経営戦略、IT戦略、Web戦略、人材育成、内部統制整備のご支援を生業としています

カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

荒添美穂

Author:荒添美穂


☆公認システム監査人
☆システム監査技術者
☆ITCインストラクター
☆総務省電子政府推進委員
☆中小機構CIO育成チーフアドバイザー
・・・ 他

大学での講義や年間80件以上のセミナーを開催。
アイディア勝負のブルーオーシャン戦略支援を得意とする、中小企業の経営コンサル業を営み25年。
ネット活用の売上拡大支援では90%以上を売上3倍以上を、SEO対策は100%の成果を実現している。
創業支援から経営コンサルの育成・教育まで、「ありがとう」と言われるコンサルティングを身上とする。
※ 中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、各所の中小企業支援センター、みらさぽ等の専門家派遣可


来て頂いて感謝♪


お世話になります!


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は、知的資産経営の実践を後編として記載したいと思います。

前編となる知的資産経営のススメはこちら



自社の見えない(無形の)資産とは、
・人脈 ・経験 ・チームワークの良さ
・人柄 ・技術 ・ノウハウ、アイディア
・知的財産(特許やブランドなど)
などのことと指すことは、前編でもお伝えしましたが、

実践編では、
1.何のための知的資産経営
  ~何のために、どのように使うか
2.どのような作業をするか
  ~そのために何を行い、何を作るか
を考えたいと思います。



まずは、1.何のための知的資産経営かについてです。
バランスシートに表すことのできない見えない資産は、
他社が真似をしにくい強みでありますから、
社の「内」「外」に、きちんと発信することで、会社の信用向上の一翼を 担ってくれるでしょう。


社内で共有するメリットは、
「守るべき、活かすべきもの」と「変革すべきもの」の
◆ 後継者への伝達
◆ 全従業者への伝達
です。

ともすれば、解釈違いや理解不足を招きがちな経営理念を補強し、
組織のベクトル統一を果たしてくれるものとなるでしょう。

現状良くても、人的資産に頼った結果であれば、
組織的構造資産とできない限り、
崩壊が近いことを明確に認識できますので、
改善&補強を急ぐべき部分が、周知認識することができますし、

絶対に守るべき、見えない資産を認識することもできるでしょう。

事業、業務の全ての判断の軸となるものとして、知的資産を共有認識することが、 知的資産経営の大きな意義なのでございます。


社外へ発信するメリットは、
コラボ(協力や仕入取引、資金提供を期待する金融機関を含む)先や、
就職希望者、販売を期待する見込みを含む顧客へ向けて、
◆ 決算書には伝えきれない強みの伝達
◆ 思いを共有する相手の選定
などへの有効性です。

小手先の営業トークではない、
本質的繋がりを求めるのであれば、この取組みは、大きな効果をもたらすことでしょう。



次に、そのためには、
2.どのような作業をするかかについて考えてみましょう。
もちろん、通常どおりの
 内部環境、外部環境の強み弱みを整理(SWOT)
 想定する事業の強さを5Fなどで判定
 思いの強さや、市場の大きさ、ニーズの強さなどを鑑み
 事業展開計画を策定 といった取組みを行うことは必須です。

ただ、
これまで、その企業が生き残ってくることができた理由の中の
見えない資産(知的資産)の側面に視点をあて、

今後、それをどのように活かす&強化改善するかを付加してみましょう!!

 【人的資産
   特定の誰かがいなくなればなくなる価値
 【構造資産
   ブランド力や教育システムなど組織的価値
 【関係資産
   協力者、顧客や金融機関、地域的な特別なサポート
 【その他】
   優位性のある設備や特許などの価値

の視点を加えた、事業計画をつくるのです。


もっと詳しい作り方やマニュアルを見たい方、
具体的に指導を受けたい方、
このブログ記事では、よくわからんから、誰か説明に来い!
って方がおられましたら、

各地区にあります、中小企業基盤整備機構
もっと密着した地域にあります、中小企業支援のセンターや商工会議所
専門家の助言や派遣をサポートする、みらサポ(未来へのサポート)の仕組み
などをご利用頂きますと、
助成つきの専門家が飛んで参る事でございましょう。


ご興味がおありの方は、
お気軽にお問合わせくださいませね!




