経営戦略、IT戦略、Web戦略、人材育成、内部統制整備のご支援を生業としています

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

荒添美穂

Author:荒添美穂


☆公認システム監査人
☆システム監査技術者
☆ITCインストラクター
☆総務省電子政府推進委員
☆中小機構CIO育成チーフアドバイザー
・・・ 他

大学での講義や年間80件以上のセミナーを開催。
アイディア勝負のブルーオーシャン戦略支援を得意とする、中小企業の経営コンサル業を営み25年。
ネット活用の売上拡大支援では90%以上を売上3倍以上を、SEO対策は100%の成果を実現している。
創業支援から経営コンサルの育成・教育まで、「ありがとう」と言われるコンサルティングを身上とする。
※ 中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、各所の中小企業支援センター、みらさぽ等の専門家派遣可


来て頂いて感謝♪


お世話になります!


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログをはじめて、新しい人間関係を頂けたと同じくらいに、既知の方からも、メールや電話で、ブログの内容についての問いかけを頂くこともあり、感謝感謝でございます。

さて、新年の目標として、昨夜掲げた、『柔軟性』の意味について、知り合いから、ご質問を受けました。
その、ご質問の内容とは・・・
柔軟性プレゼンス存在感)とは、実務的には、相反するように思えて、どう折り合いを付けたらよいか』というものです。

昨夜の記事の柔軟性とは、相手を理解し、いったん受け入れることのできる幅を広げるという意味でした。
これは、もちろん、相手の言うなりになるということではありません。

そして、プレゼンス存在感)は、相手に押し付けたり、相手をねじ伏せるものではありません。

プレゼンスとは、「今、ここ、現在、在り方、存在、存在感…」といった意味ですが、私の研修などではこれまで、プレゼンスという言葉を『存在感』として取り扱ってきました。

プレゼンス存在感)を意識して行動すると、
 ・ 相手に何を伝えたいのか
 ・ どうすれば、効果的に伝えられるか
を考え、相手の感情を理解しようと務めるという作業をしますから、それだけで、コミュニケーションスキルの向上を促すことになるようです。

では、プレゼンス存在感)に重要なポイントとは、何でしょうか?
服装、表情、言葉使い、話し方、身振り、話の内容、資料など、いろいろありますよね。
 ・ このひとはこんな人なんだろうなあという、人物的印象=内面力
 ・ 仕事ができそうだなあという、能力的印象=外見力
による総合的評価を受け、相手の中での自分のプレゼンス(存在感)が決定されるわけです。

ここで気をつけなければならないのは、
 ・ 初見のファーストインプレッション(第一印象)
 ・ その後のセカンドインプレッション(第二印象)
 ・ そして、長いお付き合いにおける人物評価
によって、相手の目(感情)は、違ったものになるということです。

ファーストインプレッション(第一印象)で、初対面の相手に、どんな『印象・存在感』を与えて、覚えていただくかは、その後の関係に大きな影響を与えることは間違いありません。
特にビジネスにおいては、ここで失敗すると、致命傷になることも多いでしょう。
このときの注意点は、王道の信頼感を得られるような内面と外見を心がけるということだそうです。
できるビジネスマン&高い専門性&しっかりした信頼できる性格といった、イメージです。

比べて、セカンドインプレッション(第二印象)で有効なのは、意外性だと言われています。
真面目一方の、できる人間と思っていたら、おちゃめな一面も・・・なんてのもあり。
意外と気さくなひとなんだわ・・なんてのも有効らしいですよ。
要するに、親近感と親密性を得るということなのだと思います。


もちろん、人物を評価するということは、人間が人間を評価することですから、こうすればいつも誰に対してもOK!なんて、常套手段はございません。人間には、基本的人格による好みや、それまでの人生経験に大きく左右される、好き嫌いの感情がありますから、評価は、絶対的なものではなくて、相対的なものになってしまいます。

また、どんなに、取り繕っても、いつまでもは欺けませんから、やはり最重要なのは、価値ある本質があることであることは、間違いございません。

ただ、そのことをいかに理解して頂くか・・・このことへの工夫として、
 ・ 相手のことを理解し
 ・ 自分のプレゼンス(存在感)を意識して
接するということなのだと信じております。


ですから、冒頭にあげました、柔軟性とプレゼンス(存在感)は、相反するものではないというのが、私の結論です。
いわば、柔軟性は、プレゼンスの前提なのでございます♪

さらに、間違いを正したり、より良いものを受け入れるためにも、
相手の求め(ニーズ)を正確に把握するためにも、
ビジネスを円滑に進めるためにも、
柔軟性と傾聴が、不可欠だと考えます。


この能力を高めることが、私的な今年の重点目標なのでございます♪


★ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いしま~す♪
FC2マーケティング
クリックよろしく♪→
a_03.gif
ブログ村コンサルランキング
クリックよろしく♪→
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログランキング
クリックよろしく♪→

banner_02.gif

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://intpark.blog116.fc2.com/tb.php/105-e89ae5a7

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。