経営戦略、IT戦略、Web戦略、人材育成、内部統制整備のご支援を生業としています

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

荒添美穂

Author:荒添美穂


☆公認システム監査人
☆システム監査技術者
☆ITCインストラクター
☆総務省電子政府推進委員
☆中小機構CIO育成チーフアドバイザー
・・・ 他

大学での講義や年間80件以上のセミナーを開催。
アイディア勝負のブルーオーシャン戦略支援を得意とする、中小企業の経営コンサル業を営み25年。
ネット活用の売上拡大支援では90%以上を売上3倍以上を、SEO対策は100%の成果を実現している。
創業支援から経営コンサルの育成・教育まで、「ありがとう」と言われるコンサルティングを身上とする。
※ 中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、各所の中小企業支援センター、みらさぽ等の専門家派遣可


来て頂いて感謝♪


お世話になります!


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の続きです
システム監査人協会西日本合同研究会のご報告



ただいま、大阪より帰福いたしました。

miZoさんからの、激励のコメント見て、
これはアップしとかなくては!!と、行動の機会を頂き、感謝感謝でございます。


14日15日は、大阪で、
システム監査人協会西日本合同研究会が開催されました。
14日 WTCビル見学会 & 懇親会
15日 合同研究会
◆基調講演
コンプライアンス問題とシステム監査』
大阪成蹊大学 松田貴典教授
◆研究発表1
『企業コンプライアンスと内部告発』
中部支部 関口幸一氏
◆研究発表2
コンプライアンスの形骸化に対するシステム監査のあり方』
九州支部 荒添美穂
◆フリーディスカッション
wtcb.jpg

WTCビルについては、先日もご紹介いたしましたが、ここの眺めは素晴らしくて、上層階のトイレは是非使って見てください!!!
wtca.jpg 会議室もご覧の展望で、参加者はすっかり魅了されてしまいました。


その上、普段なら見ることのできない、裏の管理システムも見せて頂き、こちらはさらに興味深いのですが・・・
ご報告(公開)は控えるようにとのご依頼でしたので、残念ながらご紹介はできません。




さて、本題の大会の内容ですが・・・


昨今の社会の求めに応じた、コンプライアンス(企業が信頼を確保するために遵守すべき、いろいろなルール)に対して、専門家のアツイ議論が交わされ、なかなか面白い経験でございました。

私が発表させて頂いた内容は、下記。
1.日本の風土 vs. ルール
2.コンプライアンスとは
3.コンプライアンスが形骸化するとき
4.システム監査の位置づけ
5.コンプライアンスの形骸化に対するシステム監査

内部統制などに親しんでおられない方向けに、序章のみをまとめますと

日本って、憲法をはじめ重要法令は、ほぼ海外からの導入なんですよね。
だから、ルールが実態にそぐわない状態に慣れているのが私たちです。


ですから、ルールや目標・計画は、目安か理想となっていて、
理想と現実は違うよね的オトナ発想が、根付いているわけです。


ペーパードライバーを除く、車の免許を持つ方!!
理想を求められる教習所では、50キロ制限では50キロ以下走行なのに、一旦現実の公道に出ますと、 捕まらない程度の60キロ、大丈夫そうなら80キロなんて思いが、常識化していたりしませんか?


ISOのサーベランスや監査を受けるシチュエーションをご経験の方!!
捕まらない程度の60キロ、大丈夫そうなら80キロなんて思いが、常識化していたりしませんか?


ルールが理想で、理想と現実は異なるという、ルールと現実に格差のある日本では、
大筋ではルールを守りつつ
状況で、ちょいちょいルール違反をしつつ

でなければ、やっていけません。

取り締まる方も、守られないルールであることを知りつつ、
ちょいちょいには、目をつぶり、
時折は、ルールがあるぞということを思い出させるために取り締まりを実施するという状況もあるかもしれません。


そういう風土の中では、コンプライアンスを定着させるためにどうすべきかは、理想として論じつつ、現実には『そう、細かいことに目くじらをたてなくても』的なオトナの論理が常識化しがちなんですね。


ですから、
◆ ルールは全て、組織の経営戦略や目的と合致させること
◆ 守りやすいルールであること
◆ ルールは重要点を抑えた具体策であること
◆ 暗記できないほどの詳細なルールにしないこと
  (※個別に絵で表したルールが良いように思います)
◆ 監査を実施した事実確保のためだけに考えないこと
◆ 監査は、企業の利となることを認識頂かないと、定着しないこと
といったことをお話させていただきました。


ルールを守るということは、なかなかに難しいものなのでございます。


★ブログランキングに参加しています★よろしければ、クリックお願いします
arigato01.gif
FC2★→ f_01.gif
ブログ村★→ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログ★→ banner_02.gif
人気ホームページランキングへ

コメント

あ~!

関西にいらっしゃってたなんて!
お会いしたかった。。。ブログ拝見するのが遅かった!
でも、いつか、、の楽しみをまだもてるって事で(^^)V

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://intpark.blog116.fc2.com/tb.php/379-931527df

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。