経営戦略、IT戦略、Web戦略、人材育成、内部統制整備のご支援を生業としています

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

荒添美穂

Author:荒添美穂


☆公認システム監査人
☆システム監査技術者
☆ITCインストラクター
☆総務省電子政府推進委員
☆中小機構CIO育成チーフアドバイザー
・・・ 他

大学での講義や年間80件以上のセミナーを開催。
アイディア勝負のブルーオーシャン戦略支援を得意とする、中小企業の経営コンサル業を営み25年。
ネット活用の売上拡大支援では90%以上を売上3倍以上を、SEO対策は100%の成果を実現している。
創業支援から経営コンサルの育成・教育まで、「ありがとう」と言われるコンサルティングを身上とする。
※ 中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、各所の中小企業支援センター、みらさぽ等の専門家派遣可


来て頂いて感謝♪


お世話になります!


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、某経営者の会で、ある経営者の方から、「学問的経営理論、トヨタなどの実務的経営理論、ちょっと宗教的な経営理論など、たくさんあるけど、何が一番なの?」って聞かれました。 私的には、考え方としては、「ホンダの不常識非まじめ」というスタンスが好きです。もともとは、東工大の森政弘先生という方が創った造語らしいですが、とても面白いと思います。大企業、中堅企業、中小企業、零細企業の区別なく、ビジネスの普遍理論といえると思います。 「非常識で不まじめな」考えや行動は、現代社会には認められない。「常識でまじめな」だと、平凡で高い評価を受けることはない。 oze.jpg たとえば、多人数の集団で、踏み荒らしてはいけない貴重な植物の生い茂る土地をわたらなければならない場合・・・ 1.渡るというミッションを優先して、踏み荒らして渡る(非常識) 2.植物の貴重性を考慮して渡らない(常識) では、不常識とはどんな選択でしょう? 不常識の答えとしては、「植物は一度踏まれただけではへこたれないので、ひとりづつばらけて、優しく渡る」といった内容だったと思いますが・・・「スコップを持ち、株を傷つけないように掘り起こして道を作って渡り、その後、植え戻す」なんて、楽しい答えを下さった方もおられました。 不常識は、つまるところ、思いやり経営(邪魔になるものを叩き潰さず、効果を得る工夫)とも言えると思うのです。 また、非まじめとは、不真面目とは違います。真面目でも不真面目でもなく、非まじめに柔軟に、ビジネスチャンスを得て展開できたら、他者に真似できない強みになると思います。 目指せ!不常識非まじめ!!これって、わくわくしてきませんか? ブログランキングに登録してたりして! a_03.gifbanner_02.gif よければ、押してみてください。

コメント

なるほどですね~。
いいお話をありがとうございました。

不常識や非まじめになるためには
「常識」と「まじめ」を知ってないといけない
わけですよね。
根っからの非常識、不マジメの僕には
そこのところが、非常にツライところです(汗・・・

型を知って、型を破る

そんな言葉が武道にあったように思います。
少し似てますね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://intpark.blog116.fc2.com/tb.php/24-ba8f40af

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。