経営戦略、IT戦略、Web戦略、人材育成、内部統制整備のご支援を生業としています

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

荒添美穂

Author:荒添美穂


☆公認システム監査人
☆システム監査技術者
☆ITCインストラクター
☆総務省電子政府推進委員
☆中小機構CIO育成チーフアドバイザー
・・・ 他

大学での講義や年間80件以上のセミナーを開催。
アイディア勝負のブルーオーシャン戦略支援を得意とする、中小企業の経営コンサル業を営み25年。
ネット活用の売上拡大支援では90%以上を売上3倍以上を、SEO対策は100%の成果を実現している。
創業支援から経営コンサルの育成・教育まで、「ありがとう」と言われるコンサルティングを身上とする。
※ 中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、各所の中小企業支援センター、みらさぽ等の専門家派遣可


来て頂いて感謝♪


お世話になります!


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『経営やビジネスの戦略の場で、マーケティングというとき、どんな成果を求めているの?』と、友人から聞かれました。
マーケティングってよく聞くけど、”売れるかどうか、どのくらい売れるかを調査すること”なのか、”売れるように知らせる手段を考えること”なのか、よくわからないとのこと。


全米マーケティング協会は、2004年、マーケティングの定義を改訂しました。
マーケティングとは、「顧客の価値を創造し、価値を伝達し、価値を引き渡すことを目的として、組織とそのステークホルダー(顧客,株主,債権者,従業員,経営者,取引先,行政機関)に利・満足を提供しつつ、顧客関係を確立するための、組織機能であり、一連の過程である。」
※ステークホルダー=利害関係者については、こちらの過去記事をお読みください。

また、日本のでマーケティングに関する研究機関(通称JMA)でも、大筋では同じようになっています。商取引の公正な競争をうたっているところが、競争が公平でないことが多くあり得る日本の色でしょうか。

あ、ただ、人によって、解釈や定義、言い方は少しずつ違っていますので、上記も下記も、あくまでも私の私見ですけど・・・簡単に言うと、以下の1~4ができるような、組織や仕組みを作ることが、マーケティングって思ったらよいでしょう。
1.お客様が欲しいと思う状態を作る
  (商品やサービスの創造)
2.”ここにあなたの欲しい商品がありますよ”と伝える
3.お客様が喜ぶ商品やサービスを届ける
4.結果、まわりのみんなに益と満足を残す



ですから、顧客の調査・分析、商品開発、広告宣伝と広報、営業、流通、販促活動は、みんなマーケティング活動です。広報や広告宣伝、販売促進の動きだけがマーケティングではありません。

そして、顧客の調査・分析、商品開発・設計段階では、顧客が今持っているニーズを提供するだけではなくて、新しいニーズを提供することが、ブルーオーシャン戦略の早道です。
ブルーオーシャン戦略については、こちらの過去記事をお読みください。

効果的な広告宣伝方法は、ターゲットによって異なりますし、その手段もどんどん変化します。
一旦勝ち取った市場だって、いつまでも安泰ではないのが、生活様式の変化が早く大きい日本でのビジネスです。

継続的に、『今後、どう変えるか』を考えることが、重要で、『昨日と同じ今日の私』を繰り返すと、事業は衰退することをこころに刻んでおいて頂きたいと思います。


でも、頭ではわかっても、じゃあ、具体的には、何をどうすればいいの?ってところや、どう状況をヨンで判断するかは、なかなかに難しいですから、ここのところをご支援するのが、私の仕事になるわけです。

これまでの過去記事に書いた、戦略思考のためのツールや方法は、ほぼ全てが、この活動を支援するものと言っても良いかも知れません。


長くなりますので、今日はこのへんで・・・・
ここのところをもっと詳しく!なんてご要望があれば、おっしゃってくださいね。

★ブログランキングに参加しています
arigato01.gifよろしければ、応援クリックお願いします♪
FC2ランキング★→f_01.gif
ブログ村ランキング★→にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログランキング★→banner_02.gif

コメント

ご無沙汰しております

荒添様

ご無沙汰しております。
お忙しいご様子で何よりです。

世間の会社ではマーケティングを勘違いされていらっしやるケースが多々ありますよね。
企業は「マネーメーキングマシーン」ではなく、結果として利益が出ると考えなければいけないと考えています。(私がいつもこのようなことを話しますと「青い」と言われますが・・)
あくまで目的は顧客の便益の追及であり顧客価値創造と考えています。

勝手なことをついつい書いてしましました・・・

失礼しました。

また私のブログにもお立ち寄りください。

Mac

はじめまして

はじめてコメントさせていただきます、たきもとと申します。
どなたかのブログ(大変失礼ながら、失念いたしました)のリンクをたどり、おじゃまいたしました。

ボクは、マーケティングについてズブの素人なのですが、何かで読みかじった本でかすかに記憶に残っている言葉として、「マーケティングはみんなをハッピーにする仕組み」だというのがあります。
うろ覚えなのですが・・・どうでしょう。

あと、マーケティングの考え方で「4つのP」というのがあったような気がするのですが・・・

初めてのコメントで、図々しくも色々と書いてしまいました。恐縮です。

また、伺います。宜しくお願いいたします。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://intpark.blog116.fc2.com/tb.php/145-8cb8a837

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。