経営戦略、IT戦略、Web戦略、人材育成、内部統制整備のご支援を生業としています

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

荒添美穂

Author:荒添美穂


☆公認システム監査人
☆システム監査技術者
☆ITCインストラクター
☆総務省電子政府推進委員
☆中小機構CIO育成チーフアドバイザー
・・・ 他

大学での講義や年間80件以上のセミナーを開催。
アイディア勝負のブルーオーシャン戦略支援を得意とする、中小企業の経営コンサル業を営み25年。
ネット活用の売上拡大支援では90%以上を売上3倍以上を、SEO対策は100%の成果を実現している。
創業支援から経営コンサルの育成・教育まで、「ありがとう」と言われるコンサルティングを身上とする。
※ 中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、各所の中小企業支援センター、みらさぽ等の専門家派遣可


来て頂いて感謝♪


お世話になります!


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マクドナルドで浦島太郎^^;という、昨日の記事を書く折に、他に関連しそうな携帯の話題はないかなあ~~っと、検索中に見つけました。

経営と、まったく関係ないのですが、あまりの衝撃に・・・・つい、ご紹介・・・これって、特撮じゃないんだろうか・・・

携帯って、いろんなものが詰まってそうですもんね~。
なんて精神論の擬人化をしてしまいそうな映像でした。※ YouTubeです



★ブログランキングに参加しています
arigato01.gifびっくりしたなあって、ポチッとお願いいたします♪
FC2ランキング★→f_01.gif
ブログ村ランキング★→にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログランキング★→banner_02.gif

人気ホームページランキングへ
スポンサーサイト
おサイフケータイって、使ってらっしゃいますか?

生憎、私の携帯はDocomoでなく、また、カードでさえ、何枚もは管理できなくて、利用場面を制限しているくらいですから、『おサイフケータイ、怖い派』で、使ったこともございません。

現状でも、携帯は、Webと並んで、私にとっては、情報と人脈の生命線です。無くしたり、水没させたりすると、事務所が震度7の地震にあったくらいの痛手を受けてしまいますから、これ以上、携帯に『新たな価値』をもたせることは、なし!って思ったのでございます。

でも・・

今日、マクドナルドで、携帯のクーポンオーダーサービスってのを見ました!!
携帯のアプリで、注文する商品のクーポンを選択して、リーダーに携帯をかざして、注文するんですね。

なんか、スマート!かっこE♪


ただ、そのひとが、”いつ、どこの店で、何を頼んだか”の履歴は残ることになります。マクドナルドの狙いは、これによるマーケティング品質の向上なんでしょうね。

もともとは、セブンイレブンのおハコ・・・場所やお天気にあわせた商品展開も可能でしょうし、そのひとの好みに合わせたお誘いも可能になるでしょう。


実は私、大学生のとき、福岡・新天町のマックの『ポテトはいかがですか~~?』お姉さんをしていました。
物怖じしないので、外人さん用のレジを任されることもありましたが、何ヶ国語もしゃべれたわけではありません。
カタカナの台本があったのでございます♪♪

でもこの、携帯のクーポンオーダーサービスが普及して、地域を越えて国を超えて使えるようになると、そういうことも必要なくなるのかもしれません。pipiっと、携帯かざして、注文と支払いが完了するんですもの・・・海外旅行での両替も必要なくなるのかしらん・・・・・

今はまだ、地域限定のサービスですが、急速に広がることは間違いありません。ああ、世の中、変わっていきますね~・・

店舗の自動販売機化・・・・・

スマートなんだけど、何か寂しい。
便利なんだけど、落とすと怖い!!

