経営戦略、IT戦略、Web戦略、人材育成、内部統制整備のご支援を生業としています

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

荒添美穂

Author:荒添美穂


☆公認システム監査人
☆システム監査技術者
☆ITCインストラクター
☆総務省電子政府推進委員
☆中小機構CIO育成チーフアドバイザー
・・・ 他

大学での講義や年間80件以上のセミナーを開催。
アイディア勝負のブルーオーシャン戦略支援を得意とする、中小企業の経営コンサル業を営み25年。
ネット活用の売上拡大支援では90%以上を売上3倍以上を、SEO対策は100%の成果を実現している。
創業支援から経営コンサルの育成・教育まで、「ありがとう」と言われるコンサルティングを身上とする。
※ 中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、各所の中小企業支援センター、みらさぽ等の専門家派遣可


来て頂いて感謝♪


お世話になります!


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

儲かる会社にすぐ変わる! 社長の時間の使い方

同名タイトルの吉澤大氏の著書からの記事です。


社長ならば、つい“グラッとくる”タイトルの著書
儲かる会社にすぐ変わる! 社長の時間の使い方(吉澤大氏著)という本と出合いました。


会社と社員と社員の家族を背負う社長には、大きな責任があります。
ですから、社長陣は、精一杯の努力を以て、 資産の保全(稼ぐこと、儲かること、損しないこと)に勤めておられるでしょう。

もちろん、企業の社会的責任等に励むことも必要ですが、
これだって、会社を潰してしまうほどに費やす必要はなく、末永く皆様に愛される会社を目指すからこその努力です。


この本は、社長に、「お金になる生産的な時間」と「時間の価値」について、意識を促しています。


社長の時給の低さについては、私もドキッと胸を抑えつつ苦笑してしまいました。
確かに、
社員の労働時間は、残業費というコストと収益を対比して考えますが、 私自身は、24時間年中無休状態ですから、 時給計算すると、かなり低かったりするのでございます。


本にあるように、
「ちょっといいですか?」というひとことで、ランダムに発生する計画の狂いは並大抵の量ではなく、 私の生産的時間は、かなり少ないというわけです。


さて、ここでは、社長の生産的時間増やすために、
◆ 会議に時間をとられすぎないこと
◆ 重要性と優先順位のわからない人との関りを改善すること
◆ 「困った&助けて」相談への対応の仕方
などが重要と述べておられます。



また、生産的活動を邪魔されないために、
1.行方不明になる
2.電話に出ない
3.多忙をアピールする
4.時間を区切って人と会う
などを推奨されており、

1や2によって起きる不都合への対応として、FAXやメールでのやり取りを提案されています。

確かに、FAXやメールでしたら、送ってくる方も要点を整理してくださるでしょうし、 こちら側での取捨選択と時間のコントロールが可能となります。


ただ、私の経験的注意点としては、後回しにしたものを忙しさの中で、忘れ去ってしまう危険があるので、 忘れない仕掛けもしておく必要があります。


私の場合は、秘書的業務をしているスタッフに、メール転送してしまうという防御策を取っていますが、 時折、「前にお送りしたメールは見て頂けましたでしょうか?」という催促を頂くこともあり、 時間管理のまずさに、大反省したり・・・・

スタッフが、時間や規則を守らないと嘆く前に、自分を省みろ!という言葉に、耳の痛い思いをされる社長陣も多いのでは?!

私を含む、そんな社長陣へは、
● 何がおころうと計画通りにやれる力を養い
● まずは、自己鍛錬をし、自らを律する
ことをやれと叱咤を頂き、


そのための10の時間管理テクニックとして、
その1:電話を手なずける
その2:会議は最小限に抑える
その3:徹底して時間を守る
その4:リストを作り、活用する
その5:あらゆるものを自分の目標に繋ぐ
その6:備忘録で記憶を呼び覚ます
その7:時間を塞ぐ
その8:予定外の活動を最小限に抑える
その9:半端な時間を活用する
その10:混雑のピークをさけて生活する
が提案されています。


一生懸命働くな!賢く働け!
とは、意味合いスタッフにも正しく伝えられれば、
 生産性の向上だけでなく、
 能力向上や
 ワークライフバランス
といった点でも有効で、魅力のある会社にできそうですよね。


最後に、本からの抜粋ではありますが、
特に“デキル”中小企業の“創業(再生を含む)”社長たちへ、最大の課題をおくります。

起業家の成功を妨げているのは、日常業務である



「人に任せなければ成長できない」から、自分をクビにしてみよう!!!

わかっちゃいるけど、なかなかできない・・・深E~話題と反省満載の本でした。


★ブログランキングに参加しています★よろしければ、クリックお願いします
arigato01.gif
FC2★→ f_01.gif
ブログ村★→ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログ★→ banner_02.gif

コメント

うんうん。深~い(>_<)

お久しぶりです。

ご無沙汰しておりました。
記事は今までも読ませていただいておりました。
私の会社も例外なく不況の波にもまれて日々奮闘しておりなかなか時間をうまく使えておりませんでした。
今後も楽しみに読ませていただきます。

本年もよろしくお願いいたします。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://intpark.blog116.fc2.com/tb.php/446-03af0aa7

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。