経営戦略、IT戦略、Web戦略、人材育成、内部統制整備のご支援を生業としています

カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

荒添美穂

Author:荒添美穂


☆公認システム監査人
☆システム監査技術者
☆ITCインストラクター
☆総務省電子政府推進委員
☆中小機構CIO育成チーフアドバイザー
・・・ 他

大学での講義や年間80件以上のセミナーを開催。
アイディア勝負のブルーオーシャン戦略支援を得意とする、中小企業の経営コンサル業を営み25年。
ネット活用の売上拡大支援では90%以上を売上3倍以上を、SEO対策は100%の成果を実現している。
創業支援から経営コンサルの育成・教育まで、「ありがとう」と言われるコンサルティングを身上とする。
※ 中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、各所の中小企業支援センター、みらさぽ等の専門家派遣可


来て頂いて感謝♪


お世話になります!


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビジネス展開の普遍と変化のバランス
1.「普遍の掟」流されずに守り抜くこと
2.「変化の掟」市場の変化に乗り遅れるな



2.「変化の掟」市場の変化に乗り遅れるな

前回、流されることなく守り抜くべき強みとこだわりについて、
ビジネスの「普遍の掟」として記事にしました。

今回は、市場・社会の変化を見極め、商品や販売の仕方、販売対象を柔軟に変化させなければ、事業は衰退しますよという
ビジネスにおける「変化の掟」について書いてみたいと思います。


このふたつは、相反するように感じる方がおられるでしょうか。

「普遍の掟」は、
企業の存在価値・経営理念、企業のもつ特色・強みといった、「軸」であり、 建物の基礎をイメージして頂くと良いかもしれません


対して「変化の掟」は、
人々の生活の変化に沿って、商品アレンジや新商品開発、販売方法なども変化させるべき ということですが、やみくもに変化させるのではなく、「軸」・「普遍の掟」の 表現方法を変化させる「柔応訴求」とお考え頂けたらと思います


まれに、「軸」・「普遍の掟」自体を見直すことも無いとは言えませんが、
会社を一旦壊して、作り直すほどの大きなことであると認識して臨まなければなりません。

つまり、

「軸」・「普遍の掟」は、強み=選ばれる理由確保のためのものであり、

「柔応訴求」・「変化の掟」は、訴求=選ばれる動機づくりのためのものと言って良いかもしれません。


選ばれるための動機づくりについて、変化させるポイントを整理しますと、
顧客、現見込み客、現対象外消費者の3方向から
◆1 情報収集手段の変化
◆2 社会情勢を含む不安材料の変化
◆3 トレンドの変化
◆4 生活様式と心情の変化
◆5 市場規模の変化
を見ることが大切で、誰に何をどう売るか再考の癖をつけ、 各変化に敏感でいるべきということです。


具体的には、
◆1 情報収集手段の変化<一般論>でしたら、
ネット環境充実、スマートフォン台頭、デジタル放送開始などによって、消費者の情報収集手段は大きく変化しています。
Faccebook等、SNS経由での情報交換量が増大、口コミの拡大スピードと拡大地域は、比べ物にならなくなりました。
従来の情報収集手段とあわせ、クロスメディアな検証行動が通例化してきています。

また、かなりの確率で口コミ評価確認をされると同時に、口コミ情報提供も盛んで、相互情報共有手段としてのネット活用行動を 考えないでは、ビジネスの大きな武器を失うこととなるでしょう。
のようなことです。
(※ここでは、顧客想定ができませんので、一般論としましたが、実際には、顧客、現見込み客、現対象外消費者の3方向からお考えください)

◆2 社会情勢を含む不安材料の変化では、
リーマンショック、震災、口蹄疫や食中毒などの負の情勢変化、
九州新幹線開通、高速道路開通などの地域環境の情勢変化、
他国の動き、為替の動きといった社会情勢などから発生する不安材料に着目し、 この不安を解消するようなシチュエーションでの商品サービス提供の仕方を考えます。



以降の項目の説明は省略させて頂いて、
ここで、WinWin(みんなが嬉しい)事業の事例として、ひとつ、「大分モデル」をご紹介いたしましょう。


日本を揺るがし、世界を震撼させた、今回の大震災では、
ボランティアや義援金、観光等で現地へお金を落とすなど、さまざまな支援行動が見られましたが、

経営戦略をテーマとする当ブログでご紹介するのは、社会情勢や市場規模の変化に応じて商品サービス提供のかたちを変え、 WinWinビジネスとした事例でございます。


大分モデル
大分の非破壊検査の会社さんが軸となって、土木や建築の会社さん10数社が組合を設立。
福島県で、職を失った方を対象に1社3名を受け入れ、教育。
資格取得などを支援し、福島県へお戻り頂き、支社として、福島の復興事業へ関わるというもの。