落としたり、無くしたりしたときには、できるだけ早く、ロックをかけないとね。


★ブログランキングに参加しています
arigato01.gif応援クリック、ポチッとお願いいたします♪
FC2ランキング★→f_01.gif
ブログ村ランキング★→にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログランキング★→banner_02.gif

人気ホームページランキングへ
誰しも『うちならでは』『うちにしかできない』強みをお望みですよね。

でも、そんなの一朝一夕にはできあがりません!!って、現場の声が聞こえて来そうですが・・・こういう反応には、『最初から、こだわりとプライドと思いを棄てていたら、できることではないのになあ・・』と、ちょっと残念に思ったりいたします。

ブルーオーシャンのお話は、何度かいたしましたが、これって、何も、世界的技術力だけの話ではありません。
ちょっとした工夫、目先を変えた販路など、結構ころがっているものでございますよ♪

ですが、今日のテーマは、強みの極みですから、世界的技術力のお話にさせて頂きますね。

私のブログ更新が、滞っていることを心配して、何人かの友人が、『ネタにして』といろんな情報を送ってくださいましたが、今回はそのひとつでございます。提供者は、素敵な女性コンサル土方千代子氏。こういう人脈が、私の宝であり、ただひたすらに、感謝いたしております。


さて、日本には、世界的技術力を誇る中小企業さんって、結構いらっしゃいます。

今回ご紹介する、山本化学工業株式会社さんも、資本金1000万&従業員60名とホームページには出ています、中小企業さんです。

山本化学工業さんの誇る世界的技術力とは、バイオラバーという素材で、スポーツやオリンピックに興味のある方なら、オリンピック水泳陣の水着騒ぎのニュースを覚えておられるかもしれません。
世界の強い選手の御用達は、英国のスピード社の水着ですが、北京五輪では日本はこれを使えないというニュースが4月に流れました。そこで、脚光を浴びたのが、山本化学工業の素材。素材表面に特殊加工を施して水の抵抗を著しく減らして、スピード社製を上回る性能の水着ができそうとのこと。


スピード社レーザーレーサーと呼ばれる水着って、すごいらしいです。
・縫い目がない
・水を吸収しない
・水に浮く
・体を締め付け、体積を減らす?

どのくらい人気かと言うと、米国では、独禁法違反で訴えられるほど (^^;
カナダでは、どうせオリンピックは、スピード社製を着せるのだから、この水着を持っているかどうかではない力量を見るために、代表選考会では着用を禁止したのですって!!!


日本の選手が、スピード社の水着をオリンピックで着られない騒ぎは、日本水泳連盟が、ミズノ、アシックス、デサントの国内3社と水着提供の契約を結んでいるためっていう、なんだか割り切れない理由でしたから、非難の的ですよね。ということで、この3社だって、なんとかしなければいけません。

そこで、3社の救世主として出てきたのが、山本化学工業さん。
日本水泳連盟は、5月30日までに3社の水着の改良結果を受けて、6月10日には、スピード社製の水着でオリンピックに出るか、国内3社の水着でいくかを決めることになるのだそうです。


ただし、スピード社製のレーザーレーサーって、水中での浮力や体への締め付けの関係で、慣れる事が必要らしい・・・・はやく決めてあげないと、選手たちが心配です。
私的には、有言実行の北島選手が、大好きなんですもの~~♪♪


おかしな背景から脚光を浴びた、山本化学工業さんですが、一気に知名度UP!UP!です。
これが、飛躍への足がかりになるといいなあと思いながら、見守っている・・・オリンピックに燃える体育会系&中小企業応援隊の私なのでございます。


スピード社よりも優れた水着が出来上がり、日本製で日本選手が、スピード社着用選手を抑えて勝つと、一気に、山本化学工業さんは・・・・・
きゃあ・・わくわく・・・

もともとの騒ぎの理不尽さは置いてのお話でございました。(←批判はしないと決めておりますので)

★ブログランキングに参加しています
arigato01.gif応援クリック、ポチッとお願いいたします♪
FC2ランキング★→f_01.gif
ブログ村ランキング★→にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログランキング★→banner_02.gif

人気ホームページランキングへ
”いまを変えたい!変わりたい!”の続きはまだなんですね・・・昨日、数人の方に足跡メッセージを頂きました。

前編記事を出した日くらいから、それこそ、プロジェクトのトラブルで、不覚にも、私のこころから『感謝感謝』の気持ちが薄くなっていて、記事に手をつけることをためらっておりました。

