経営戦略、IT戦略、Web戦略、人材育成、内部統制整備のご支援を生業としています

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

荒添美穂

Author:荒添美穂


☆公認システム監査人
☆システム監査技術者
☆ITCインストラクター
☆総務省電子政府推進委員
☆中小機構CIO育成チーフアドバイザー
・・・ 他

大学での講義や年間80件以上のセミナーを開催。
アイディア勝負のブルーオーシャン戦略支援を得意とする、中小企業の経営コンサル業を営み25年。
ネット活用の売上拡大支援では90%以上を売上3倍以上を、SEO対策は100%の成果を実現している。
創業支援から経営コンサルの育成・教育まで、「ありがとう」と言われるコンサルティングを身上とする。
※ 中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、各所の中小企業支援センター、みらさぽ等の専門家派遣可


来て頂いて感謝♪


お世話になります!


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は朝から降り続く雪で、会社で契約している青空駐車場に置いていた私の車の天井には、10センチほどの積雪!

冬は雪に埋もれるものという環境にお住まいの方には、『なあんだ、それくらい・・・』とお思いでしょうね♪

ですが、積雪なんて、年に1回あるかどうかという地域にとっては、これが脅威なのでございます。

それはもちろん、
◆1 慣れていないから
◆2 準備装備がないから
◆3 雪道をどう歩き、運転するかを知らないから


危機・リスクに対する考え方も同じことが言えます。

でも、◆1に関して言えば、危機に慣れたくはありませんよね。

そうしたら、対策は、◆2危機やリスクに対して、準備装備を整えておくということなのですが、これも発生頻度とかかるコストの関係で、整えられないこともあるでしょう。


そうです!私がどうしてもして頂きたいと思うのは、◆3リスク(危ないこと)の認識なのでございます。

これをリスクの洗い出しと申します。

最も危険なのは、何が危険(リスク)か、危険(リスク)であることを知らないこと!です。

企業・組織や経営の『破綻を招くことがらを事前に考えておく』か、『だめになったら、そのときに考える』かには、大きな差異があります。まず、危機を危機と認識するかどうかで、最悪の事態に陥る可能性はかなり違うものです。

きちんと認識すれば、準備装備をするか、危機(リスク)が起きたときにどう回避すれば良いかを決めておくかの判断が可能です。

そして、危機(リスク)が起きたときにすべき行動を訓練して(←避難訓練のようなものです)おくと、さらに被害は小さくできるでしょう。

今、新型インフルエンザの脅威を危機(リスク)と捕らえて備える企業さんも増えています。“危機(リスク)が起きないために”と“起きてしまったときの対策”の論議が盛んに行われていますから、ネットで検索してみられてください。

こういうことをリスクマネジメントと申します。

皆様も、日常の生活にしろ、経営にしろ、事前に
★ 危機(リスク)を洗い出しておき
★ 何が危機(リスク)かを認識し、
★ 危機(リスク)に対する準備装備をするか否かの判断をし、
★ 危機(リスク)発生時の訓練
をしてみませんか?

被害を最少にとどめるために・・・・・



★ブログランキングに参加しています★
 一緒にがんばろ~ de ポチッとお願いいたします♪
ミロの写真ケーキ
FC2★→f_01.gif
ブログ村★→にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログ★→banner_02.gif
人気ホームページランキングへ

コメント

こんにちは

こっちは栃木ですけど

雪の降る日は

福岡の方が多いです!

栃木も山沿いはすごいのですが・・
僕の住んでいるあたりは・・
ほとんど積もったことがありません!

ただリスクを考えておかないとダメですね!

応援!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://intpark.blog116.fc2.com/tb.php/264-fa5e9b9c

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。