経営戦略、IT戦略、Web戦略、人材育成、内部統制整備のご支援を生業としています

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

荒添美穂

Author:荒添美穂


☆公認システム監査人
☆システム監査技術者
☆ITCインストラクター
☆総務省電子政府推進委員
☆中小機構CIO育成チーフアドバイザー
・・・ 他

大学での講義や年間80件以上のセミナーを開催。
アイディア勝負のブルーオーシャン戦略支援を得意とする、中小企業の経営コンサル業を営み25年。
ネット活用の売上拡大支援では90%以上を売上3倍以上を、SEO対策は100%の成果を実現している。
創業支援から経営コンサルの育成・教育まで、「ありがとう」と言われるコンサルティングを身上とする。
※ 中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、各所の中小企業支援センター、みらさぽ等の専門家派遣可


来て頂いて感謝♪


お世話になります!


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鹿児島行き移動中を利用して、不況シリーズ4つ目の記事です。今回は少しだけ、堅めの話題かもしれませんが、ご辛抱ください。

最近『負債均衡』のモデルで解く大不況のメカニズム小林慶一郎氏著)という本を読みました。

普段、経済はミクロ(一企業単位、一個人単位)で見る限りは、統計学に囚われない例外事例が多いものだと思っているので、マクロ(国、世界)の統計的動向に引きずられない、マクロの動きを利用したご支援をと思っていたりするのですが・・・最近立て続けに、ご支援先が、取引先の民事再生に翻弄される事態に遭遇いたしましたところへ、この本を見かけましたので、読んでみる気になった次第でございます。

直近では、ご支援先が持つ不動産の管理を委託していたディックスクロキ民事再生、不動産賃料が入らなくなったために、突然の混乱に陥ってしまわれた例もあり・・・・

ディックスクロキさんは上場企業さんですし、民事再生に際しては、何人もの弁護士さんの弁護団がついていますから、債権者であるオーナーさん方との争いは、オトナとコドモのようでございます。


大企業が多額の負債を抱えますと、大規模な派生的影響が出てまいりますよね。こういう、突然発生する大不況や金融面での分析は、重要だなあと思います。

この本では、マクロ経済モデルを論じておられまして、負債』という大きなショックがあると、経済全体が『悪い』均衡経路に移り、不況が長く続いてしまうことを説明されています。こういうときは、国の施策が重要で、政策的次第で『良い』均衡に戻ると書かれています。


昨日は、大学時代のゼミの教授が、学会で博多の九州大学に戻られていて、学会のあと、博多で食事をしながらの数時間、久しぶりに、理論での経済を論じる機会を頂きました。最近は、いわゆる大恐慌と呼ばれるような、通常の景気変動を超えた大きな景気変動についての理論研究盛んです。

小林氏の負債均衡は、マクロ経済学の理論モデルの中に、ふたつの金融制約を取り入れて考えるものでした。
◆1.担保制約
企業が運転資金を借りる際には資産を持っていなければならないこと
◆2.金融資産としての株の持ち合い
企業が保有する、他の企業の株式を担保に運転資金を調達する構造

◆2は、持ち合いですから、株価が上がれば、担保制約が緩くなりブーム(好況)が起きて、生産や設備投資がどんどん盛んになります。逆に、株価が下がると担保制約がきつくなるので、生産や投資ができなくなり不況が起きる、という仕組みなのです。

今は、株価が低い時の均衡そのものの中にあります。これは、企業の負債が大きい時の均衡と同じでもあります。バブルが崩壊したり、大きな倒産が続いたりで、企業の債務が増えてしまうと、経済全体が「株価は低く、生産性も低い」という、「悪い均衡経路」に移って、メビウスの輪のように、ぐるぐると回ることになるのです。

ということで、小林氏は、政治的に負債減らす政策をとることが有効!で、経済は回復へ向かうはず・・・と述べられています。

でも今、苦しいさなかの企業は、目先の資金が欲しくて、『借りよう、借りよう』と致しますし、現在は、政府も『貸そう、貸そう』という施策をとっております。セーフティネットなどによる施策です。

では、負債を増やしていては、マクロ的な景気回復は見込めないのかというと、そうでもありません。

企業の債務が膨らんだ上に、返せる目処はないという、悲観的期待に満ちた社会は、決して良くはなりません。
これから良くなる、改善する!という楽観的期待が社会に浸透した場合も、経済の回復を促進するのでございます。


期待を上向きにさせることを最も阻害しているのは、何でしょう?それが不況という火に、油を注ぎ続けているのかも?!

皆様、こんなときこそ、前を向いて、市場をよんだ事業アイディア展開を考えましょう!
そして、事実を知り、リスクを把握することは大切ですが、不安をあおるような扇動(大昔のトイレットペーパー品切れ騒ぎのような)には乗らないでいてくださいませね♪

★ブログランキングに参加しています★
 応援クリック、ポチッとお願いいたします♪
ミロの写真ケーキ
FC2★→f_01.gif
ブログ村★→にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログ★→banner_02.gif
人気ホームページランキングへ

コメント

はじめまして。。。。
いろんな人のブログを見ていました。
参考にしたいと思います。
私のブログも見てください。

興味がなければ、すいません。スルーしてください。




こんにちは
今日も勉強させていただきました!
ありがとうございます!ぽち!

こんにちは、にしやんです。
不況からどれだけ早く脱出できるのか、
政府の政策が重要なカギを握っています。
民間企業においては、
ピンチの中にこそチャンスが転がっていますので、
いかにそれを見つけて拾えるかですね。
応援して帰ります。

例えば、借入金などの負債を減らす為には
収益を上げて行かないと駄目だと想います。
そして、そこで『市場をよんだ事業アイディア展開』が登場するのですね。
個人的には、そう想います。

たとえ1mmでも前えへ。
いつも自分に言い聞かせています。

ためになります

ためになるブログですね!!!
応援、ポチ、ポチ。また来るね!!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://intpark.blog116.fc2.com/tb.php/251-fb22d87f

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。