経営戦略、IT戦略、Web戦略、人材育成、内部統制整備のご支援を生業としています

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

荒添美穂

Author:荒添美穂


☆公認システム監査人
☆システム監査技術者
☆ITCインストラクター
☆総務省電子政府推進委員
☆中小機構CIO育成チーフアドバイザー
・・・ 他

大学での講義や年間80件以上のセミナーを開催。
アイディア勝負のブルーオーシャン戦略支援を得意とする、中小企業の経営コンサル業を営み25年。
ネット活用の売上拡大支援では90%以上を売上3倍以上を、SEO対策は100%の成果を実現している。
創業支援から経営コンサルの育成・教育まで、「ありがとう」と言われるコンサルティングを身上とする。
※ 中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、各所の中小企業支援センター、みらさぽ等の専門家派遣可


来て頂いて感謝♪


お世話になります!


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本当は、私・・・アルファベットの略語は、大の苦手です。でも、立場上、そうも言っていられません。
1.SaaS普及指導員
2.CIO育成アドバイザー
3.中間法人 EKA 副代表
なんてお役目を頂いていますと、SaaSCIOを独自の和訳で呼ぶわけにもいかなかったりするからです。

まあ、3は、コンサルタント同志のコラボレーションで良い仕事をしていきましょう&コンサルタントの育成を目的とする団体で、苦手意識を逆手にとって、EKA=“いい経営”と名づけられたものですから、お許し下さい♪

1と2は、経済産業省が推進している事業のお手伝いです。

どちらも、中小企業の経営力を向上させることを目的にして、実施されるものでございます。

先日、SaaS普及指導員の説明会に行って参りましたので、今回の記事では、このSaaSについて、お話したいと思います。

まず、SaaSが何かをご説明する前に、SaaS普及指導員は何かをご説明しておきますね♪

経済産業省では、特に小規模事業者のIT化を推進することを目的にしたJ-SaaSという仕組みを構築して、来年の3月~4月を目処に、中小企業さんへのサービスを開始いたします。
そして、SaaS普及指導員というのは、いろんな機関から推薦されて、J-SaaSというサービスを中小企業さんに定着するお手伝いをする者なのでございます。

今もところの仕事内容は、
◆ SaaSってどんなものかを説明してまわる
ということですが、おそらくは、セミナーで話をして回っても、そうそう簡単には、効果的な利活用は実現しないでしょうから、一件一件への個別のご支援も必要になるのではないかと思っています。


さて・・・・
SaaSは、Software as a Serviceの略で、『サース』とか『サーズ』と発音されていました。でも、サーズでは、病気の名前を連想してイメージが悪いので、これからは『サース』と呼んでくださいとのこと ^^;

IT化と言っても、
高いシステムを導入するだけではなくて、
・経営や業務の見える化をして、情報資産を活用すること
・ルーチンワークを効率的に正確にこなすこと
が第一義です
ですがそれでも、財務会計のパッケージにしてもカスタマイズする(←※出来合いのソフトを買ってきて、自分のところ用に改造することです)と、中小企業には辛い金額になりがちだし、保守(←※ずっと毎日ちゃんと使えるようにすること)も大変ですよね!

ですから、システムを一箇所に集めておいて、中小企業さんは、インターネット経由でこれを使う仕組みができました。

これがSaaSです。

これまでも、ベンダー(←※ソフトを作ってサービス提供する業者)さん個々が展開される、同じようなサービス(ASP)はございましたし、『SaaSとASPはどこが違うんだ?!』と聞かれると困ってしまいます。
SaaSはASPが進化したもで、自分にあったアプリケーションを組み合せて使えると思ってくだされば・・・』なんて、ほやけた回答をする自分に苦笑しながら、ASPを利用しやすくして、これをアピールするために新しい名前をつけたのかなあという感想が本心です。

今春から始まるJ-SaaSは、経済産業省がセキュリティ保全をしたサイトを作って、いろんなベンダーさんのサービスを集めて、そのサイト内で、思うサービスを利用人数に従った課金で利用するってイメージして頂ければよいかも知れません。

まずは、あまりカスタマイズ(←※企業さんごとの特徴に従っての改造)が必要ない、財務・経営・給与のシステム利用から始まります。

気になるお値段は、1ライセンス(←※利用者ひとり)、毎月 6000円~が想定されています。


詳しい情報は、わかり次第、また公開してまいりますね♪


★ブログランキングに参加しています★
 応援クリック、ポチッとお願いいたします♪
ミロの写真ケーキ
FC2★→f_01.gif
ブログ村★→にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログ★→banner_02.gif
人気ホームページランキングへ

コメント

私もASPとSaaSの違いはよく分りません、というか
誰も正確な境界は分らないでしょう(笑)

ただ、そうも言っていられないので、突き詰めると
間違いないのはASPでは解決できなかった課題があり、
これが普及を妨げていた。

そこで、解決できなかったか課題を解決した形で
新たに提案されたASPの進化版がSaaSとする大きな
流れを元に考えています。

その際に、よくやる手は比較表です。イメージを
膨らませることができれば説明になるのです。

ASP     SaaS
サーバー割り当  顧客毎   複数顧客でシェア
データーベース  顧客毎 複数顧客でシェア
顧客カスタマイズ 難しい?  動的で可能
ホスティング運用 3rdベンダー アプリ開発ベンダー
アプリ運用 3rdベンダー アプリ開発ベンダー

一言で言うと、ASPはアプリケーションを提供する
ハードそのものをライセンス購入する定額制サービス、
SaaSは使った分だけ払えばいい従量制といった感じで
しょうか?

これだとコスト的に導入はしやすく、さらに運用も
アプリケーション開発ベンダーが行っているため
カスタマイズ含め顧客側の使い勝手がよい
本当の意味でのソフトウェアという名前のサービス
提供になっていますね。

ご無沙汰しております。

このたびJ-SaaS全国キャラバンの名古屋会場でパネリストをさせていただきます。
高松会場と仙台会場にもお声がかかりましたが予定がありお断りしましたが。
ここで勉強させていただいたおかげで少しはSaaSのことを理解できました。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://intpark.blog116.fc2.com/tb.php/254-96d07b82

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。