経営戦略、IT戦略、Web戦略、人材育成、内部統制整備のご支援を生業としています

カレンダー

08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

荒添美穂

Author:荒添美穂


☆公認システム監査人
☆システム監査技術者
☆ITCインストラクター
☆総務省電子政府推進委員
☆中小機構CIO育成チーフアドバイザー
・・・ 他

大学での講義や年間80件以上のセミナーを開催。
アイディア勝負のブルーオーシャン戦略支援を得意とする、中小企業の経営コンサル業を営み25年。
ネット活用の売上拡大支援では90%以上を売上3倍以上を、SEO対策は100%の成果を実現している。
創業支援から経営コンサルの育成・教育まで、「ありがとう」と言われるコンサルティングを身上とする。
※ 中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、各所の中小企業支援センター、みらさぽ等の専門家派遣可


来て頂いて感謝♪


お世話になります!


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビジネス展開の普遍と変化のバランス
1.「普遍の掟」流されずに守り抜くこと
2.「変化の掟」市場の変化に乗り遅れるな



ビジネス・事業を考えるとき、大切なのにブレやすいのが、 ◆ まわりや変化に流されず、守り抜くこと

◆ 変化を見極め、柔軟に対応すること
のバランスであるように思います。

私は、セミナー時やご支援先に、
「無策、無思考で昨日と同じ今日、明日を3年間続けると、事業は弱体化する」
と、よく申し上げます。


市場や社会が変化しているのに、
・ 同じ商品を
・ 同じターゲットへ向けて
・ 同じ売り方を続ける
のは、決して良くないということは、おわかり頂けると思います。


ですが、まわりの変化に翻弄され、目先の対策が自らの「強み」を捨てしまう 残念な展開となっている会社さんも多くあることも現実です。


久々のブログは、連休最終日に少し時間がとれたこともあり、
1.「普遍の掟」流されずに守り抜くこと
2.「変化の掟」市場の変化に乗り遅れるな
の2編を書いてみることと致しました。

1.「普遍の掟」流されずに守り抜くこと

冒頭より、結論を申しあげますと、
何がどうでも細部にまでこだわり、守り抜くべきものは、「強みです。

特徴、選ばれる理由と言い換えても良いでしょう。


このことを考えるに最も適切な事例は、Apple社の創始者で、前CEOジョブス氏の在り方だと思います。

ジョブス氏は、下記のような経歴の中、
自らの強み〝デザイン・芸術"〝感性に訴える"を軸に、 徹底的に強みに拘り、

iTunesiPodiPhoneと、世界を変える商品で、その名をはせました。
ジョブス氏は、Apple社を創設、直感的操作が可能なパソコン・Macを世に送り出します。

1982年にマイクロソフトWindowsが発表されて以降の台頭と、1984年後半のMac需要予測の失敗で経営悪化したアップル社から、 ジョブス氏は更迭されるのですが、同時にアップル社は自社の強みも見失ってしまいました。

その後、ジョブス氏は、Next社やピクサーでグラフィック系強みを活かしディズニーの役員就任を経て、
2000年、Apple社CEOに就任。
2001年には、Mac OS X発表、iTunesiPodによる音楽事業参入。
2007年、iPhone発表。
本年、病気のため引退。



考えるべきは、iPhone開発の経緯において話題となった「アイコン急患」のいきさつ(←クリックで閲覧可)です。
iPhoneでGoogleのロゴを見ているのだけど、アイコンが気に食わない。 Googleのロゴの二つ目のOの黄色のグラデーションがおかしいんだ。 とにかく間違っていて、明日グレッグに修正させようと思うのだけど、それでいいかな?」

アイコンひとつに・・・という思いもおありでしょうが、
特徴、選ばれる理由にかかわる部分には、細部まで譲歩しない ということであろうと思います。


この話を私に教えて下さった方は、
「コーポレートメッセージ 水と生きるSUNTORY」についても、下記のようなメールを下さいました。
コーポレートメッセージ 水と生きるSUNTORY
何ごとにも、失敗を恐れず、妥協せず、「やってみなはれ」
サントリーは、これからも「水と生きる」企業とのしての価値を追求していきます。

サントリーは、このバランスが良いんだろうね。
Apple より上だと思う。

サントリーの水、 Appleのグラフィックスとディサイン。

Apple は「サントリーの水と生きる」までは 出来てないんだろうけど
でもまあ、どちらも、「小さく見えて、肝だったりすること。」 に拘ってるから、ここまでになってるんやろね。



深いですね。

一時の浮き沈みに翻弄されがちな経営ですが、小さく見えて、肝だったりする、選ばれる理由 の軸を見失ってはいけないってことでしょう。





★ブログランキングに参加しています★よろしければ、クリックお願いします
arigato01.gif
FC2★→ f_01.gif
ブログ村★→ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログ★→ banner_02.gif

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://intpark.blog116.fc2.com/tb.php/457-6f414e5b

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。