経営戦略、IT戦略、Web戦略、人材育成、内部統制整備のご支援を生業としています

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

荒添美穂

Author:荒添美穂


☆公認システム監査人
☆システム監査技術者
☆ITCインストラクター
☆総務省電子政府推進委員
☆中小機構CIO育成チーフアドバイザー
・・・ 他

大学での講義や年間80件以上のセミナーを開催。
アイディア勝負のブルーオーシャン戦略支援を得意とする、中小企業の経営コンサル業を営み25年。
ネット活用の売上拡大支援では90%以上を売上3倍以上を、SEO対策は100%の成果を実現している。
創業支援から経営コンサルの育成・教育まで、「ありがとう」と言われるコンサルティングを身上とする。
※ 中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、各所の中小企業支援センター、みらさぽ等の専門家派遣可


来て頂いて感謝♪


お世話になります!


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クロスメディアマーケティングって言葉をお聞きになったことがおありでしょうか?初耳でも、なんとなくの意味合いは、想像できる言葉かもしれませんね。

クロスメディアマーケティングとは、いろんなメディアでの広告宣伝や告知手段を組み合わせることで、相乗効果を生み出そうというものです。
相乗効果というからには、各告知効果を1としたとき、1+1+1が3ではなくて、5や10の効果とできるようにしなくてはいけません。もちろん、効果に対する広告経費は、節減できることにもなります。

このとき、戦略的思考と行動が、かぎを握ります。早い話、戦略とは、頭とこころを砕いて、資金投下を小さく、大きな効果をあげましょうってこと


この10年で、特に情報取得手段において、人々の生活は、大きく変わりました。多様なメディアや、方法を利用して、情報を仕入れるようになりましたよね。

Webや携帯、モバイル、フリーペーパーなどの普及浸透で、従来のマス4媒体(TV、ラジオ、雑誌、新聞)だけでは、捕らえきれないターゲットが多く存在するようにもなりましたし、これらのメディアを組み合わせて利用しているひとがほとんどです。

ですから、ひとつのメディアだけでなく、他のメディアとも“クロスオーバー”して展開するマーケティングでなければ、いけなくなってきたわけです。

そもそも、マーケティングには、たくさんの横文字がくっついた言葉があるので、専門でも、横文字恐怖症の私は、やだ~!!な感じなので、言葉の暗記はさておいて、言っている中身だけは、しっかり体内に落としておく努力をしています。

one to oneマーケティング、ダイレクトマーケティング、テレマーケティング、オンラインマーケティング 、サービス・マーケティング(インターナルマーケティング、エクスターナルマーケティング、インタラクティブマーケティング)、エリアマーケティング、GISマーケティング・・・やってられません・・・

でも中核の部分はどれも、ターゲットへ有効に効果的にリーチする手段を考えるってことなのだと、気楽に細心に戦略をたててくださいませ♪


以前は、「良い商品を作れば売れるんだ」、「消費者が要望するものを作れば売れるだろう」というやり方をしていましたが、現在では「顧客が満足してくれれることが第一」で、新しいニーズを生み出して、新しい満足を提供する方式が主流です。
このためには、ターゲットに適したメディアで、適した情報を配信することが重要なのでございます。

ターゲットへのアクセスも、テレビでがんがん流すなんて王道?も、もちろんありですけど、ターゲットの生活様式にあわせての複合メディアによるリーチを考えなければ、お金がいくらあっても足りませんから!

また、ターゲットへの多様なリーチのためには、クロスオーバーな販売組織を持つことも有効です。

マーケティング用語の中に、『マトリックス組織』というものがあります。
私は、『マトリックス』という映画のキアヌリーブスが大好きで、主人公が、死から復活する瞬間を何度もリプレイして見ていたものですから、この言葉だけは、しゃっきり一度で記憶しました♪♪

マトリックス組織の意味は広くて、縦割り組織をやめて、クロスオーバーな柔軟な複合的組織にしましょうってことなので、
・”A事業部の経理”のひとは、”経理”という軸で他事業部にもかかわるとか、
・”製造工程”を縦割りにしないで、クロスオーバーした流れ一環で捕らえるとかいう意味もあるのですが、
マーケティングでは、特にこの仕組みが重要になります。

広告広報担当、営業担当、商品企画開発担当、販売員なんて、分割した組織では、クロスオーバーなマーケティングは、実現しないですもの!

広い視野で、社会と市場とターゲットとお客様と自社の能力を複合的に『見る』ことが必要なんです!!最近では、大学でも、学科や学部を限定しない、クロスオーバー教育が増えてきています。
教育にも、単視野に深く掘り下げる学問と、実務的に広視野からの考察を求めるクロスオーバーな分野とが出てきたってことなのでしょうね。

もし、ご希望があれば、またの機会に、事例などのご紹介もと考えていますので、コメントをいただけたら幸いです。

★ブログランキングに参加しています
arigato01.gifよろしければ、応援クリックお願いします♪
FC2ランキング★→f_01.gif
ブログ村ランキング★→にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログランキング★→banner_02.gif

コメント

はじめまして^^こんにちは。
来年の起業を目指すビジネスパーソンです。

FC2ブログランキングから参りました。
荒添さんのブログも1位のスクリーンショットが真っ白で残念ですね。
私のブログも実はそうなんです^^;
うちのは真っ白ではなく真っ黒なんですが 笑

私が母子家庭で育ちましたので、母子家庭でがんばってる・・・的な言葉にはついつい目を止めてしまいます。

でも、それがキッカケで勉強になるブログに出会えてうれしく思っています。

勝手ながらリンク張らせていただきました。
ご迷惑なら叱ってください 笑
できれば相互もお願いできませんでしょうか?

今後ともご指導いただければ幸いです♪
よろしくお願いいたします。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://intpark.blog116.fc2.com/tb.php/142-cfbeb5ca

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。