経営戦略、IT戦略、Web戦略、人材育成、内部統制整備のご支援を生業としています

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

荒添美穂

Author:荒添美穂


☆公認システム監査人
☆システム監査技術者
☆ITCインストラクター
☆総務省電子政府推進委員
☆中小機構CIO育成チーフアドバイザー
・・・ 他

大学での講義や年間80件以上のセミナーを開催。
アイディア勝負のブルーオーシャン戦略支援を得意とする、中小企業の経営コンサル業を営み25年。
ネット活用の売上拡大支援では90%以上を売上3倍以上を、SEO対策は100%の成果を実現している。
創業支援から経営コンサルの育成・教育まで、「ありがとう」と言われるコンサルティングを身上とする。
※ 中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、各所の中小企業支援センター、みらさぽ等の専門家派遣可


来て頂いて感謝♪


お世話になります!


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

儲かるために

火曜記事:経営に役立つ情報


という漢字の由来は、信者であるというのは、広く知られるところです。

儲かる”ビジネスとは、
お客様に信じていただけてこそ、
従業員との信頼関係があってこそ

ということでしょう。


商品やお店、会社に、信者が増えると、自然“儲かる”という図式は、昨今の“みんなが嬉しい WinWinビジネスが言われるず~っと以前から、漢字ができた太古の昔からの真実なのかもしれません。


厳密に言うと、という漢字は、「人(にんべん)」と「諸」に分かれます。

「諸」の音って「チョ」ですが、「たくわえる」を意味する漢字「貯」(チョ)に通じているとのこと。


では、「儲君」(ちょくん、もうけのきみ)って、何のことだと思われますか?

実は、儲君とは、商売には関係なく、立太子礼を経ていない皇位継承者(事実上の皇太子)のことなのだそうです。

つまり、本来の意味は「跡継ぎ、で繋ぐ」ということで、
国語辞典によると「儲ける」には
1.(思いがけず)利益を得る。とくをする。
2.子供を得る。
3.人とを結ぶ。身にもつ。
4.手に入れる。自分のものとする。
などの意味があると記載されています。


信者をつくり、儲かるビジネスを展開するには、
『このご感謝します』
『この商品(会社・担当者)に出会えてよかった』

というシーンと


これを繋ぐ、芋づる式ご紹介などで繋がるごが、ミソになりそうです。


でも、信頼や感謝の背景にある『価値』は、黙っていても伝わることもございますが、原則として、きちんとお伝えすることも、忘れてはなりません。


人と者の間に言を配して「儲」という漢字になっているのには、自分(人)と他者(者)を、信頼で繋ぐには、コミュニケーション(言)が必要ですよ・・・なんてことなのかもしれませんね♪


良いものは、黙っていても伝わると、たかを括らず、価値はどんどん、お伝えして参りましょう!!!!


★ブログランキングに参加しています★よろしければ、クリックお願いします
arigato01.gif
FC2★→ f_01.gif
ブログ村★→ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログ★→ banner_02.gif
人気ホームページランキングへ

コメント

ほー  ( ..)φメモメモ

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://intpark.blog116.fc2.com/tb.php/355-fd669cd6

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。