※ 知的資産経営については、各地方の支援センターや商工会議所でも支援が行われております

当ブログ記事に関し、
ご質問やお問合わせがございましたら、下記までお気軽にどうぞ!
 有限会社 インテリジェントパーク
 代表取締役 荒添 美穂 info@int-park.jp
スポンサーサイト
後編となる知的資産経営実践編はこちら

知的資産経営と申しますと、
「特許や著作権の有効利用? うちには関係ないなあ・・」
とおっしゃる方が多いのですが、

目には見えないけれど、確かにその企業の強みである、
・人脈
・経験
・チームワークの良さ
・ノウハウ
・人柄
・アイディア
・技術
・知的財産(特許やブランドなど)

など、

バランスシート(貸借対照表)上に記載されている資産以外の
無形だけれども、他社が簡単に真似することができない資産
きちんと経営資源として捉え、評価し、活用し、定着させましょう!

といった考え方のことを知的資産経営と呼びます。


経済産業省でも、
知的資産経営を日本の企業の国際競争力強化の手段のひとつとして、 「知的資産経営ポータル」http://www.meti.go.jp/policy/intellectual_assets/ を公開し、中小企業への推進の呼び掛けを行っています。
経産省発表画像
知的財産権、知的財産、知的資産、無形資産の分類イメージ図
※ (引用)経済産業省 
※ (参考)近畿経済産業局「知的資産経営のすすめ」


コンサルタント仲間の中には、
「そんなこと、ずっと前からちゃんとやって来ている。常識だろう・・何を今さら?」と 首をかしげる方がおられるのも確かです。

たいていの場合、以前から私の尊敬する、できるコンサルの方々です。


経営という、持続する選択と集中のシーンにおいても、
見えない資産を経営資源として捉えつつ判断を行うという、この考え方も、 ひとつの無形資産であったと言えるかもしれませんね。


そして、これを明確に認識させることによって、
1.大きな強みである無形の資産に目を向けるという、経営上有意義な考え方を認識して、
2.知的資産経営と名付け、定着させることで、
より明確に有効に、見えない資産活用した経営を定着させようとしているのでしょう。


昨今急増した、M&A(企業の合併や買収)においても、
企業価値を算定する折、
設備やお金などのバランスシート(貸借対照表)上で見える資産はもちろん、 先にあげた見えない資産も大きな要素とするべきものです。


事業承継で、新社長へ会社を引き継ぐ際にも、
会社の見えない資産を明確にし
・守り抜く、または、強化すべきもの
・社長交代によって、減少や増加をする無形の資産
 (前社長の人柄や人脈など)
・刷新するもの
などを意志決定する必要があるでしょう。


ただ、
知的資産って、
日々変化するものではございません。


一度、じっくり、見えない資産の分析をされると、
知的資産経営報告書を作成し、

事業価値を高める経営レポートの骨子資料として
また、
◆知的資産経営を理解する銀行への提示資料として
大きな変化が起きるまで、お使い頂ける
でしょう。


そうそう・・・
見えない資産の中で、
特定の個人の資質や技術、人柄や人脈に依存する人的資産は、
組織としての構造資産化するための算段をする努力もお忘れなく!!!!


長くなりますので、
知的資産経営報告書の作り方は、またの機会に・・・・


後編となる知的資産経営実践編はこちら



※ 知的資産経営については、各地方の支援センターや商工会議所でも支援が行われております

当ブログ記事に関し、
ご質問やお問合わせがございましたら、下記までお気軽にどうぞ!
 有限会社 インテリジェントパーク
 代表取締役 荒添 美穂 info@int-park.jp
私は、一般的には、経営コンサルという仕事ではありますが、
経営コンサルって、何だか胡散臭い気がして、あまり好きではありません。

ですから、
創業間もないころから15年間は、中小企業のよろず相談所と名乗っていました。
それ以降の7年間は、経営のコンシェルジュとご案内しています。


私は、ご支援先の何かに対して、意志決定をする立場ではありませんが、ご支援先の意志決定に際して、
・各種情報を集め、整理し
・選択肢をあげ、
・各選択肢のメリット、デメリット、リスクとその回避手段を提示、
・適切な意志決定を支援し、

