経営戦略、IT戦略、Web戦略、人材育成、内部統制整備のご支援を生業としています

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

荒添美穂

Author:荒添美穂


☆公認システム監査人
☆システム監査技術者
☆ITCインストラクター
☆総務省電子政府推進委員
☆中小機構CIO育成チーフアドバイザー
・・・ 他

大学での講義や年間80件以上のセミナーを開催。
アイディア勝負のブルーオーシャン戦略支援を得意とする、中小企業の経営コンサル業を営み25年。
ネット活用の売上拡大支援では90%以上を売上3倍以上を、SEO対策は100%の成果を実現している。
創業支援から経営コンサルの育成・教育まで、「ありがとう」と言われるコンサルティングを身上とする。
※ 中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、各所の中小企業支援センター、みらさぽ等の専門家派遣可


来て頂いて感謝♪


お世話になります!


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
”いまを変えたい!変わりたい!”の続きはまだなんですね・・・昨日、数人の方に足跡メッセージを頂きました。

前編記事を出した日くらいから、それこそ、プロジェクトのトラブルで、不覚にも、私のこころから『感謝感謝』の気持ちが薄くなっていて、記事に手をつけることをためらっておりました。

ということで、信頼できるひとと話をしたり、ご飯をしたり、ひとりで映画を見たり、アロママッサージに行ったり・・・で、リフレッシュ♪ やっと、続編の公開です。

お察しのとおり、プロジェクトのひとつが混乱を極めて悩んでいたのですから、『私に任せれば大丈夫!』なんてことは決してございません。

コンサルとしては、契約による制限(係れる日数)など、できることに限界がありますし、『ここに開ける道があります』なんて提案しても、検討にすらのらない場合もあります。
逆に、プロジェクトや私の提案より、『社長のカンが大当たり』なんてこともございますから、どう組織的折り合いをつけて行くか・・という部分が重要なのだと思います。

ポイントは、決定と行動に、皆が納得すること


【失敗の要因】
1.ひとごと
 a. 自分と組織との繋がりを意識していない
 b. 意欲や功労に対しての評価が行われていない
  (やってもやらなくても一緒との認識)
2.目的と意義
 c. プロジェクトの意義が認識されていない
  (組織としての価値、自分への影響)
  (上の気に入る決定を出す手続き会議との思い)
 d. 各自(メンバー)の目的目標がない
  (役割と権限、達成目標の不明確)
3.実現可能性
 e. 上の鶴のひと声で覆されると思っている
 f. ○○部の能力が低く、できないと思っている
 g. 途中で立ち消えになると思っている


みなさん、同じようなご苦労をされておられることでしょう。

私の場合、一番に、プロジェクトオーナー(最終意思決定者)への確認をいたします。正式にであったり、食事しながらであったり・・・ただ、私自身では、これがなかなか実現できないことも多いので、その場合は、社内人材のキーマンにお願いすることになります。
・最終の目的・目標c. 対策
・最悪の場合の目的・目標(期限や制限)3.対策
・遂行の姿勢e、g対策
・人的資源の配置や補強の姿勢f.対策
・評価の仕方b.対策


次に、大切なのは、プロジェクトメンバーのモチベーションアップ支援ですよね。
・その方の、プロジェクトにとっての重要性a. b.c.d.e.対策
・その方の、役割に期待する具体的内容とその役割の重要性d.対策
・ひっかかりの内容(愚痴きき)とその解決策提示f.対策
・あなたを全力で助けますという約束3.対策
ここが、何より、私の、口先だけでない誠意が試されるときでもございます。

そして、『さあ、やるぞ!!』となるわけですが・・・実は、私の場合は、ここまでを積み残したことはございません。問題はこのあと!!

実際にプロジェクトを実行するにあたっては、期間が長いほど、最初に想定していない色々な問題や、状況・環境の変化が出てまいります。
そのときに、
1.当初の目的目標を見失う
2.役割の混乱(追加役務や停滞箇所対策)
3.熱意の低下
4.部署間、人間間の対立
などが発生して、混乱するのです。

この芽を事前に感じ取り、空気を読んで、早い対応をするのが、プロジェクトリーダーですが、この方はまた、忙しい!!
コンサルとしては、かなりの時間をその組織内で過ごせない限り、メンバーの方との世間話や聞き取りから、推察し、これに気づいてプロジェクトリーダーが対策のための時間をとれるよう、人材補強や作業分担などをご提案、ご支援するのが務めです。

これで凌いで、うまく行くことは、多いですよ。
結局は、ひとなんですもの。

ただし、早いうちにこの芽を見つけられなかったり、忙しさに対策が取れなかったり、到達点がブレてしまった場合は、一旦解散、仕切りなおしとするしかない場合もございますよね。

いかに、早くに芽を見つけ、どんな対策を立てるか・・・・どんな言葉や状況が出始めたら危険かについては、また後日(^^¥

★ブログランキングに参加しています
arigato01.gif応援クリック、ポチッとお願いいたします♪
FC2ランキング★→f_01.gif
ブログ村ランキング★→にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログランキング★→banner_02.gif

人気ホームページランキングへ

コメント

こんばんは!

確かに・・・
危険な芽は早めに摘み取るのが一番なのですが、
忙しくてその予兆を見逃していたりすると
大変な形で現れることもたくさんあります(笑)

プロジェクトは
本当に生き物なので
その空気を読んでどのように舵取りするか…。

荒れ狂う海原を操縦する船長みたいな
ものかもしれませんね!

応援ぽちっと!

ご心労を・・・

“豪腕”解決の能力がないなりに、
柳に何やらで“実”を残すことが
求められる役回りだったのですが。。
振り返ると、“直球勝負”で通し、
自己主張型、半端な立ち位置に終わり、
混乱の芽を摘むどころか
助長してしまった気がします。

早いうちに、気分一新、
プラス思考に切り替えて
目の前の課題に向かっていきます。

お試しクンよ、今度こそは・・・

私もアロマに癒されてます

私も仕事で大変なとき、アロマキャンドルで癒されてます。最近はマッサージキャンドルといって、キャンドルをともして、ロウがアロマオイルに変わるものにはまってます!
こちらのブログを読まれている方は、きっと関心があるのじゃないかと思って紹介させていただきました!

戦国武将の黒田如水の言葉で『天下最も多きは人なり、最も少なきも人なり』という言葉があります。
この意味は世の中に人間はたくさんいるけれど、その中でも、これはv-237と想う人は少ないという事です。組織は人ですね。

こんばんは。

この記事の続きが読みたいです♪

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://intpark.blog116.fc2.com/tb.php/173-41125a92

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。