経営戦略、IT戦略、Web戦略、人材育成、内部統制整備のご支援を生業としています

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

荒添美穂

Author:荒添美穂


☆公認システム監査人
☆システム監査技術者
☆ITCインストラクター
☆総務省電子政府推進委員
☆中小機構CIO育成チーフアドバイザー
・・・ 他

大学での講義や年間80件以上のセミナーを開催。
アイディア勝負のブルーオーシャン戦略支援を得意とする、中小企業の経営コンサル業を営み25年。
ネット活用の売上拡大支援では90%以上を売上3倍以上を、SEO対策は100%の成果を実現している。
創業支援から経営コンサルの育成・教育まで、「ありがとう」と言われるコンサルティングを身上とする。
※ 中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、各所の中小企業支援センター、みらさぽ等の専門家派遣可


来て頂いて感謝♪


お世話になります!


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月7日の日経BPの特集記事に『Webサイトへの個人情報登録を安全に切り抜けるには』というものがありました。

私の買い物は、化粧品・日用品・本その他、ほとんどがネット経由です。
Webサイトから、
 ・買い物をする
 ・会員登録をする
 ・懸賞に応募する
 ・アンケートに答える
 ・何かに申し込む
 (※このブログ利用だって、そうですね)
という場面は、とても多くなりました。

大抵は、入力項目は必須と任意とがあります。任意の項目は、“マーケティングなんかの役にたてるので、よければ教えてね”ってことなんですね。自分が、欲しい情報であれば、任意でも書いていれば、関連情報が送られて来ることも多いので、任意項目を書くか、書かないかは、最終的には、自分次第!!ってことなんですが・・・・この記事では「必要ない個人情報を書かない」を超える対策について、論じています。
ある程度パソコンが分かってきた中級者に多いようだが、画面に出てくるメッセージを読まずに、「はい」や「同意する」をクリックする人が少なくない。フィッシング詐欺などに繋がりかねない。・(略)・怪しい業者でよくあることだが、個人情報の使用目的の記述はあっても、そこに「名簿として販売する」などと書いてあれば、個人情報保護法の規定に従って、ユーザーはそれに同意したことになる。
そうそう~~あるある~!気をつけましょう!

また、
きちんとしたサイトでは、個人情報の使用目的を、専門のページなどにまとめて明記してあるはずだ。
ですね!利用目的は、具体的にわかりやすく“明記”が、基本でございます。これのないサイトは、ちょっと不安&本当に、あなたの情報を与えていいのかどうか、よく考えましょう!

「怪しいがどうしても利用したい」という場合も、考えられなくはない。その場合は、流出しても対策が比較的簡単なように、情報を記入することだ。仮名、個人私書箱の利用、すぐ解約できるプリペイド携帯、普段使わず限度額も低いクレジットカード、といった具合だ。
なるほど・・・

実は、私もカードの不正利用被害にあったことがございます。ネット経由ではありませんでしたが・・・
どうも、カードの切り替え時に、新しいカードを持って行かれたようで(郵便やさんが渡してしまったのね・・推測だけど)、私自身は古いカードを持っていますし、気づいたのは、請求がきてから!!大阪の百貨店で、ヴィトンを4点お買い上げ♪♪♪・・・って、買ってないです~~~(;;)といういきさつでした。

警察は、“いつ、どこで、どんなふうに”“無くしたのか、盗られたのか”をはっきりさせないと、事件扱いできないって言うし、カード会社は、警察からの依頼がないと、調査できないって言うし・・で、かなり窮地に!ただ、サインが私のものとは違うところで、一件落着しました♪ 暗証番号入力のネット経由だったら・・どうなったのか、今でも怖いです。


社会的責任を負った大企業なら安心なはずという判断は、
1. 大企業の社員の、1000億の詐欺事件という記事にもしました
2. 商法改正で、社名の縛りがなくなって、大企業の社名を使うこともできるのです

サイトの運営組織については、安易な推測で信用せず、きちんと調べるのが無難です。

記事では、ネットからの買い物や登録には、セーフティーアドレスの利用を薦めておられます。
セーフティアドレスとは、ドメイン名にサブドメイン名を追加し、使用目的を分かりやすくするもの。ベースネームの後にキーワードを追加することで、異なるメールアドレスを同時に持てるようになっている。通常のYahoo!メールアドレスの利用なら最大10個、Yahoo!BBの会員や、ウイルスブロック機能なども備えたセキュリティパック(月額290円)なら、最大30個までのアドレスが利用できる。



個人情報の登録話題とは逸れますが、携帯電話やカードやノートPCをレストランのテーブルに置いたまま、トイレに立つのも危険ですよ!携帯電話の内容の吸い取りや、スキミングなど、結構時間をかけずにできるものですから!!

ネットやデジタルの社会では、盗られても気づかないものって、沢山あって、それが一旦流通しちゃうと、歯止めが利かないところが、怖いところなのでございます。


★ブログランキングに参加しています
arigato01.gif応援クリック、ポチッとお願いいたします♪
FC2ランキング★→f_01.gif
ブログ村ランキング★→にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログランキング★→banner_02.gif

人気ホームページランキングへ

コメント

本当に人事ではない問題ですね。充分に注意しないといけませんね。ろくにメッセージを読まずに『はい』や『同意する』を押したりしますから。気をつけないと。
しかし、こういうネット被害は10年前には考えられなかった事のように想います。それだけ、凄いスピードで時代は流れているのですね。そう想います。

こんばんは!

確かに本人が気づかないところで
情報が流出していたら大変ですよね…。

ネットだけではなく
普通の生活の中でも
注意する必要がありますね!

応援ぽちっと!

荒添さん

始めまして、稲葉です。

私もツイツイネットでお買い物の場合

書かなくて良い所まで書いてしまっています。

気をつけないと・・・

今回私のお勧めブログで勝手ながら
紹介させて頂きました。

宜しければ遊びにきてくださいね^^

応援ポチッして帰ります。 ibnaba

訪問・コメントありがとうございます。

これからも宜しくお願いします。 稲葉

こんにちは、私のブログにリンク紹介
張らせていただきました。

宜しければ相互リンクお願いいたします。

ポチッ  稲葉

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://intpark.blog116.fc2.com/tb.php/195-86309c52

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。