経営戦略、IT戦略、Web戦略、人材育成、内部統制整備のご支援を生業としています

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

荒添美穂

Author:荒添美穂


☆公認システム監査人
☆システム監査技術者
☆ITCインストラクター
☆総務省電子政府推進委員
☆中小機構CIO育成チーフアドバイザー
・・・ 他

大学での講義や年間80件以上のセミナーを開催。
アイディア勝負のブルーオーシャン戦略支援を得意とする、中小企業の経営コンサル業を営み25年。
ネット活用の売上拡大支援では90%以上を売上3倍以上を、SEO対策は100%の成果を実現している。
創業支援から経営コンサルの育成・教育まで、「ありがとう」と言われるコンサルティングを身上とする。
※ 中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、各所の中小企業支援センター、みらさぽ等の専門家派遣可


来て頂いて感謝♪


お世話になります!


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポジティブシンキング
前向きな言葉
笑顔

が、
モチベーションのアップにも繋がり、
良い公私のご縁を頂け、
運気をあげる。

よく耳にすることで、
私自身も実践していることでもあります。


でも、
たとえば、
経営上、あるいは、売上目標を含む業務上の目標を達成できなかったとき・・・

こんな時節(ご時世)だから
そんな業種だから
行政が悪いから
云々
の言い訳や、
精一杯がんばっていますから
引き続き頑張りますから
この給料ですから
云々
のような現状受入れの言葉は、
ついつい出てきがちなものでありますね。


世界不況なんてことになったとき、
世界シェア1位の企業さんは、本当にどうしようもない打撃を受けるのは必至でしょうが、

大きなところが縮小するところを取れれば、
中小企業にとっては、逆にチャンス

と言い続けてきました。


市場が縮小して、大きなシェアを誇っていたところが、撤退すると、
あぶれたニーズでも、自社供給能力に比して充分な大きさとなるところは、元気を増す ということです。



斜陽産業で日本1位を目指す
と言い切り、実践される社長さんと出会ったとき、本当に嬉しく思いました。


うまく行かないことを
自分の力ではどうしようもない、外部環境だけのせいにするということは、 うまく行かない状況を変える気はありません!と、 宣言しているのと同じとです。


◆中小零細は、大企業のそのままを見習わないこと
◆狭間やブルーオーシャンを生み出すこと
◆ピンチに隠れたチャンスを見つけること

中小零細企業は、そんな
アイディア勝負のブルーオーシャン戦略で、
勝負のない市場を作っていきましょう!!!!

※ブルーオーシャンとは、(wikiによると)
競争の激しい既存市場を「レッドオーシャン(赤い海、血で血を洗う競争の激しい領域)」とし、 競争のない未開拓市場である「ブルーオーシャン(青い海、競合相手のいない領域)」を 切り開くべきだと説く。

そのためには、
顧客にとってあまり重要ではない機能を「減らす」「取り除く」ことによって、
企業と顧客の両方に対する価値を向上させる「バリューイノベーション」が必要だとしている。
そのための具体的な分析ツールとして、
「戦略キャンバス」などを提示している。

従来からよく知られているマイケル・ポーターの競争戦略が 「事業が成功するためには低価格戦略か差別化(高付加価値)戦略のいずれかを選択する必要がある」 としているのに対し、ブルーオーシャン戦略では 低コストと顧客にとっての高付加価値は両立し得ると主張している。



そんなきれいごと
と思われる方もおられるかもしれません。


でも
他の同業者と同じ商品価値を提供したら、
選ばれる理由は、価格比較か企業信用かのどちらかです。


同じ商品で、同じ商品の価値でも
商品以外の利選ばれる理由を獲得することはできます。
みんなが知っている信頼の企業というブランド以外にも、商品以外の利を獲得することはできます。


たとえば、
メーカーがあって、それを販売する企業でも、
提供する姿勢や
選びやすさ
購入後のサポート
提供者の信頼
新しい使い方の提供
その他の関連知識の提供
もっともっとの利便さ
などなど
選ばれる理由を作りだすことはできるはずです。


ここで買うと、楽しい
ここで買うと、安心
ここと関わると、自分らしさを実感



思っていても、案外に、
顧客目線は、売る目線とは違うことを理解することは難しいことです。


お客様が欲しいのは、
あなたの商品サービスを購入した時の、そして、その後の、ワクワク感や安心感!!!


より良い明日を実感できるとき、
お客様の満足と笑顔とともに、売上があがるというWinWinビジネスができると信じて・・・


あと1か月半で、25周年を迎える弊社の今後のために、
そんな支援が、もっともっと実現できるよう、
身の引き締まる思いでおります。







当ブログ記事に関し、
ご質問やお問合わせがございましたら、下記までお気軽にどうぞ!
 有限会社 インテリジェントパーク
 代表取締役 荒添 美穂
info@int-park.jp

コメント

その通りだと思います。環境のせい、外的要因の事ばかりを理由にしていると、自ずと足下を見失います。
やれ中国だの、インドだとか新興国の市場にばかり目を奪われていると肝心の国内市場が見えてこなくなります。仰っている様にLexusのHS250hは、バックオーダー4ヶ月待ちです。


寒いですね^^
温かくお過ごしくださいませ

話題違いですが
いま日本は 日本の政治を外国人が
掌握することが可能な法案を通そうとしていますね
東京神社庁でも署名を集める事態です

知らないうちに
外国人が
日本人の生命や財産 国益を管理してしまう可能性のある危険なものです

可決したら日本紙幣は紙くずになってしまうという声も聞こえます

外国人参政権の正しい理解の確認も兼ねて
『外国人参政権を反対する会』のをホームページをご覧になってくださることを願います

また
『ミコスマ』(ホームページ名です)、『日本自治区 地図』や『ある在日三世の告白』、『在日犯罪者リスト』、という言葉をインターネットで検索してくださると日本が見えてまいります
どうぞ日本を理解するきっかけになりますように

こちらのコメントをメールやブログ欄などで、あなた様の周りの方に広めてくださると大変助かります

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://intpark.blog116.fc2.com/tb.php/398-98aa12b5

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。