として掲げ
4.「課題」を解決するための行動としての対策と実施を算段する


といった手順で進めるのがコンサル業の常ですが、
私の場合、このあとの対策実施支援では、
コンサルというよりは、コンシェルジュと呼んで頂いた方が、実態を表しているのではと思います。


さて、さて、
そろそろ、「この話し、テーマとどう繋がるの?」と思い始められた方もおられるのでは・・・


実は、どんなご支援にも、
また、少人数ではありますが、自らも社員を持つ会社運営の中でも、
常に、そして、必ず出てくる大きな課題が、
関わる従業者のやる気確保とモチベーションアップなのでございます。


ただ、
ワークライフバランスの重要性が叫ばれ、
就業規則や働く環境整備義務が強化され、
一生懸命に「働く」ことは、個の幸せを阻害するもののような印象を持たれる方が多いような気もいたします。


でも、
仕事は、辛い義務でしかないのか?
仕事の達成を幸せと感じることは稀なことか?
と考えると、それも違うと思うのです。


マズローは、人の欲求には、6段階があると定義づけました。
【欠乏欲求】(私利優先)
 A.生理的欲求(眠る、食べるなど)
 B.安全の欲求(予測可能な安定)
 C.所属と愛の欲求(孤独でない)
 D.承認(尊重)の欲求(認められる)
【存在欲求】(私利超越)
 E.自己実現の欲求
 F.自己超越の欲求

もともとは、5段階説として、A~Eを発表していたのですが、
晩年になり、即身成仏や、あえて戦地などに身を投じるボランティア的活動心理状況に対して、 基本の欲求を擲ち、昇華し、実現したい欲求として、Fの自己超越の欲求を発表したのでした。

そして、EやFの領域に達することができるひとは、ごく僅かであるとも言っています。

ひとは、
・ より良い将来が見通せることに対して、
・ 自己の成長と前進を感じられる行動を起こし、
・ そのことが、他者の為になったり感謝されることが嬉しい
「が」
・ たとえ他者には認められなくとも、自己の達成感にも高い幸福を感じる
「ただし」
・ 先の見通しがないことへ挑み、損得抜きで頑張る自分に至福を感じることもある
ということなのでしょう。


では、A~Dの私利優先域にあるひとは、EやFの領域を幸せと感じることはないのでしょうか?!

小さな達成感の積み重ねと、その先のレベルアップや大きな達成感という、DやEの欲求を満たすために、
お金や時間を費やす自己犠牲を負いながら、ゲームに興じるひとが多いのは、なぜでしょう?

誰に知られなくても、
数独ゲームのクリアレベル向上とクリア時間短縮ができたとき、
「やった!」と思う、私の心理は・・・・・・


つまり
達成感は、ある程度のストレス(課題)クリアから生まれ、
やる気は、頑張ればクリアできるという見通しから生まれ、
モチベーションは、その成功体験から生まれる

のではないか?と考えています。

マズローの神域(E・F)には至らない、私のような平凡な一般人でも
◆ 行動後の成果予測ができること
◆ 自分の行うべき行動が明確で、頑張ればやれそうであること
◆ 小さな達成感の積み重ねで、大きな達成感へ到達できること


さらに

◆ 自分の行動で、誰かが喜んでくれること
が実感できたとき、


やる気とモチベーションと使命感が湧き、
その行動が、個の幸福感を生み出す

リーダーや旗振り役は、関与するひとたちへ
そんな場を提供するために努力
しなければなあと思う、私でございました。






★ブログランキングに参加しています★よろしければ、クリックお願いします
arigato01.gif
FC2★→ f_01.gif
ブログ村★→ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログ★→ banner_02.gif

コメント

こんにちは。
ランキングからまいりました。

マズローの欲求のお話し、5段階まではきいたことが
ありましたが、Fは、とても興味深いです。

そんな人になりたいです。

役立つ情報をありがとうございました。

参考にさせていただきます。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://intpark.blog116.fc2.com/tb.php/472-d28a13ad

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。