経営戦略、IT戦略、Web戦略、人材育成、内部統制整備のご支援を生業としています

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

荒添美穂

Author:荒添美穂


☆公認システム監査人
☆システム監査技術者
☆ITCインストラクター
☆総務省電子政府推進委員
☆中小機構CIO育成チーフアドバイザー
・・・ 他

大学での講義や年間80件以上のセミナーを開催。
アイディア勝負のブルーオーシャン戦略支援を得意とする、中小企業の経営コンサル業を営み25年。
ネット活用の売上拡大支援では90%以上を売上3倍以上を、SEO対策は100%の成果を実現している。
創業支援から経営コンサルの育成・教育まで、「ありがとう」と言われるコンサルティングを身上とする。
※ 中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、各所の中小企業支援センター、みらさぽ等の専門家派遣可


来て頂いて感謝♪


お世話になります!


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
友人のとまとさんのブログ吉野家の輸入牛肉に危険部位混入を、吉野家が発見』についてのコメントがあがっていました。
遅ればせながら、この件について、ひとこと。

ニュースの内容は、皆さんご存知のとおり、
農林水産省は23日、米国から輸入された牛肉に、牛海綿状脳症(BSE)の原因となる異常プリオンがたまりやすい特定危険部位の脊柱が混入していたことを明らかにした。牛肉はカリフォルニア州のナショナルビーフ社カリフォルニア工場から出荷されていた。米国産牛肉は、特定危険部位を除いて輸入されることになっていることから、同省などは同工場からの輸入手続きを停止した。
というもの。

このニュースについては、ふたつの視点から、お話をしたいと思います。

ひとつは、吉野家あっぱれ!事業継続リスク対策をちゃんとやってたんですね~♪の視点です。
アメリカでも、日本でも、検査機関が検査をしているのですが、そこは、抜き取り(荷物のうち1個だけとか)検査なので、今回のような、一箱だけに混入なんてのは、すり抜けてしまうわけです。
一般的には、買ってもらう方のアメリカが、全数検査(全頭検査を含む)をするべき!なんて希望的思いもありますが、それをされたとしても、輸入を受ける企業としては、自分の事業を守るために、検査はしておくべき・・ということですね。

でも、これは簡単なことではありません。まず、企業としては、検査のための経費がかかります。人件費も含めて・・
コストダウンと売上拡大とでの利益向上は、全企業の命題です。
ただ、これに、事件事故災害などの災難への対応(防止、発見、対策)をどこまでやるか・・・は、発生時の被害と確率をよく考えて、判断する必要があるのです。
食や健康にナーバスになっている現状では、この発生時の影響が非常に大きいために、かなりの負担を負っても、対応(防止、発見、対策)体制をつくっておくべき!

とうことで、吉野家さんに、拍手♪


もうひとつは、吉野家経由以外には、危険部位は混入してなかったんでしょうか??って視点です。
輸入元の『危険部位ったって、日本だけが禁止しているだけで、他だと問題にならないんだよ~、だから安全』って見解に沿うと、もしかしたら、他ではそのまま流通した可能性もありますよね。

実際、一部スーパーは、米国産牛肉を撤去しました。以前の騒ぎの影響で、米国産牛肉を扱うスーパーが少なくなっていたために、大混乱はありませんでした。問題になりそうなところの品物は扱わないという対策も有効だったということでしょう。こちらは、そう、経費のかからない対策です。


さて!
今は、JSOX法金融商品取引法)に従わないといけなくなった初年度です。
金融というネーミングと、上場企業対象ということで、中小零細企業さんには、興味をお持ちの方が少ないようですが・・・上場企業さんは、問題になりそうなところとは取引しない的な、経費のかからない対策をとるところが、これから、増えるンじゃないかなあと、思っております。

買ってもらう方の体制としては、『うちから買わないと、足りないでしょう?困るでしょう?うちでもそこそこチェックしてるし、これから気をつけるから、ちょっと出荷商品ミスったくらいで、あんまり騒がないでよ~・・被害はないんだから』なんて、アメリカ的な態度だと、先行き大きく不安!!ということを、ちょっと考えて頂けると、幸いです。


★ブログランキングに参加しています
arigato01.gif応援クリック、ポチッとお願いいたします♪
FC2ランキング★→f_01.gif
ブログ村ランキング★→にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログランキング★→banner_02.gif

コメント

初めまして、もっちーと申します。

面白いブログですね!
コメント残させて頂きました。

これからも頑張って下さい。

輸入牛肉・・・

中国ギョーザの一件と比べると
報道のされかたがひかえめに感じます。

「相手がアメリカだからかな~?」

なんて、思ってしまいました。

応援です

700箱のうちの1箱ぐらいどーってことないみたいな言い方されてしまうとホントに心配になりますよね。応援ポチッ

荒添さん、こんにちは!

うむーーーーー
企業としてリスクヘッジは必須の時代ですよね!

危機対策はコストもかかるし、
万が一の保険みたいなものなのですが、
今は不祥事を起こしたら会社の存続自体が
危うい時代です。

必要なものを割り切り、
お客様に安全だと胸を張って言えるためにも
やるべきなのかもしれませんね…。

JSOX法も今度はどうなるか、
注目ですね♪

応援ぽちっと!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

取り上げていただいてありがとうございます。

確かに、吉野家はアッパレでしたね

有名ブロガーさ~ン 是非ご利用下さい”ケータイミニブログDenden全無料使い放題!!”

人気のブロガーさんにお願いしますDenden(http://www.den2.biz/)は完全無料、空メールで幾つでも 即発行のURLにメール送信であっという間にサイト完成 動画/画像/音声/デコメ投稿機能/友達登録機能(相互ブックマーク)/シークレット機能等々..驚きの高機能満載でオリジナルサイト完成 勿論オリジナルデザイン機能満載 全て無料です。

最近、ふと思うのが、
世の中どんどん前にもまして、
『管理社会』に逆戻りしていないかということです。
食の安全も、結局検査が足らないから、
もっと管理していかなければならないとか、
いかに輸入品を輸入段階で、また出荷品を売り出す前に、『管理するか』に問題が集約されそうです。

昔の商店街なんかは、買い手も売り手も目に見えるから、食の安全=売り手に信頼が置けるか?
という問題だったと思いますが、
現在はそんな牧歌的な食の安全は望めないということですかね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://intpark.blog116.fc2.com/tb.php/161-a600e4ec

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。