経営戦略、IT戦略、Web戦略、人材育成、内部統制整備のご支援を生業としています

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

荒添美穂

Author:荒添美穂


☆公認システム監査人
☆システム監査技術者
☆ITCインストラクター
☆総務省電子政府推進委員
☆中小機構CIO育成チーフアドバイザー
・・・ 他

大学での講義や年間80件以上のセミナーを開催。
アイディア勝負のブルーオーシャン戦略支援を得意とする、中小企業の経営コンサル業を営み25年。
ネット活用の売上拡大支援では90%以上を売上3倍以上を、SEO対策は100%の成果を実現している。
創業支援から経営コンサルの育成・教育まで、「ありがとう」と言われるコンサルティングを身上とする。
※ 中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、各所の中小企業支援センター、みらさぽ等の専門家派遣可


来て頂いて感謝♪


お世話になります!


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創業起業の心得

現在、実施中の創業塾in下関(全10回)の内容を抜粋してご紹介いたします。


不景気だ、不況だ、雇用だと、耳にタコ的話題で、皆さまかなり、うんざりされておられるのではないでしょうか?

先の記事にも書きましたが、
世界的、全国的購買意欲の減少で、経営悪化を免れないのは、
● 世界的、全国的市場の高いシェアが必要
● 顧客層、使い方、価値などの変化がない商品
くらいです。


総販売可能数の少ない、規模が小さな商売ほど、隙間を勝ち抜けることが勝負どころ ですから、

不況の長引く今こそ、創業起業のチャンス!ということで、
現在、下関で、創業塾(全10回)を開催しております。


今回お集まりの22名さんは、みなさんビジネスアイデアをお持ちでしたから、 まずは、そのビジネスの価値を客観的に評価し、ブルーオーシャン的アイディアを付加することをお考え頂きました。
そのために、
1.ブルーオーシャン戦略の理解
成功事例とアイディアの出し方、サービスを分解して再構築することを演習しました。

2.事業ドメインの整理
現在想定するサービスや商品を『誰に』『何を』『どう売るか』整理をし、
・売り先を変えてみる→『何を』『どう売るか』を連動して変える
・商品サービスにちょっとしたアイディア付加→連動変化を考察
・いろんな売り方を考える→連動変化を推測
することで、想定する事業ドメインを一旦増やします。

3.事業価値の再考
2.で増やした事業ドメイン事業価値を分析します。このとき、顧客(誰に)にとっての価値と、 事業者(自分)にとっての価値を分けて考えるのがポイントです。

4.事業の強さの分析
2.で増やした事業を5F(5つのフォース=力)分析によって、事業の強さを算定します。
・顧客との力関係:選び放題か、ここにしかないか
・同業との力関係:勝てるか、のるか
・仕入先との力関係:取引交渉できるか
・代替品との力関係:商品・サービスの寿命はどのくらいか
・新規参入の容易さ:うまく行った時、競争が増え易いか
といった考察を重ねて頂きました。


次のステップは、ビジネスアイディアをビジネスプランとすることです。そのために、
5.成功のストーリー創作
目的と目標の違い、課題と問題の違いをご理解頂き、現状から目標を達成するストーリーを つくります。このとき、中間目標を明確にして、達成のための重要成功要因を洗い出します。

6.展開計画1策定
5.の重要成功要因を中心に、『財務』『顧客』『業務』『人材・組織』の各視点で やるべきこと、その結果などを繋ぎ、成功のストーリーを具体化します。
7.展開計画2策定
6.のストーリーに時間的な側面と優先順位などを考慮し、業務展開計画とします。
8.キャッシュフロー計画と資源確保計画
7.の業務展開計画に必要な『ひと』『もの』『金』を明確にし、時期的なものも考慮しつつ、 展開計画の実現性を確認します。
の計画策定フェーズを経て、事業計画書を作る予定です。


創業の場合、融資を受けるにしろ、仕入・取引開始にしろ、
どう信用を確保するか
・・・が、大問題です。

ですから、この創業塾では、事業化の算段に加えて、
受講者の方には、入れ替わりに以下4つの役目をして頂いております。
◆ 自プラン発表 : プレゼン・説得
◆ 仕入先取引先 : 掛け取引の可否決定
◆ 顧客     : 購入の可否決定
◆ 銀行等支援者 : 出資や融資の可否決定
この演習は、客観性を養うこと、異なる視点を理解すること、プレゼンや営業力をつけることが、目的です。


さて、次の発表者は、
どのくらいの関与者(取引先、顧客、出資者)から、支持を受けられるでしょうか。

と、いつもワクワクドキドキな講習会なのでした。


★ブログランキングに参加しています★よろしければ、クリックお願いします
arigato01.gif
FC2★→ f_01.gif
ブログ村★→ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログ★→ banner_02.gif

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://intpark.blog116.fc2.com/tb.php/443-a9b03ef0

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。