経営戦略、IT戦略、Web戦略、人材育成、内部統制整備のご支援を生業としています

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

荒添美穂

Author:荒添美穂


☆公認システム監査人
☆システム監査技術者
☆ITCインストラクター
☆総務省電子政府推進委員
☆中小機構CIO育成チーフアドバイザー
・・・ 他

大学での講義や年間80件以上のセミナーを開催。
アイディア勝負のブルーオーシャン戦略支援を得意とする、中小企業の経営コンサル業を営み25年。
ネット活用の売上拡大支援では90%以上を売上3倍以上を、SEO対策は100%の成果を実現している。
創業支援から経営コンサルの育成・教育まで、「ありがとう」と言われるコンサルティングを身上とする。
※ 中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、各所の中小企業支援センター、みらさぽ等の専門家派遣可


来て頂いて感謝♪


お世話になります!


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと間があきましたが、ルールについての3編目・・とりあえず、書こうと思った内容の最終編です。
この間があいた理由は、10年ほどぶりにとった夏休みのせいでございました。このご報告も近々に♪

さて前回、守れないルールを守れないまま維持することは、
 ◆ ルールは理想で、現実は別
 ◆ ルールを守っていたら仕事にならない
 → ルールは守らなくて良い

って展開になっていきがちで、ルールは逆に組織を危険にさらす結果となるというお話をいたしました。
厳格性と分厚さがルールの価値であるかのような誤解は、どうか払拭して頂きたいと思います。


セキュリティ対策セミナーなどさせて頂いたとき、よく『そう(ルール)は言っても、実務では・・』とのご相談をよく受けます。例えば、
個人情報の不正取得の禁止についてのルールがあって、それが建前であることもわかっている・・・でも、ビジネス交渉を業務とする方は、交渉相手の情報を集めて説得?準備をしなければ、業務はうまくいかない!
『あなたと交渉するために、あなたの個人情報を取得することに同意をお願いします』なんてサインをいただくわけにもいかないし、どうしたら?!
なんてご相談です。
営業さんも同じようなお悩みを持っておられるようです。

ルールは、厳格性と分厚さをありがたくおまつりするより、例外処理とレベル別判断という“遊び”と、例外の承認と分析という“点検”が重要であると思うのです。F1のレーシングカーのような遊びのないハンドルでは日常の運転はできませんが、遊びの適切性は常に分析判断しておかなけば、野放しになってしまいますから・・・


そして、ルール万全のハズの大企業さんのシステムトラブルも頻発しています。
※ITC仲間のIさんご提供資料より
■ ANAシステム障害(9月14日)
データセンターの管理サーバーの認証機能期限切れ→搭乗手続き不能
■ 三菱東京UFJ銀行のセブン銀行ATM停止(5月12日)
カタカナのデータに漢字で登録
■ 福岡銀行全ATM停止
 担当者が誤って電算センターの電源切断

う~ん、みんなルールは整備された上での担当者の人為的初歩的ミスですね。情報流出事故なんてのも、一気に不安になります。


前回の記事で、日々の業務の中では、ルールや規程を見ながら行動することはないですから、
・ ルールは守れる、覚えておけるものでなくてはいけない
・ ルールの意味と意義を周知しなくてはいけない
・ ルールを守られなかったことを検出する仕組みと、
・ 守られない原因を検討して改善する仕組みが必要であると書きました。

経験的に、詳細で厳しすぎるルールの実効性は、期待できないと思っています。

加えて、
・ “遊び”(例外事項)を認め
・ 個人判断でない“遊び”(例外事項適用)の適切性点検の仕組みを取り入れて頂けると、実際の効果性の高いものになりますよ、なんてご支援をさせて頂いています。

皆様のところは、どんな工夫をされていますか?

★ブログランキングに参加しています
arigato01.gif応援クリック、ポチッとお願いいたします♪
FC2ランキング★→f_01.gif
ブログ村ランキング★→にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログランキング★→banner_02.gif

人気ホームページランキングへ

コメント

ルール

私はルールと聞くとマイナスの印象があります。
やはり、学生時代の校則というものの印象でしょうか。

ルールを見直すこととルールの守る倫理性が大切だと再確認させて頂きました。

弊社にもきっとルールがあるのでしょうが、覚えていないのが現状です。

勉強させて頂きました。

最近ISO関係を見て思うのですが
もともとは標準化が目的のはずが
持っていて当たり前だから取得する。
そんな風な目的で取得する企業さんが多いように思います。

ISO取得と組織風土をうまく融合させたら
一丸となれるし、社内に誇りのようなものが
芽生えるきっかけになるのに
上からの指示で取り組むもんだから
現場は、メンドクサイという思い。

結局取得しても
その標準化したマニュアルや作業方法は
守られないんですよね。

そんなことを思いました。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://intpark.blog116.fc2.com/tb.php/227-009f5117

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。