経営戦略、IT戦略、Web戦略、人材育成、内部統制整備のご支援を生業としています

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

荒添美穂

Author:荒添美穂


☆公認システム監査人
☆システム監査技術者
☆ITCインストラクター
☆総務省電子政府推進委員
☆中小機構CIO育成チーフアドバイザー
・・・ 他

大学での講義や年間80件以上のセミナーを開催。
アイディア勝負のブルーオーシャン戦略支援を得意とする、中小企業の経営コンサル業を営み25年。
ネット活用の売上拡大支援では90%以上を売上3倍以上を、SEO対策は100%の成果を実現している。
創業支援から経営コンサルの育成・教育まで、「ありがとう」と言われるコンサルティングを身上とする。
※ 中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、各所の中小企業支援センター、みらさぽ等の専門家派遣可


来て頂いて感謝♪


お世話になります!


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
M&Aっていう言葉、ほりえもん騒ぎのときに、一般社会にもかなり浸透しましたよね!テレビ報道だけでなく、『ホリエモン監修★レア商品★タカラ 人生ゲームM&A』なんてゲームまで登場しましたから、お子さんでも知っているのかしら。

M&A(Mergers and Acquisitions)とは、企業の合併・買収のことだってことは、皆さんご存知とは思いますが、この狩猟民族的な事業展開は、もともと農耕民族的日本には、あまり一般的ではなかったように思います。

ですが、特にこの10年で、地道な努力を必要としないM&Aという手法で、競争力を強化したり、多角展開を実現したりという事例が急増した気がしたします。

何か新しいことをしたいとき、競争相手に勝ちたいとき、他の企業を手にいれて、即実現!ってやり方です。また、NOVAのように経営が不振な企業の救済的措置として、事業継続を目的として買い取られる場合もあります。

どちらにしても、商品サービスづくりと広報浸透を 一からはする必要なく、ある程度のお客様もスタッフも確保された状態から事業を始めることができることがメリットです。

他の企業を手に入れる手段としては、吸収合併や、ほりえもんで有名になった買収先企業の株式を買収して子会社化する手段があるのと、OEMなどいろんな形態がございます。


M&Aの事業展開をされているところで、私が、ここ数年、気になっていたのは、キリンリクルート

以前、ビールの争いの記事で、キリンとアサヒのことを書きましたが、実は、キリンビールのキリンホールディングスは、ビールでの戦いと並行して、積極的なM&Aを行ってきました。おかげで、財政状態は大赤字ですけど・・・こういう赤字は、赤字だからと言って、株価が下がるってものでもないようです。

キリン買収したのは、医薬品製造の協和発酵工業。
 ・キリンがまず、協和発酵に対して株式公開買い付け(TOB)
 ・キリンの子会社を株式交換で協和発酵が完全子会社化
 (4月2日のキリンファーマ(キリンホールディングスの医薬品製造子会社)のホームページにも組織再編成について告知されました)
 ・協和発酵がキリンファーマを10月に吸収合併
大きさの違うバケツによる水の量を測るって、知能検査のような、手順をふんで、最終的には、キリンホールディングスは協和発酵株の50.1%を保有する親会社となるわけです。

3リットル、5リットル、7リットル入る3つのバケツがあります。この3のバケツを使って、6リットルの水を確保してください・・なんて問題、ありましたよね~!

目的は、お互いがお得意の抗体医薬技術を組み合わせることで、新薬開発をしようとしているのですが・・・政府が進める薬剤費抑制策で、新薬開発が難しくなることへの対抗策で、規模拡大と業務効率化を実現するってものです。
風邪がイッパツで治るとか、エイズが完治するとか、他の難病に光明がさせば、歓迎ですよね♪

このほかにも、キリンは、オーストラリアでも、乳業・食品に関して、また、メルシャンなども、M&Aによる競争力強化の対象としています。

ビールや発泡酒、チューハイのキリンに、ワインやチューハイのメルシャンが加わると、最強の酒類グループとなるわけでございます。


長くなりましたので、リクルートについては、簡単に・・・
赤字を、子会社を売ることで解消したリクルートは、『お~じんじ』のスタッフサービス・ホールディングスやジョブダイレクトなど、がんがん買収による、業界唯一化を進んでいます。


さてさて、私がご支援する、中堅中小零細企業さんは、こういう資金力のある大手相手に、生き残るのは、本当に大変です。

アイディア勝負のブルーオーシャン的発想が、ますます重要になるってことですよね~~♪
皆様、脳みそ鍛えて、頑張りましょう~~!!!



PS.私信:お父さん、ブログ更新が滞りましたが、何も困っていることはないので、心配しないで大丈夫です。

 (ブログも更新されていないが、何かあったのか・・との電話がございまして、このブログは、私の無事確認の手段にもなっているようでございます・・感謝感謝で頑張ります)

★ブログランキングに参加しています
arigato01.gifお役にたてたら幸いです。応援クリックもポチッとお願いいたします♪
FC2ランキング★→f_01.gif
ブログ村ランキング★→にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログランキング★→banner_02.gif

コメント

荒添さん、おはようございます!

M&Aが本当に増えてきましたね…。
ワタシはこのタイプのやり方があまりすきではないのですが、
時間をかけずにサービスを増強したい場合とかには
有効かも知れませんね…。

資本力がないところは
本当にアイディア+実行力が生き残るカギですね!

それにしてもすごくやさしい
お父様ですね!

すごく心が温まりました!

応援ぽちっと!

農耕民族の日本人には、『スピードが必要とされるような経営は向かない』なんて言ってられないですね。
今、こうしてコメントを書いている間にも、M&Aの話が進んでいたりするかもしれないですね。

上場企業の某百貨店の株主総会では、個人の株主様が社長相手に言いたい放題。あんなのを見ると、上場なんて絶対にしたくない!と思います。

かといって、社長で無くともオーナーであれば、銀行に一筆入れる訳で、死ぬまで枕を高くして眠れない・・・。 

なかなかのジレンマです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://intpark.blog116.fc2.com/tb.php/157-233cd909

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。