経営戦略、IT戦略、Web戦略、人材育成、内部統制整備のご支援を生業としています

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

荒添美穂

Author:荒添美穂


☆公認システム監査人
☆システム監査技術者
☆ITCインストラクター
☆総務省電子政府推進委員
☆中小機構CIO育成チーフアドバイザー
・・・ 他

大学での講義や年間80件以上のセミナーを開催。
アイディア勝負のブルーオーシャン戦略支援を得意とする、中小企業の経営コンサル業を営み25年。
ネット活用の売上拡大支援では90%以上を売上3倍以上を、SEO対策は100%の成果を実現している。
創業支援から経営コンサルの育成・教育まで、「ありがとう」と言われるコンサルティングを身上とする。
※ 中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、各所の中小企業支援センター、みらさぽ等の専門家派遣可


来て頂いて感謝♪


お世話になります!


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私がご支援させて頂く企業さんは、中小零細~中堅規模ですが、規模の小さな企業さんへのコンサルティングは、資金が豊富にない変わりに、変化が出やすく、遣り甲斐もございます。
通常は、
★ 顧客を見て、
★ 顧客を理解し、
★ 顧客の満足を提供し、
★ 従業員の遣り甲斐と満足を齎し、
★ 価値のある仕事をする

ということで、商品やサービスと、その提供の仕方について(内部業務やIT含む)ご支援をしています。

ただ、経営環境の変化についていけずに、または、あまりに急激で予測不能な変化に対応しきれないとき、組織は
◆1 規模縮小
◆2 組織や事業の再編
◆3 合併・買収・営業譲渡
など、M&A絡みの対応をとることがございます。もちろん、“攻め”の視点からのM&Aっていうのも増えました。ここ数年、M&Aは、攻めにも守りにも、盛んに取り入れられています。
軽く、商品や技術・商圏などのコラボレーションってところから数歩進んで、他社とのかかわりを経営力強化策として検討するのは、常識のようになってきています。

日本政策銀行の調べによると、M&Aは、統計的に見ると、企業パフォーマンス(売上高営業利益率労働生産性)の改善をもたらしているようです。

ただし、◆2や◆3については、当初は、『こうなりましたよ~』って、アナウンスにコストがかかったり、事業プランや業務の構築に時間が必要だったりするために、初年度はとなることがわかっています。
この赤字時期以降、選択と集中によって、また、戦略的な経営展開の浸透によって、業績改善へ向かうのです。

ただ、そうは言っても、この“待ち”の時間を乗り切れる状況にない場合も多いですよね。このときは、◆1の規模縮小・・・スリム化によって、売上を落としても利益額を確保することになります。

もちろん、組織の宝は“ひと”ですから、どんなに組織を変えても、そこに所属する従業員さんの満足度やモチベーションが低いと、効果は期待できません。

規模縮小(支店や営業所、工場の閉鎖や、人員削減)に立ち会うこともございます。市場や事業に比べて、あまりに組織が大きく、事業努力では労働生産性が高められない場合です。誰もに大きな痛みを齎すことになって、辛い辛い状況を味わいます。
組織が、そもそも、宝であり武器であるべき“ひと”を雇用し続けることが難しくなった(なることが明白な)ときは、せめて、双方のキズを最少にとどめる誠意の策が不可欠だと思っております。

組織側には、組織を維持するための“数値的予測”に基づく計画遂行によって、経営の底力の回復を図るという目的があります。従業員さん側には・資金(生活)の問題、・プライドの問題、・人生設計(今後の仕事)などがあるでしょう。
最も大変なのは、こころとプライドのケアだと思っています。きれいごとではなく、状況をよく理解しあうこと、今後良い方向に向かう策であると思えることが必要なのです。


さて、縮小策についてはこのくらいにして、M&Aがこんなに注目されるようになったのは、なぜでしょう?

2006年5月に施行された会社法によって、三角合併や現金合併が可能になったり、組織再編に際しての株主総会の決議が要らない場面が増えたりと、M&Aがしやすい状況となったことが大きいのですが、
◆ 簡単に規模を大きくする
◆ 技術やノウハウを即手に入れる
◆ 現存市場を横滑り獲得する

など、欧米的狩猟民族的『狩りの経営』が入ってきているのも確かでしょう。
日本では、人材を育成し、技術を蓄え、市場や商品を育てる、時間をかけた農耕民族的経営が根付いていました。

今後は、どちらかに走るのではなく、双方を取り入れながら、国際的競争力を獲得しつつ日本的な良さを強みとして展開できる組織をつくっていくことが、大切なのではないかと思っています。

マネだけでは、強くなれません。
いろんなものが高騰したりと、経営環境の激流のなかではありますが、前をむいて、頑張りましょう♪♪♪

★ブログランキングに参加しています
arigato01.gif応援クリック、ポチッとお願いいたします♪
FC2ランキング★→f_01.gif
ブログ村ランキング★→にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログランキング★→banner_02.gif

人気ホームページランキングへ

コメント

うむーーーーー
M&Aで経営改善はなかなか日本人には
難しいのかなぁ…とも思っています。

旧会社同士の軋轢は本当に深く
差別やイジメに発展するケースもおおくあります。

給与体系が違う、
福利厚生体系が違う、

…などなどいろいろな要素があります。

その点を踏まえてM&Aなどに踏み切らないと
机上の空論だけで効果が述べられてしまいますよね♪

応援ぽちっと!

なるほどう・・。M&Aのルーツ・・。
丁寧にご紹介頂き感謝です。
日本人は交渉下手な印象があるので、
資産を多く持っている同族会社やら技術がある会社などを根こそぎ外資の狩りの対象になりそうで怖いです。

業績は上がるけど、
職場で勤務している人は
待遇面や今後のキャリア形成で、
自己実現はできるのだろうか・・?
と変な想像もしてしまいます。

勉強になりました。
応援ぽちりですヽ(*⌒∇⌒*)ノ

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://intpark.blog116.fc2.com/tb.php/201-f4944446

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。