ということで、信頼できるひとと話をしたり、ご飯をしたり、ひとりで映画を見たり、アロママッサージに行ったり・・・で、リフレッシュ♪ やっと、続編の公開です。

お察しのとおり、プロジェクトのひとつが混乱を極めて悩んでいたのですから、『私に任せれば大丈夫!』なんてことは決してございません。

コンサルとしては、契約による制限(係れる日数)など、できることに限界がありますし、『ここに開ける道があります』なんて提案しても、検討にすらのらない場合もあります。
逆に、プロジェクトや私の提案より、『社長のカンが大当たり』なんてこともございますから、どう組織的折り合いをつけて行くか・・という部分が重要なのだと思います。

ポイントは、決定と行動に、皆が納得すること


【失敗の要因】
1.ひとごと
 a. 自分と組織との繋がりを意識していない
 b. 意欲や功労に対しての評価が行われていない
  (やってもやらなくても一緒との認識)
2.目的と意義
 c. プロジェクトの意義が認識されていない
  (組織としての価値、自分への影響)
  (上の気に入る決定を出す手続き会議との思い)
 d. 各自(メンバー)の目的目標がない
  (役割と権限、達成目標の不明確)
3.実現可能性
 e. 上の鶴のひと声で覆されると思っている
 f. ○○部の能力が低く、できないと思っている
 g. 途中で立ち消えになると思っている


みなさん、同じようなご苦労をされておられることでしょう。

私の場合、一番に、プロジェクトオーナー(最終意思決定者)への確認をいたします。正式にであったり、食事しながらであったり・・・ただ、私自身では、これがなかなか実現できないことも多いので、その場合は、社内人材のキーマンにお願いすることになります。
・最終の目的・目標c. 対策
・最悪の場合の目的・目標(期限や制限)3.対策
・遂行の姿勢e、g対策
・人的資源の配置や補強の姿勢f.対策
・評価の仕方b.対策


次に、大切なのは、プロジェクトメンバーのモチベーションアップ支援ですよね。
・その方の、プロジェクトにとっての重要性a. b.c.d.e.対策
・その方の、役割に期待する具体的内容とその役割の重要性d.対策
・ひっかかりの内容(愚痴きき)とその解決策提示f.対策
・あなたを全力で助けますという約束3.対策
ここが、何より、私の、口先だけでない誠意が試されるときでもございます。

そして、『さあ、やるぞ!!』となるわけですが・・・実は、私の場合は、ここまでを積み残したことはございません。問題はこのあと!!

実際にプロジェクトを実行するにあたっては、期間が長いほど、最初に想定していない色々な問題や、状況・環境の変化が出てまいります。
そのときに、
1.当初の目的目標を見失う
2.役割の混乱(追加役務や停滞箇所対策)
3.熱意の低下
4.部署間、人間間の対立
などが発生して、混乱するのです。

この芽を事前に感じ取り、空気を読んで、早い対応をするのが、プロジェクトリーダーですが、この方はまた、忙しい!!
コンサルとしては、かなりの時間をその組織内で過ごせない限り、メンバーの方との世間話や聞き取りから、推察し、これに気づいてプロジェクトリーダーが対策のための時間をとれるよう、人材補強や作業分担などをご提案、ご支援するのが務めです。

これで凌いで、うまく行くことは、多いですよ。
結局は、ひとなんですもの。

ただし、早いうちにこの芽を見つけられなかったり、忙しさに対策が取れなかったり、到達点がブレてしまった場合は、一旦解散、仕切りなおしとするしかない場合もございますよね。

いかに、早くに芽を見つけ、どんな対策を立てるか・・・・どんな言葉や状況が出始めたら危険かについては、また後日(^^¥

★ブログランキングに参加しています
arigato01.gif応援クリック、ポチッとお願いいたします♪
FC2ランキング★→f_01.gif
ブログ村ランキング★→にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログランキング★→banner_02.gif

人気ホームページランキングへ
『いまを変えたい!!!変わりたい!!!』と願う、個人の方、法人やチームなどの組織の方って、たくさんおられると思います。
現状への感謝とともに、常に『もっと』『次の何か』『他の何か』を求め実現することが、向上心に繋がると、すばらしいですね。

ただ・・・業務改善にしても、新規展開にしても・・・昨日までと今日からを変えるには、昨日までと違う行動が必要なのですが、これがなかなか、うまくいかない!!

