経営戦略、IT戦略、Web戦略、人材育成、内部統制整備のご支援を生業としています

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

荒添美穂

Author:荒添美穂


☆公認システム監査人
☆システム監査技術者
☆ITCインストラクター
☆総務省電子政府推進委員
☆中小機構CIO育成チーフアドバイザー
・・・ 他

大学での講義や年間80件以上のセミナーを開催。
アイディア勝負のブルーオーシャン戦略支援を得意とする、中小企業の経営コンサル業を営み25年。
ネット活用の売上拡大支援では90%以上を売上3倍以上を、SEO対策は100%の成果を実現している。
創業支援から経営コンサルの育成・教育まで、「ありがとう」と言われるコンサルティングを身上とする。
※ 中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、各所の中小企業支援センター、みらさぽ等の専門家派遣可


来て頂いて感謝♪


お世話になります!


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


顧客志向顧客視点)になっていますか?



私は、経営のコンサルで、Web専門のコンサルではないのですが、SEO対策などは、性分にあっているらしく、まあまあ、かなりの確率で売上を伸ばすご支援先がおられるために、『Webサイトやネットショップを開設したけれど、ちっとも“ひと”が来ない&売れない』というご相談・・・本当に多いです。

そういうご相談者に『どういうひとを呼びたいのですか?』とお聞きすると、ほとんどの方が『うちの商品は、みんなに使っていただけます。ですから“みんな”でお願いします』とおっしゃいます。

お気持ちはわかりますが・・・現実には、“みんな”とは、誰も対象にしないということと同じです。

そして、一番の問題は、こんなお客様が見えていない商売が成功する可能性は、とても低いということなのです。



自分の思い込みや思い入れを客観的に整理して、“お客様が喜&求める”・・・顧客視点の思考を取り入れましょう!

私は、Webサイト運営に際しても、顧客志向を見失わないマーケティング手法として、“ペルソナ”をおすすめしています!
ペルソナとは、呼びたいお客様(ターゲット)を特定のひとりの人物として具体化し、その行動を推測していく手法で、『ペルソナの行動や嗜好に沿った訴求をかけていきましょう!』というものです。


告知宣伝方法もキャッチコピーも、相手が明確なほど決めやすくなりますし、当たる可能性も増してきます。

正式にはマーケティングの手法としてのペルソナには、いろいろ難しい理論もあるのですが、それは必要に応じて専門家にお任せするとして、中小・零細・個人の事業者さんは、そう難しく考えず、子どものころ誰もが経験のある“ごっこ遊び”的なところから、ペルソナとして設定したお客様になってみて、生活や感じ方、満足の方向を予測するところから初めてみてください!!知り合いの中からとか、ドラマの人物とかをモデルに創造すると楽かもしれません。

この『ペルソナ』数人は、
◆商品開発や改善(市場とニーズの把握)  
◆広告告知の方法(集客、購買契機、判断)
◆キャッチコピー(購入動機や興味)
を考えるときにも、大きな助けとなりますので、ペルソナ設定が適確かどうかは、事業の成功失敗を左右する大きな鍵となってきます。

ペルソナの作り方は、お客様のステージを必ず視点に入れてください
◆ 自社商品を知っていて買う気でいる
◆ 欲しいものの中で比較検討中
◆ 興味があって、ただ情報を調べている


ペルソナを集客に活用するには、
◆1.告知広報の方法や内容の決定
例:OLのA子さん23歳の場合、平日12時15分の携帯メールならゆっくり歓談しながら確認・・など
◆2.購買契機(買いたいと思うシーン)理解
例:ゴルフ好きな自営業Rさん50歳の場合、テレビでゴルフ観戦時、感動のプレイをしたプロの使うドライバーを衝動買い・・など
◆3.購買のための情報収集手段への対応
◆1や2と連動して、対象のペルソナが、自社商品を
 ・どのような経路で(どこで)知り、
 ・どういう興味を持ち、
 ・自社のWebサイトへ至るか

を予測して、検索キーワードや広告、情報サイトへの登録、口コミ情報への投稿などを行います。

もちろん、このとき、顧客視点で、ペルソナが何にこだわり知りたいか、何を不安に思っているかに応じた情報を提供することが大切です。


ペルソナの行動をしっかり理解できたら、購買契機直接ではなく、近い将来購買に至るだろう見込み客を確保するという工夫も可能になるのです。

そのペルソナのその後の人生において発生するであろう、次の購買契機のための配慮をしておいても損はありません。

次回の記事は、『検索エンジンの理解と対応』の予定です。





★ブログランキングに参加しています★よろしければ、クリックお願いします
arigato01.gif
FC2★→f_01.gif
ブログ村★→にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログ★→banner_02.gif
人気ホームページランキングへ

コメント

確かに・・

おっしゃる通りです!

美容室も・・みんなに来て欲しいから・・
なんてお店作りをしているサロンほど・・
流行っていません・・・

うちも絞込みで営業しています!

大切ですよね

ペルソナの設定、大切ですよね。それだけで、売上が何倍にもなるので、重宝しています。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://intpark.blog116.fc2.com/tb.php/302-4c6c0a79

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。