経営戦略、IT戦略、Web戦略、人材育成、内部統制整備のご支援を生業としています

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

荒添美穂

Author:荒添美穂


☆公認システム監査人
☆システム監査技術者
☆ITCインストラクター
☆総務省電子政府推進委員
☆中小機構CIO育成チーフアドバイザー
・・・ 他

大学での講義や年間80件以上のセミナーを開催。
アイディア勝負のブルーオーシャン戦略支援を得意とする、中小企業の経営コンサル業を営み25年。
ネット活用の売上拡大支援では90%以上を売上3倍以上を、SEO対策は100%の成果を実現している。
創業支援から経営コンサルの育成・教育まで、「ありがとう」と言われるコンサルティングを身上とする。
※ 中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、各所の中小企業支援センター、みらさぽ等の専門家派遣可


来て頂いて感謝♪


お世話になります!


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆様のところには、どのくらいの迷惑メールが来ていますか?

日本には、『特定電子メールの送信の適正化等に関する法律』という法律があります。通称『迷惑メール法』ですが・・・2002年から規制があるワリには、迷惑メールは増える一方です。

これまでの迷惑メール法では、オプトアウト方式という、
“未承諾広告※”と表記すれば、原則誰にでも、広告メールが送信可能で、拒否連絡をした相手にだけは、それ以降メールしてはいけません
というものだったために、明らかにおかしな相手だと思われる場合ほど、返信による禁止の申し出をするのもためらわれ、拒否ができない=また送っていいよ状況になってしまっていたのでございます。


今年の5月末に規制基準の強化改正が決まり、予定では12月から施行されます。連動して、特定商取引に関する法律特定商取引法)も変更されましたので、Webショップを運営されたり、広告・宣伝のメールを送ることのある事業者さんは要注意です!!!

変更の目玉は、
◆相手の同意のないメール配信を禁止~オプトイン方式~
◆罰金額を100万円以下から3000万円以下に引き上げ
◆送信者の情報は正確な通知を義務づけ
◆送信者情報を偽った広告宣伝メールの送信はプロバイダが拒否可能
ってところでしょうか・・

これまでプロバイダさんは、契約者からの拒否依頼がない限りは、どんなメールでも配信しなくてはいけませんでした。でも、これからは、契約者さんの迷惑メールフィルタサービスへの申込みがなくても、迷惑メールと判定したものの受信を拒否できるようになります。


迷惑メールに閉口していた他人には朗報ではあるのですが、これにもいくつか、まだ、明確にしないといけないところがあるようです。

例えば、
1.芸名使用は送信者情報の正確な通知義務に違反する?
2.総務省と経済産業省のガイドラインが相違している
 (メルマガを含む広告メールを配信業者に依頼した場合、総務省は業者責任、経産省は依頼者責任を追求するなど)

そのうち、芸名でも広く本人を特定する名称であれば許可するとか、責任を負う対象は統一されるのでは・・されて欲しいと思ってはいるのですが・・・どうなるのでしょうか?!


ちょっとだけ専門的な表現かもしれませんが、セキュリティを強化しすぎると、必要なメールまでブロックしてしまうってこともあって、なかなか対策は悩ましいところでした。実際“25番ポートブロック”によって、かなりのスパムでないメールがブロックされた経験がございます。

25番というのは、メール送信用に国際標準で割り当てられた経路で、これを使うと“なりすまし”や大量メール配信を可能になるので、怪しい!ってことでブロックするのですが・・・もともと国際標準ですから、プロバイダを通らずに送られた通常メールもここを通るワケです。

メーラー設定をご自身でされた方は、SMTPという設定を覚えておられるかもしれません。電子メールの送信を行なう際のユーザ認証をする仕組みで、送信者を把握する機能も持っています。ところが、SMTPの弱いところを衝くと送信者名を偽ったり、大量メール発信ができたりするのです。


う~ん、わからん!!って感じられた方は、相手の同意なくメール配信すると法律違反ということだけでもご理解いただければと思います。

広告メールを送っておられる方は、もうひとつだけ、同意の記録保存が必要ということも覚えておいてくださいね♪相手がいつ同意したのか、どうやって同意を確認したのかという記録を保存して証明としなければなりません。

注文やプレゼント応募などから、メールアドレスを自動的にデータベースに入るようなシステムの業者さんは、要注意ですよ!

また配信停止の手段をメール内に明記することも求められています。

ただ、1対1のメール交換はこの法律の対象外です。


長くなりましたので、Webショップなどによる通販にかかる法律・・・特別商取引法の改正についてのご説明は、またの機会に・・・


★ブログランキングに参加しています★
 応援クリック、ポチッとお願いいたします♪
ミロの写真ケーキ
FC2★→f_01.gif
ブログ村★→にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログ★→banner_02.gif
人気ホームページランキングへ

コメント

そのようですね・・
最終的にはどこに落ち着くのかは・・
わかりませんが・・
毎日3~400件ぐらいの迷惑メールなくなると・・
らくです!
ありがとうございます。
ぽち!

現在来ている迷惑メールが、すでに違法ですものねぇ・・・ 効果があるのか疑問です。

法律の強化は、それだけ迷惑メールによる被害が多いということでしょうかね。
それにしても勉強になります。
知らない事がいっぱいです。

難しいですね~

GOGOです。
こんにちは
迷惑メールはいけないっすね!私も困っています。でも最近は処理の要領を得てあまりきにしてはいないですが・・・ちょっと思ったのは、困るのは回りまわってWEBショプ運営者の方なども?多いかもしれませんね。どうでしょうか?私が困っているのはバイアグラなどのドラッグとエッチ関連のスパムメールです。他は情報としてためになることも多いので実は助かったりしています。まー人によりメールやインターネットの使い方は違うので、規制するにももっといろんな細かいところを考えていただけると助かるのですがね。。。私のブログにエッチ関連のコメントしてるたくさんの人やめてほしいな~そんな感じです。最近はそれにもなれてきましたが・・・笑い^^

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://intpark.blog116.fc2.com/tb.php/244-6f99001a

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。