禁煙やダイエットの決意とも似ているかもしれません。

昔のCMで、『ダ~イエットは、あしたから♪』なんてフレーズを聞いたとき、膝を打って、のけぞって、ひっくり返るほど、ウケた記憶がございます。『明日から』だってかまわないのですけど、明日からをどう変えるのかの具体的な計画がないと、明日は、永遠に明日のことになってしまうんですよね(^^;

つまり、今を変えることができないのを言い訳で正当化していたら、何も変わらないということでしょう。


さてさて、私の仕事は、改善にしろ、新規展開にしろ、『いまを変える』ためのプロジェクトのご支援をすることも多くございます。

変革のプロジェクトが停滞する理由は、大抵は、似ているとは思いませんか?
 1.“ひとごと”と思っている関係者が多い
 2.進捗のスケジュールに優先順位がついていない
 3.進捗のモニタリングができていない

また、思ったような成果が上がらない理由は
 ① 成果目標が具体的でない
   (○○の改善、○○力向上などは×)
 ② 他への影響を考えずに、計画変更を実施
などでしょうか。


そして、どの失敗プロジェクトにも、100%見られる現象は、“プロジェクトチーム内の温度差”です。
プロジェクトチームだけが頑張って、社内の反応が冷たいって温度差もあります。

そして、大抵の場合、高い問題意識とモチベーションは、低温組に引きずられて、モチベーションを落としてしまいます。『どうせだめだ』『やったってキリがない』『誰かがやるでしょ』などの思いは、感染するのでございます。

温度差を均す必要があるのですが、もちろん低く均しても仕方がありません。


これまで何度も書きましたが、問題意識の共有とか、目標目的の具体化、モニタリングと評価などが、必要です。
まず、そこのところに留意して、成功のストーリーを描き、『やるぞ~~~~!』とモチベーションのアップを心がけております。

が!!!!!!!!!!!!!!!!

一旦、合意したと思っても、定着がまた、難しい。いろいろとこれまでの日常が絡んでまいりますから・・・『ダイエットするぞ~』が、3日続かないってのと、よく似ています。


では、どうしたら良いのでしょう?
実は、普遍の完璧な模範解答はございませんが、せめて『こうしたら、効果的』と思う事柄や、うまく行った経験について、ご紹介をいたしましょう。

長くなりましたので、続きは、コマーシャルのあとで・・・(違っ!)


★ブログランキングに参加しています
arigato01.gif応援クリック、ポチッとお願いいたします♪
FC2ランキング★→f_01.gif
ブログ村ランキング★→にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログランキング★→banner_02.gif

人気ホームページランキングへ

誠意と主張

一昨日、支援先の方とお会いするために、JRで移動中、携帯にメールが入りました。スタッフからです。
・小学校1年のお嬢さんが、下痢嘔吐であること
・私のスケジュールでは、12時~2時半が事務所在となっているので、ここで病院に連れて行きたいことが記されていました。

私は、事務所在となっていても、長引いたり、面倒になったりして、戻らないことがあるのです。
あいにく、当日は、他のスタッフも講座やなんかで出払っており、お留守番は彼女ひとりです。

弊社には、産休復帰直後の女性もおりますので、搾乳できるようなスペースに、妊娠中休み休み仕事できるよう、ソファーベッドが置いてあります。
病気のお嬢さんをひとり残せないため、そのベッドに寝かせているとのことでした。

当然、『事務所が留守になっても、すぐに病院に連れていってあげて!』と返信・・・
このとき、私の気持ちは、暖かでした。

今日は、もうひとりのスタッフがお留守番の日です。
なんと、6ヶ月の赤ちゃんが、風邪と結膜炎 ^^;

子育てはなんとも大変です。

彼女は、ご主人が、赤ちゃんを病院につれていってくれ、ご主人が今日外せない仕事を片付ける間、事務所のベビーベッドに赤ちゃんを寝かせ、あやしつつ、仕事をしました。


ここでひとつ考えました。
もしも、彼女たちが『子どもの具合が悪いので、休みます』の連絡だけをくれていたら・・・お休みを許可するのは当然ですし変わりませんが、私のモチベーションや幸福感、彼女たちへの信頼感は、かなり違ったものになったでしょう。


さて・・・では、権利の主張と誠意と責任の示し方にまで、考えをめぐらせてみましょう。

もしも、お客さまとの間に、マイナスの何かが起きてしまったら、どんな対応をしていますか?