移動旅費は国から、大分での住まいは県からの支援を頂きました。



Facebookを活用してのビジネスで、成功した事例も数多くございます。

以前、講話と酒席でご一緒させて頂いた、東京証券取引所のCIO鈴木氏も、 状況が変われば、企業・組織もあわせて変わらなければ生き残れないと おっしゃっておられ、大変に嬉しい思いをいたしました。


守り抜くべきもの、柔軟に変容させるべきもの
しっかりと見据えながら、展開して参りたいものでございますね。





★ブログランキングに参加しています★よろしければ、クリックお願いします
arigato01.gif
FC2★→ f_01.gif
ブログ村★→ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログ★→ banner_02.gif
スポンサーサイト
ビジネス展開の普遍と変化のバランス
1.「普遍の掟」流されずに守り抜くこと
2.「変化の掟」市場の変化に乗り遅れるな



ビジネス・事業を考えるとき、大切なのにブレやすいのが、 ◆ まわりや変化に流されず、守り抜くこと

◆ 変化を見極め、柔軟に対応すること
のバランスであるように思います。

私は、セミナー時やご支援先に、
「無策、無思考で昨日と同じ今日、明日を3年間続けると、事業は弱体化する」
と、よく申し上げます。


市場や社会が変化しているのに、
・ 同じ商品を
・ 同じターゲットへ向けて
・ 同じ売り方を続ける
のは、決して良くないということは、おわかり頂けると思います。


ですが、まわりの変化に翻弄され、目先の対策が自らの「強み」を捨てしまう 残念な展開となっている会社さんも多くあることも現実です。


久々のブログは、連休最終日に少し時間がとれたこともあり、
1.「普遍の掟」流されずに守り抜くこと
2.「変化の掟」市場の変化に乗り遅れるな
の2編を書いてみることと致しました。

1.「普遍の掟」流されずに守り抜くこと

冒頭より、結論を申しあげますと、
何がどうでも細部にまでこだわり、守り抜くべきものは、「強みです。

特徴、選ばれる理由と言い換えても良いでしょう。


このことを考えるに最も適切な事例は、Apple社の創始者で、前CEOジョブス氏の在り方だと思います。

ジョブス氏は、下記のような経歴の中、
自らの強み〝デザイン・芸術"〝感性に訴える"を軸に、 徹底的に強みに拘り、

iTunesiPodiPhoneと、世界を変える商品で、その名をはせました。
ジョブス氏は、Apple社を創設、直感的操作が可能なパソコン・Macを世に送り出します。

1982年にマイクロソフトWindowsが発表されて以降の台頭と、1984年後半のMac需要予測の失敗で経営悪化したアップル社から、 ジョブス氏は更迭されるのですが、同時にアップル社は自社の強みも見失ってしまいました。

その後、ジョブス氏は、Next社やピクサーでグラフィック系強みを活かしディズニーの役員就任を経て、
2000年、Apple社CEOに就任。
2001年には、Mac OS X発表、iTunesiPodによる音楽事業参入。
2007年、iPhone発表。
本年、病気のため引退。



考えるべきは、iPhone開発の経緯において話題となった「アイコン急患」のいきさつ(←クリックで閲覧可)です。
iPhoneでGoogleのロゴを見ているのだけど、アイコンが気に食わない。 Googleのロゴの二つ目のOの黄色のグラデーションがおかしいんだ。 とにかく間違っていて、明日グレッグに修正させようと思うのだけど、それでいいかな?」

アイコンひとつに・・・という思いもおありでしょうが、
特徴、選ばれる理由にかかわる部分には、細部まで譲歩しない ということであろうと思います。


この話を私に教えて下さった方は、
「コーポレートメッセージ 水と生きるSUNTORY」についても、下記のようなメールを下さいました。
コーポレートメッセージ 水と生きるSUNTORY
何ごとにも、失敗を恐れず、妥協せず、「やってみなはれ」
サントリーは、これからも「水と生きる」企業とのしての価値を追求していきます。

サントリーは、このバランスが良いんだろうね。
Apple より上だと思う。

サントリーの水、 Appleのグラフィックスとディサイン。

Apple は「サントリーの水と生きる」までは 出来てないんだろうけど
でもまあ、どちらも、「小さく見えて、肝だったりすること。」 に拘ってるから、ここまでになってるんやろね。



深いですね。

一時の浮き沈みに翻弄されがちな経営ですが、小さく見えて、肝だったりする、選ばれる理由 の軸を見失ってはいけないってことでしょう。





★ブログランキングに参加しています★よろしければ、クリックお願いします
arigato01.gif
FC2★→ f_01.gif
ブログ村★→ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログ★→ banner_02.gif

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。