経営戦略、IT戦略、Web戦略、人材育成、内部統制整備のご支援を生業としています

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

荒添美穂

Author:荒添美穂


☆公認システム監査人
☆システム監査技術者
☆ITCインストラクター
☆総務省電子政府推進委員
☆中小機構CIO育成チーフアドバイザー
・・・ 他

大学での講義や年間80件以上のセミナーを開催。
アイディア勝負のブルーオーシャン戦略支援を得意とする、中小企業の経営コンサル業を営み25年。
ネット活用の売上拡大支援では90%以上を売上3倍以上を、SEO対策は100%の成果を実現している。
創業支援から経営コンサルの育成・教育まで、「ありがとう」と言われるコンサルティングを身上とする。
※ 中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、各所の中小企業支援センター、みらさぽ等の専門家派遣可


来て頂いて感謝♪


お世話になります!


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前に書いた、「支配できるもの」という記事に、いくつかのご意見とご質問をいただきました。 その中で、 経営者が従業員を支配せずに経営はできるか、というご質問がありましたので、今回はそれについて書きます。 コンサルとご支援先の関係も似たような構図があるのです。コーチング系の事象には、必ずついてまわる問題ですから! 結論から言うと、無理に支配された者は、 ・ 支配者のいないところでは従わない ・ 指示されたこと以外に直面したとき、立ち往生するという傾向があります。 支配は、成長を生みません。 大切なのは、相手に気づいてもらうこと! ☆なぜ、そうしないといけないのか(そのことが悪いのか) ☆そうしないと、どうなるのか ☆それをすると、どうなるのか 気づきをもたらすことができたとき、本当の改善進歩があるのです。 ただ、相手のためと思って頑張っても、どうしても伝わらない、または、かえって恨まれたり疎ましがられたりすることもあります。 そんなとき、恨みや怒りを抱かないでいたいねって、お話です。伝えきれないのは、伝わらないほうを責めても、どうしようもない。関係が悪化するだけです。 最も良くなる可能性が高いのは、自分が伝え方を工夫することなのです。伝達の仕方にひと工夫いるという、自分への気づき・・・そのことを 「自分で自分を支配する」と表現しました。 難しいことです。 相手が、境界性傾向を持つ場合や自己愛性パーソナリティを持つ場合は、本当に根気よく、そして退くことなく、誠意を示すことが必要です。場合によっては、あきらめることも必要かも・・・ まあ、こんな特殊な場合はぬきにして、自分は自分でコントロールしつつ、気づきと成長を手にできたら・・・本当にすばらしいと思うのです。 ブログランキングに登録してたりして! a_03.gifbanner_02.gif よければ、押してみてください。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://intpark.blog116.fc2.com/tb.php/23-9e2b3582

自己愛性パーソナリティーの気になる情報

今日の気になる情報をご紹介します!自己愛性パーソナリティー安倍首相の「心」を分析するキーワード?(続きを読む) 他人の精神状態なんて分かるもんではないけど。目の前に起こる課題を乗り切ることで懸命だったのに違い

自己愛性パーソナリティー

なんか、安倍さん可哀想になってきた・・さらに、「自己愛性パーソナリティー傾向が強い人は、ストレスへの耐性が低いこともほぼ共通しており、そのためにうつ病にかかるリスクも抱えている」、「自分の思い通りにい

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。