製品トラブルや苦情など、不良品を納入したなど失敗をしたとか、何かで迷惑をかけてしまったとか、つい、ごまかしでついた嘘がばれたとか、不義理をしてしまったとか・・・マイナスの何かを発生させてしまったとき、権利の主張
『○○なんだから、仕方ありません。』とか
『そちらにも責任はあるでしょう。お互いさまですよね。』なんて言葉に出くわすことがございます。

これで、その事象はおさまったとしても、そのお客様からの信頼感は失われます。
でも、ここで、『そこまでしなくても・・』くらいの誠意を示すと、苦情などマイナスの感情から出発した、期待値の低い関係は、一気に『なんて信頼できるヤツなんだ!』ってことになったりいたします。

顧客満足度のお話や、苦情は何よりの宝物ということは、以前の記事にも書きましたが、改めて、仲間内や家族との関係にも同じことは言えるんだなあ・・・と、しみじみと実感したこの数日でした。

たとえ、当然の権利だったとしても、権利の主張だけでは、相手から、こころからの信頼関係や感謝の気持ちを得ることはできないことを思うと、人間関係って、結局、誠意なんですよね~♪

マイナスの状態は、対応次第で、誠意を認めて貰える、大チャンス!と思って、逃げず、ごまかさずにやっていこう!と思います。

★ブログランキングに参加しています
arigato01.gif応援クリック、ポチッとお願いいたします♪
FC2ランキング★→f_01.gif
ブログ村ランキング★→にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログランキング★→banner_02.gif

人気ホームページランキングへ
イタリア政府が全国民の所得をインターネットで公開、もちろん実名入り(Gigazine 05/02)というニュースが、参加しているML(メーリングリスト)で流れたのは、少し前のことでございました。

”え~~~~!!!??”と、関連記事を取り集め、弊社に関わる英語の達人に、英文記事のスラング的表現や微妙な解釈を確認し・・・これも記事にしようと思いつつ、忙しさに後回しにするうち、新鮮さを欠くニュースになってしまいましたが、数名の方から、記事にするようご要望を頂きましたので、要点だけでもご紹介することにいたしました。

イタリアでは、税金の滞納が増える一方で、2007年現在、所得税の累積未納額は国内総生産(GDP)の20%に当たる2700億ユーロ(約43兆円)にもなったとのこと。
これを懸念した政府が、4月30日、見せしめ的に、Webで全国民の所得や課税額などを実名入りで公表した、というものです。

ところが、公開直後から、”ひとの所得を知りたい”方たちからのアクセスが集中!!システムはダウンしてしまったのですって!!


・所得税の滞納の額
・政府が実名入りで世界的に公表したこと
・アクセス集中で、サーバーがダウンしたこと

み~~~んな、びっくりです。

プライバシー監視団体や市民からの非難、アメリカの大統領選への影響を配慮するなどの理由で、サーバーがダウンしたまま、これを復旧することを控える・・という緊急?措置が今も続いています。

この現状が、サイトの閉鎖や、所得等の公開の中止ということなのかどうかは、定かではありません。
うやむやうやむや・・・・
ちなみに、収入や納税額を公開されたり、○○さんは健康保険料を○ヶ月分滞納しています的な情報を公開されたら、どうしますか?