・その実現に向けての計画策定に、前記と同様の支援を行い、
・計画遂行(目標達成)への助力を行う
といったことを使命として頂く立場でございます。


そのために重要不可欠なことは、
討議・検討・決定・納得周知・実行&継続的モニタリングと改善 のプロセスです。


PDCAは大切ですが、
計画の妥当性に関するモニタリングと改善を全般に取り入れ、

ともすれば、ご支援先プロ集団が、熱意と専門性のあまりに、視野が狭くなりがちな状況を回避し、 スパイラルアップの遂行をご支援するよう心掛けています。


そして、
この全てを支えるものが、会議・討議なのでございます。


そんなワケで、私は、たくさんの会議に参加いたします。


ですが、残念ながら、
会議会議として機能している組織は、そう多くありません。
・集まるだけ
・報告だけ
・抽象的訓示だけ

そんな、決すべき項目もわからないような無駄な会議
実効性のある会議へと改善をすることは、大変に難しいことです。


中には、
会議や会合とそのための資料作りが、勤務時間のほとんどを占め、
会議参加が、お給料の対価となっているのではと懸念してしまう方も、見受けられます。


あなたの会社では、
毎週2日以上を会議のために使っている従業者(社長さんを含みます)の方が、何人おられますか?


会議は必要、重要です。


でも、ちょっと、参加者の時給×時間の合計を考えて見ましょう!

会議の費用対効果を検討してみましょう!

無駄な会議はないでしょうか?


少なくとも、
会議には、決すべき目的目標があるはずです。

テーマにあげた、会議の3悪とは、
そもそもは、ご支援先の会議室に貼ってあったものですが、

本当に共感いたしました。


そして、自分の参加する会議では、必ず、意義と意味と効果と成果を求めるようになりました。


会議の3悪とは
1. 会して議せず
2. 議して決さず
3. 決して動かず
です。
たとえば、
各地の支社から、交通費や宿泊費を使って、
高報酬の管理職を集めながら、
議論に至らないとか、

意見交換を行うだけで
「To Be Continued」「またお会いしましょう」で閉会となるとか、

決めごとはしても、
誰も何も動かず、変わらないとか

結構、日常的に見受けられませんか?


これを望んでいる方は、皆無なのに、
「会議ってこんなもん」という、諦めモードを感じることが多いのが実情です。


加えて、会議後のあとの
1. 動いて省みず
2. 省みて変えず
という、会議後の落とし穴もございますね。

『・・・ということで、目標数値は達成できておりませんが、引き続き、努力を続けます』
なんて、ありがちなフレーズが飛び交っている組織さんは、要注意です!!!

できなかったこれまでを引き続けることを承認するだけでは、会議の意味がないはずです。

◆ 計画どおりに動いてだめだったのなら、計画不適
◆ 計画どおりに動かなかったのなら、統制不備
◆ どうしたって達成できない目標なら、目標設定ミス

なぜだめだったか、
どうすれば改善するか&よりよくなるか

を議論することが、誰かを攻撃することになることを避ける優しさを感じることもございますし、

もともと決まっていることを、
会議の原則に従って、『賛成~~!しゃんしゃん!』という手順を踏まなければならない場合もございます。


ですが、日々の経営や業務にかかわる会議が、こうであってはいけないのです。


1.何を決する会議なのかを明確に
有効な議論のために、資料は事前に&各自考察は宿題で
2.決した内容が、実行できる環境を作ったか
誰が何をどのように、どのレベルまで実施するかを具体化
何のためにやるかを周知
やらないとどうなるのかを認知する
3.実施状況をモニタリング、評価分析する仕組みを確認したか
刻々と変化する状況や、目標達成のためには方策改善が必要な場合をいち早く認知し、改善する


そんな仕組みを持てたら、
経営が停滞するはずがないと考えます。


「あるある~」と思われた方は、
会議の3悪と会議後の2悪を意識しながら、
会議に参加してください。


きっと、何かが変わります。



過去記事の中で、最も再掲したい内容を思い起こすと、
この「会議の3悪」でした。

自社では、こんな工夫をしているよ!なんて、
お宝情報をお持ちの方は、是非、お知らせくださいませ!

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。