経営戦略、IT戦略、Web戦略、人材育成、内部統制整備のご支援を生業としています

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

荒添美穂

Author:荒添美穂


☆公認システム監査人
☆システム監査技術者
☆ITCインストラクター
☆総務省電子政府推進委員
☆中小機構CIO育成チーフアドバイザー
・・・ 他

大学での講義や年間80件以上のセミナーを開催。
アイディア勝負のブルーオーシャン戦略支援を得意とする、中小企業の経営コンサル業を営み25年。
ネット活用の売上拡大支援では90%以上を売上3倍以上を、SEO対策は100%の成果を実現している。
創業支援から経営コンサルの育成・教育まで、「ありがとう」と言われるコンサルティングを身上とする。
※ 中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、各所の中小企業支援センター、みらさぽ等の専門家派遣可


来て頂いて感謝♪


お世話になります!


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現在、ご支援先で、ブルーオーシャンプロジェクトを展開されておられる企業さんがおられます。
内容については、またいつか、ご紹介させて頂くこともあるかと思いますが、さきほど、電話でこの件の打合せをさせてただきながら、ふと、思い出したブルーオーシャン戦略のお話をさせて頂きますね♪

実は、赤と青のコラボレーションという記事を書いたときに、事例として、任天堂Wiiに触れようと思いながら、記事があまりに長くなるために、書くのをやめたという経緯がございます。よろしければ、過去記事と合わせてご覧頂くと、より良くご理解いただけるかなあと思います。


任天堂というと、ゲームボーイが、私の祖母のお気に入りで、100歳を超えてなお、ひ孫が飽きて使わなくなったゲームボーイに興じていたのを思い出します。DSは、娘が受験勉強に使っていましたし、両親も頭の体操にハマっていました。

この任天堂ブルーオーシャン戦略として登場した商品がWiiで、ご存知のとおり、大人気商品となっています。

NBonline(日経ビジネス)によると、
Wiiは、3週間前に発売されたソニーのプレイステーション3や1年前に発売されたマイクロソフト(XBOX 360)の累計販売台数も軽々と抜き去り、両者にダブルスコア以上の差をつけることに成功。昨今のゲームビジネスではめったに見られない完勝劇を演じてみせました。
とのこと。

プレイステーションなどは、常識的?にゲームが好きな方がターゲットでしたが、DSWiiは、ゲーム以外のユーザーを作り出しました。
そして、3週間前に発売されたプレイステーション3はもちろん、およそ1年前に発売されているXbox 360に比べ、完勝の販売数を記録しているのです。

まあ、追加で買わないといけないコントローラーやなんかで、かなり高額なものになってしまうという不満も聞こえますが、そう言いつつ、皆さん買ってしまっている・・・すごい戦略です!

新市場・新顧客創造の鏡、ブルーオーシャンのお手本のような事例です。

DSで得た新ニーズ創造の芽を見事に開花させた、任天堂Wiiのキーワードは、『家族』との見方もあります。Wiiは、マシン購入時に一緒に買うソフトが、複数であったことも特徴なのだそうです。ゲーム機をシェアして、家族で複数のソフトを購入したためではないか、という分析です。

家族団らんの最も密な『お正月』に、これまでゲームに疎遠であった世代にまで興味を持たせて、一気に広がったDSの延長線上にWiiを位置づけるこの分析は、おそらく正しいであろうと、思われます。

少なくとも、異なるニーズをこれ一台で賄えるものであったことは確かですよね♪

新市場・新顧客創造ブルーオーシャンの姿勢に拍手を送るとともに、これからの事業展開ご支援の指針としていきたいなあと、気持ちを新たに取り組む思いを強くいたしました。

★ブログランキングに参加しています
arigato01.gifお役にたてたら幸いです。応援クリックもポチッとお願いいたします♪
FC2ランキング★→f_01.gif
ブログ村ランキング★→にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログランキング★→banner_02.gif


コメント

私もDSとWiiの両方を持っています。
やはり、価格がPSPやプレステ3に比べて安いというのがまず大きいと想います。後者のソニー商品は価格が高すぎます。ゲームというより家電に近い印象があります。そして、プレステ3を値下げしましたが、前のプレステ2のソフトが遊べなかったりと買う気になりません。もう少し、待っていれば更に安くなるんじゃないかと買わずにいます。それに、プレステ2の時などは、ハードそのものの製品番号によって、遊べないソフトも出るなど、同じハードなのに遊べないソフトがあるという現象がありました。お店の人に聞いたら、『古いプレステ2と新しいプレステ2は別商品と考えてください。』と言われたことがあります。だから、個人的にはソニーの商品は直ぐには買いません。という気持ちになりました。それに比べて、任天堂は凄いですよね。すみません。長くなりましたので、この辺で失礼します。

画質や

リアリティという技術を追及してPS3で惨敗したSONYと、ゲームをするおもしろさ、遊びの面白さという、顧客のニーズの本質の部分を見つめ直した任天堂は、大きな差が付きましたよね。

開発者基点ではなく、顧客基点で商品開発をした任天堂が、新市場というか本来の顧客を取り込んだというところではないでしょうか。

応援クリック、ぽちっ!

初めまして!
ランキングより訪問させて頂きました。

Wiiは家族や友達とわきあいあいと
カラダをつかったりして
遊べるのがすごくいいですね!

プレステ3やXboxにはない発想ですよね♪

子を持つ親としては、
Wiiなら友達と遊んでもいいかなぁ…と
おもい購入してしまいました…

いまでは妻の方が夢中になっていますが(笑)

これからも遊びに来ますので
ぜひとも宜しくお願いいたします!

応援ぽちっと!

Wii面白いのですが、めんどくさがりやで運動が苦手なわたしは、結局、あまりやっていません。というよりゲーム自体をあまりやらないです。でも、今度、運動としてWiiをやってみようかなって思っています。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://intpark.blog116.fc2.com/tb.php/153-ebf1bbe5

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。