経営戦略、IT戦略、Web戦略、人材育成、内部統制整備のご支援を生業としています

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

荒添美穂

Author:荒添美穂


☆公認システム監査人
☆システム監査技術者
☆ITCインストラクター
☆総務省電子政府推進委員
☆中小機構CIO育成チーフアドバイザー
・・・ 他

大学での講義や年間80件以上のセミナーを開催。
アイディア勝負のブルーオーシャン戦略支援を得意とする、中小企業の経営コンサル業を営み25年。
ネット活用の売上拡大支援では90%以上を売上3倍以上を、SEO対策は100%の成果を実現している。
創業支援から経営コンサルの育成・教育まで、「ありがとう」と言われるコンサルティングを身上とする。
※ 中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、各所の中小企業支援センター、みらさぽ等の専門家派遣可


来て頂いて感謝♪


お世話になります!


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
公的にも私的にも、大忙しの課題満載渦中にありながら、昨日今日と続けて、セミナーを受講して参りました。
『○○だから、やるべき△△ができない』という言い訳が嫌で、『□□をしたから、予定していた××ができませんでした』とも言いたくなかったりする私は、時折、大忙しの中でこんな暴挙?に出たりします。

ですが
・学びと仕事とプライベートは、並行して充実させたいこと
・言い訳は、できなかったことの正当化で、向上を阻むこと
・夫々が、他のことへの息抜きとなって、視点が広がること
が、『なんとかなる&なんとかする』気持ちの原動力になったりするのですね。


さてさて、今日受講したセミナーは、『コンサル向けのネットワークセキュリティセミナー』で、元サイバーポリス(ネット関連犯罪捜査&摘発)の方が講師をされるというので、興味津々で参加しました次第です。
なかなかに、皆様にもお伝えしたいイロイロがございますので、これは近々の後日に、別途特集で記事にさせて頂きます。


ということで、今日の本題は、昨日受講しました、“北九州の文学”について触れたいと思います。

???ぶんがく???と思われた方もおられるでしょうね。

私は根っからの体育会系で、根性根性で陸上&バスケに浸った小学生~大学生の時期、間逆の印象の文学少女でもございました。

弟が病弱で、父は3交代の勤務、母は看護婦という環境での子ども期、本は、私の重要な話相手だったのです。
挑戦が好きな性格もあって、小学校5年生になるころには、小学校の図書館の事典類以外の本のほとんどを読破していました。

反省をこめて告白しますと、かなりムリしてとにかく沢山読むことを優先しすぎて、頭で理解したつもりになっていたことも多かったと気づいたのは・・・・小学3年生で読んだ『赤毛のアン』を中学になって思い返したときでした。秋果熟すれば即ち落つとはこういうことだあ!背伸びしちゃいけないな・・・と思った瞬間でした

長女を産んでからの23年あまりは、そんなこんなの若い時代を忘れ、
 子どもを育てるための本
 仕事のスキルアップに役立つ本
しか読まなくなり、情感に触れて心震えることを忘れておりました。

講師をしてくださったのは、今川英子氏。
北九州市立文学館副館長で、学習院大や日本女子大・昭和学院短大などで、日本近代文学の教鞭をとっておられた、美しく上品で聡明さのあるれる素敵な方でした。

北九州にご縁のある、森鴎外、橋本多佳子、林芙美子、杉田久女、火野葦平、松本清張らの人生とともに、これらの作家と交わる高浜虚子や太宰治の人生も絡め、その作品の背景などをお話頂き、心のフレッシュだった頃に読んだ本のあれこれと感動とが、真実と連携して、本当に良い時間を過ごさせて頂きました。

作家それぞれのコンプレックスや嗜好や人生に、その感受性の豊かさゆえに、余計に苦しんだり感動したりしたことが、作品になっているんだわあ・・・と、少女の頃の感動を思い出したのです。

松本清張がひどく貧乏で小学校しか出ていないこと、困窮の人生を送ったと思っていた林芙美子が女学校に行けるくらいの状況で育ったこと(奔放な母と林芙美子の感覚だと困窮だったのでしょう)、裕福な火野葦平や森鴎外と比べて仲間に入れなかった松本清張の心の闇も垣間見て、それをばねとした運と強さに思いをはせ・・・

昨日からの私は、すっごい若い気持ちがリターンしています♪♪

たまには、こんな寄り道もいいですよね!!!




★ブログランキングに参加しています★
ミロの写真ケーキ
FC2★→f_01.gif
ブログ村★→にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログ★→banner_02.gif
人気ホームページランキングへ

コメント

おはようございます。

>たまにはこんな寄り道もいいですね

おっしゃるとおりですね!
たくさんの寄り道をしたほうが、人間として幅が出ますよね。
小学生の頃から読書家だったのですね。辞典以外はほとんど読まれたってすごいですよ。
北九州の作家と言えば、私はやっぱり松本清張が頭に浮かびます。


ポチッ

今日の名言

人間にとって最大の危険は、高い目標を設定して達成できないことではなく、低い目標を設定して達成し満足してしまうことである。

by ミケランジェロ・ブオナローティ
(ルネサンス期の彫刻家・画家・建築家・詩人)

やはり、清張はすごかっ

いい内容ですね。江戸川区に住むようになって、松本清張さんの本を読む機会ができ、実力を知りすごかっと思うかぎりです。また、この内容で或作家名を見ると、瞬時に感銘受けている高木兼寛を思い起こします。勤め先が東京慈恵医大の近所なので遠回りして彼の足跡に浸る日もあります。

少女のころにもどって

はじめまして。

楽しい、文学の日を過ごされたようですね。

荒添さんのブログを読んで、私もそう!とか、思ったのですが、
私も体育会系で、読書も大好きで、でも、就職してからは、仕事関係の本ばかり読んでいて、
最近、”文学書”というようなものを読んでみたいな、と、思っていたところでした。

日本にいたら、”源氏物語”を読みたいところなのですが。

読書以外にも、学生時代に大好きだったことなども、再び、始めています。

いつまでも、はずみ心をもって、生活したいですね。



コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://intpark.blog116.fc2.com/tb.php/279-b462eb63

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。