経営戦略、IT戦略、Web戦略、人材育成、内部統制整備のご支援を生業としています

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

荒添美穂

Author:荒添美穂


☆公認システム監査人
☆システム監査技術者
☆ITCインストラクター
☆総務省電子政府推進委員
☆中小機構CIO育成チーフアドバイザー
・・・ 他

大学での講義や年間80件以上のセミナーを開催。
アイディア勝負のブルーオーシャン戦略支援を得意とする、中小企業の経営コンサル業を営み25年。
ネット活用の売上拡大支援では90%以上を売上3倍以上を、SEO対策は100%の成果を実現している。
創業支援から経営コンサルの育成・教育まで、「ありがとう」と言われるコンサルティングを身上とする。
※ 中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、各所の中小企業支援センター、みらさぽ等の専門家派遣可


来て頂いて感謝♪


お世話になります!


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
予告の通りの、中国での値切り方のお話です。いえ、正確には、3日にアップするつもりが、心の余裕が取り戻せずに、ちょっとおさぼり致しました。(※ポー兄弟さん、ごめんなさい)

さて、本題です。

5月1日、中国から帰国された友人ふたりとお会いしました。
通常、日本企業からの中国赴任は、イヤイヤ行くものらしいのですが、このおふたりは、行くからには、心から中国を理解し、愛し、楽しもうとしている変り種。かつ、ばったものや海賊版、怪しい屋台と、日本人が避けそうなところで、中国に浸り、裏も表もみてやろうという、好奇心のかたまりでもあります。

彼らの持つ、中国での9割値切りの技術とは??!!

中国でも、イオンやスタバなどが人気で、さすがに、ここでの値切りは、難しいでしょう。
値切り交渉の対象となるのは、一般の商店、露店、おみやげものやさんなどです。

中国では、値切るのは当たり前だ!という情報は、浸透しているらしく、たいていの日本人の方が、値切りに挑戦されているんですって!でも、700元を500元にしてもらって、満足するのがほとんど・・・

ですが、おふたりの話によると、中国では、時給ではなく、何個売っていくら・・って、店員の雇い方をしているところも多いらしいのです。でも、それでは、じゃあ、『タダ同然で、たくさん持ってけ~』にならないのかって、心配が出てまいります。

ここは経験知・・・値切っても、”お店は十分儲かるベースの値段でお買いになる方”の割合が99%を超えるなら、”噂による集客を期待できる1%”へ、言い値の1割以下で売ったって、まあ、大丈夫♪ってところらしいです。

でも、9割値切るには、どう交渉するのでしょうか?以下は、店員さん(または小店主)との交渉法です。
1.下見して、値切る店と商品を決める
他店も見て、値ごろ感を知っておく
2.交渉用財布を準備する
財布を複数持ち、交渉する、ぽっきり金額を入れておく。この財布は、交渉時に出して、持ち金として見せます。
3.一旦口にした、9割引の値段を決して・・びた一文あげないこと
交渉次第で、値があがると思わせないことがミソ。
4.一度は、『他の店で買う』と立ち去る姿勢を見せる
ここで引き止められなかったことはないので、強気に!
5.相手を”友人”と呼ぶ
決して、中国や相手を見下した態度や言葉を使わないこと。他の日本人に宣伝してあげるなど、協力姿勢を。
6.うまく値引きしてくれたら、抱擁を交わす。
これで、次回も値引きしてくれる

今回も戦利品をたくさんお持ち帰りでしたから、実証済みのようです。
また、これを伝えても、ほとんどの他の日本人の方は、『ここまで値切るのは・・(自分が)かっこ悪い&(相手に)気の毒』と、半値くらいでやめてしまうのですって!

でも、中国での価格づけは、原価や品質に見合うものなんて、ひいた考え方をされていることは少ないので、思う存分に、頑張ること♪
 ◆ 本来のビジネスでの交渉へのトレーニング
 ◆ 交渉を通してのコミュニケーションを楽しむ
 ◆ お前は日本人らしくないな・・と言われる
ことを目標に、余裕を持った交渉
をしていると、思いがけない友人もできるかもしれません。

事実、彼らは、こんな体当たりの姿勢で、かなりの大物との人脈も得、中国で、学校をつくるという、本来のビジネスとは違う活動もしておられるようです。

中国へ行くなら、とことん中国を知り、楽しむ。

これは、まず、相手を受容することから始めないといけませんね。柔軟な受け入れと、確固たる信念は、どこででも重要なポイントのようです。


<PS.私信>Wさま、お土産のDVD、娘と十分楽しませていただきました。TV画面や一部のPCでは見ることはできませんでしたが、何とか、再生手段を見つけました!

★ブログランキングに参加しています
arigato01.gif応援クリック、ポチッとお願いいたします♪
FC2ランキング★→f_01.gif
ブログ村ランキング★→にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログランキング★→banner_02.gif

コメント

はじめまして

はじめまして、ORATAKIと申します。ときどき立ち寄らせていただいています。この値切りの記事がもう少し早く出ていれば・・・結構苦戦しました。
http://orataki.seesaa.net/article/78164212.html

中国と言う国、そして中国人の国民性を思い知らされました。四千年の歴史が今の中国を創ってきたのでしょうか。商人の商は古代中国の商の国の人達が物の売買が上手なところから由来していると聞いたことがあります。
ビジネスも歴史が深い国だと想います。

最近、中国に赴任する人が身の回りにも

mixiに登録したら中国から?
え! 元道場の門下生、それにジムの武道メーカーも
中国に7千坪の工場を出して、その責任者も後輩でした

訪問ありがとうございます

Macです。ご無沙汰しています。
みんなの知への訪問ありがとうございます。

中国の値引き参考になりました。ネゴが上手くなりそうですね。
私も海外に行った時には積極的に値引き交渉しています。東南アジアでは値札通りでも結構安いのですが、どうしても交渉してしまいますね。
記事にありましたように、日本に広める、紹介する・・
などは効果的かもしれませんね。
そしてあくまでも有効的な姿勢が大切であることを確認しました。

またお邪魔します。

こんばんは!
なるほど・・・
中国式の値切り術。すごく勉強になります♪

郷に入れば郷に従えですね。
中国に行ったときにはぜひ参考にさせていただきますね♪

応援ぽちっと!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは。

インテリジェントパークさんのホームページ、拝読いたしました。
漠然とした「経営コンサルタント」のイメージが形になってきて、大変興味深く読みました。

では、また。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://intpark.blog116.fc2.com/tb.php/164-7aaa435b

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。