経営戦略、IT戦略、Web戦略、人材育成、内部統制整備のご支援を生業としています

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

荒添美穂

Author:荒添美穂


☆公認システム監査人
☆システム監査技術者
☆ITCインストラクター
☆総務省電子政府推進委員
☆中小機構CIO育成チーフアドバイザー
・・・ 他

大学での講義や年間80件以上のセミナーを開催。
アイディア勝負のブルーオーシャン戦略支援を得意とする、中小企業の経営コンサル業を営み25年。
ネット活用の売上拡大支援では90%以上を売上3倍以上を、SEO対策は100%の成果を実現している。
創業支援から経営コンサルの育成・教育まで、「ありがとう」と言われるコンサルティングを身上とする。
※ 中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、各所の中小企業支援センター、みらさぽ等の専門家派遣可


来て頂いて感謝♪


お世話になります!


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【第3回】検索エンジンの理解と対応(2)



前回の記事で、検索エンジンに好まれるサイトとはどんなものか、検索エンジンと仲良くするためのツールなどのお話をしました。

今回は、もう少し具体的に、YahooGoogleの違いや、検索結果から自サイトを選んでクリック(訪問)して貰うための工夫について書きたいと思います。

1.検索エンジンごとの対応
一言で、SEO(検索エンジン最適化=検索結果の上位にのる)対策と言いますが、検索エンジンそれぞれに特質があります。YahooGoogleは、ブラウザ(※Webサイトを見るソフト)のツールバーに検索窓が付くようになって、用途によって使い分ける人も増えてきました。
Yahooは、お買い物や生活に根ざした情報の検索に
Googleは、広い知識が欲しいときや専門的な情報の検索に


検索エンジンそれぞれのポリシーによる違いを使う人も感じているのでしょう。

ただし、双方とも、順位付けのルール(アルゴリズム)の変更や、順位下落処置(フィルタ)などにかかって、突然、順位変動が起こることもあるので、日々注意してチェックしていかなければいけません。

1.1 Yahooについて
『あなたの生活をより豊かにする“ライフ・ エンジン”を目指す』というポリシーのもと、ショッピングやコミュニティに関するサイトで、しかも有償でのYahooのカテゴリ登録やYahooショッピングに出店といったことを優遇します。

同じページを複数持ったり、キーワードと異なるページ内情報などを見つけると、順位が落ちることがあるようです。

Yahooのサイトエクスプローラーで、自サイトの情報を直接 Yahooにフィード(お知らせ)したり、自サイトのどのページが、いつ、どんな風にインデックス(認知)を受けているかを知ることもできますので、ご活用ください。


1.2 Googleについて
最新情報をいち早く、たくさんの情報を提供するというポリシーのもと、マメに更新されるサイトが優遇されます。被リンク数やリンクの質、アクセス数で人気を評価しています。

Google の提供するウェブマスターツールで、自サイトの情報を直接Googleにフィード(お知らせ)、どんなインデックス(認知)を受けているかもチェックをしておきましょう。
サイトエクスプローラーウェブマスターツールは、登録さえしてしまえば、Webサイトで閲覧するだけですから、是非、経営者自身でチェックしてください。


さて!
では、それではとりあえず、各検索エンジンでは、期待するキーワードで上位表示されたとしましょう。
まだまだ、嬉しがってばかりはいられません!その後、自サイトに来てもらうには、もうひとつ関門があるのです。


2.検索結果からサイト訪問まで
それの関門とは、『検索結果にどのように表示されるか』ということです。

例え、1番に表示されても、そのタイトルやサイト内容の説明文が魅力的でないと、検索した人は、あなたのサイトを選びません。検索者が、どんなことを求めているかを理解して、ぴったりの文章が表示されるようにします。SEO対策と称して、タイトルにキーワードを羅列している方も見かけますが、それでは、実際のアクセス数は増えないのです。

どんなタイトル・文章が良いかの判断基準として、“ペルソナ”はここでも大活躍です。(※ペルソナについての記事はこちら

既にサイトをお持ちの方は、タイトルの下に表示されるサイト説明文がどのようになっているかを確かめてください。

検索エンジンで上位表示されないので、どんな文章が出てくるか、わからないという方は、4.順位の変化観察(次週記事)の項で確認手段を説明いたしますので、少々お待ちくださいませ♪

タイトル下のサイト説明文は、メタタグのディスクリプションというところで指定した文章が出るものと、サイトページ中のキーワード近辺の文章がでるものとがあります。

Yahooのカテゴリに登録している場合は、Yahoo!カテゴリに掲載されているタイトルと説明文が出るので、この文章が魅力的でない場合は、引用しない指定をしておいて下さいね!(NOYDIR タグ)



このとき、メタタグのディスクリプションとサイトの頭の一行で、キーワードをちりばめた魅力的な文章を入れておかれることをお勧めしています。


Webがわからないから任せきり・・という経営者さんは、ページを保守している方に、『サイト説明文は、○○○と出るようにして』というお願いをされてはいかがでしょうか。

Webサイトでも、チラシのデザインや印刷と同じく、チラシ作成自体は自分でできなくても、その内容については指示をする・・・のと同じに考えて頂けると、前向きになれるのでは・・・・

長くなりましたので、続きは次回に





★ブログランキングに参加しています★よろしければ、クリックお願いします
arigato01.gif
FC2★→f_01.gif
ブログ村★→にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログ★→banner_02.gif
人気ホームページランキングへ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://intpark.blog116.fc2.com/tb.php/317-3a7a1f68

-

管理人の承認後に表示されます

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。