経営戦略、IT戦略、Web戦略、人材育成、内部統制整備のご支援を生業としています

カレンダー

08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

荒添美穂

Author:荒添美穂


☆公認システム監査人
☆システム監査技術者
☆ITCインストラクター
☆総務省電子政府推進委員
☆中小機構CIO育成チーフアドバイザー
・・・ 他

大学での講義や年間80件以上のセミナーを開催。
アイディア勝負のブルーオーシャン戦略支援を得意とする、中小企業の経営コンサル業を営み25年。
ネット活用の売上拡大支援では90%以上を売上3倍以上を、SEO対策は100%の成果を実現している。
創業支援から経営コンサルの育成・教育まで、「ありがとう」と言われるコンサルティングを身上とする。
※ 中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、各所の中小企業支援センター、みらさぽ等の専門家派遣可


来て頂いて感謝♪


お世話になります!


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日、かねてよりの友人が訪ねて来て下さいました。

ずっと、中国における日系企業の労務管理と法務管理という、
“大変”なお仕事をされておられた方で、
私に貴重な情報や人脈、体験談などを齎してくださる方です。


この方がこの度、日本のある製造業さんからの求めで、
改革・革新・教育」を使命として、日本へ戻って来られました。


さて、
いつの世にも、どんな組織でも、改革につきものなのが、抵抗勢力ですね。


個人は変化を好まず、大衆は変化を求める

どなたかの名言ではなく、私が、勝手に言っているだけですが、
これは自然現象とも言えることなのでございます。
【プロスペクト理論】
 1万円得する機会を逃すショック < 1万円損するショック
ひとは、自分のお財布に1万円入って来る可能性を逃したときよりも、自分のお財布から1万円出て行ってしまったときの方が、ショックを感じるものという話は有名です。
あくまでも、現状を中心に、進歩よりも退行を嫌がるために、「なまじ改革をするより、今のままで良いじゃないか!」という判断になるのです。

これは、「反対のための反対」をする方と言って良いでしょう。

ただ、抵抗勢力の中には、「一貫したもっともな理由に基づく反対」をする方もおられます。

この場合は、改革の思わぬ知恵袋ともなりますので、宝として敬意を払い大切に、誠意をもって接することが肝要でしょう。

実際、理屈の通った反対は、
そこを理解できると、改革を推進する者にとって、それほど苦にはならないものです。


改革を推進する者の気持ちを苦しめるのは、前出の理屈の通らない「反対のための反対」をする方々と言えます。

「できない理由」や「しない方が良い理由」を一貫性なく並べたてますので、説明や話し合いや説得では、活路が見出せないからです。

この場合は、使命感を持って改革を推進するタイプの人間が、意外と苦手とする、

 1. ノミニケーションやタバコ場外交で、親交を深め、情に訴える
 2. 反対によって生じる損失を伝えて、脅す
 3. あなたの協力がないとやれませんと、頼る
 4. 相手が尊敬する、または弱い方を見つけて、
   そちらを通してアプローチする


など、正面切らない裏の手が有効なようです。


最も大切なのは、
 ◆ 反対勢力となる人を早い時期に見極めること
 ◆ 理由のある反対か、感情的な反対かを見極めること
 ◆ 相応の対策を早期に取ること
 ◆ 決して感情的にならないこと
かと思います。


かく言う私も、理屈通りにはいかず、
「とにかく反対」の方の悪意の挑発的な言動に感情が出たり、
うまく取り込めずに大反省のことも多く、
まだまだ修行の日々なのでございますが・・・


めげずに、日々是前進!で努力を忘れずに参ります!!!

(変化を求めるマス(大衆)心理については、またいつか書くこととして・・)





★ブログランキングに参加しています★よろしければ、クリックお願いします
arigato01.gif
FC2★→ f_01.gif
ブログ村★→ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログ★→ banner_02.gif

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://intpark.blog116.fc2.com/tb.php/460-b7ffc5b2

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。