日本では、高額納税者が公表されていましたが、これも廃止されましたね。
プライバシーの問題とともに、誘拐などの標的にされることを懸念しての廃止でした。

所得税の納税方法の変更とか、国民への理解を求める策とか・・・喧嘩ごしでない対応をしてもらいたいものですよね。


★ブログランキングに参加しています
arigato01.gif応援クリック、ポチッとお願いいたします♪
FC2ランキング★→f_01.gif
ブログ村ランキング★→にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログランキング★→banner_02.gif

人気ホームページランキングへ
17日土曜、日本システム監査人協会の創立20周年記念講演会(九州開催)がございました。

お話いただいたのは、
◆佐賀県最高情報統括監(CIO)川島宏一氏
日本大学 堀江正之教授
日本システム監査人協会 小野修一副会長
日本システム監査人協会 福田啓二九州支部長
どのお話も興味深い内容でございましたが、特に、日本大学の堀江教授のお話には、あげられた問題も含め、共感しつつ、大変に勉強になりました。

最後に、飲食店での監査を例に、”あなたが監査人ならどう行動しますか”という問題を提示され、『懇親会で議論しましょう!』で締められたのには・・・『あ、この展開、頂き~~♪』なんて、関係ないことも思いながら・・・懇親会へのやる気満々になってしまいました。

毎回お読みくださっている方、”今日もまた、飲むんだね・・からだ壊すぞ”とのお声も聞こえて参ります(^^;

さて、堀江教授の問題の中身を要約すると
ある飲食店の監査”テーマ:入金と現金の管理”において、店舗で、掃除の不徹底や接客不備のひどい状態を発見したら、どう行動するか、A~Dから選べ。
 A.本来のテーマ以外のことには触れない
 B.気づいたら、自分で片付ける
 C.監査の報告書に、追記事項として記載する
 D.その場で店長に改善助言、改善しなければ、それについて報告書に記述する
という投げかけです。

役割分担と責任の明確化という観点から見ると、お金のことを監査して、問題点と原因と改善案を提示するのが、このときの監査人の立場ですから、本来の監査テーマについての監査以外のことは、監査人の使命と責任の範囲を超えているわけです。また、監査人は、監査されるものからは独立しているべきなので、監査する部門の業務に、実際に直接に手をだすことは避けなければいけません。

家庭生活や学校生活では、一番褒められそうな答えのBは、明らかに不可ってことですね。
Cもあんまりでしょ~、監査結果はちゃんとそこで、説明しなきゃ!

ということで、悩むのは、AかDかって部分です。

監査時、責任区別の原則を理由に、『監査テーマから外れた明らかな問題点には知らん顔をすべし!』という姿勢を求められることがあり、私は、ずっと大きな違和感を持ってきました。

同じような言い分に、問題のある企業さんへコンサルに入らせていただいたときにも、頻繁に出くわします。
ある社員さんが、『私の仕事は、コレとコレです。他は関係ありません。』と、知っている問題にも、他のひとの過重負荷にも、知らん顔・・・『私の仕事は、接客じゃありませんから』と、お客様からの問合せを無視するなど・・・

そのたびに、とても悲しい思いを持ちながら、『他のひとの仕事には、手は出さなくてもいいから、関心と思いやりと助言と協力は惜しみなく!!』と、根気良く説いている日々もあり・・・

つまるところ、その業務のオオモトになっている目的目標を見ずに、業務単体だけをみた結果が、前記のような言葉になるような気がしてなりません。

監査だって、その企業や組織を健全に運営し、事業を継続することこそが、内部統制整備の目的なのですから、テーマ外だからと言って知らんふりするのは、本末転倒ではないのかしら。

本来のテーマを見失ってはいけないけれど、エライ経験豊富な監査人ほど、テーマ外のことを見るべきではないとおっしゃることが多くて、納得できなかったのです。


今日、堀江教授から、私の思いと同じ言葉をお聞きして、”虎の威を借り”酔った勢いも言い訳に、語らせていただきました。

長々とお付き合い頂いて、感謝感謝でございます。


★ブログランキングに参加しています
arigato01.gif応援クリック、ポチッとお願いいたします♪
FC2ランキング★→f_01.gif
ブログ村ランキング★→にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログランキング★→banner_02.gif

人気ホームページランキングへ
ブログ更新をかなりおさぼりしてしまいました。
今週は、3日間各9時~17時という、ITのリニューアルを目指し、IT再構築プロジェクトを立ち上げられる企業さんのプロジェクトメンバー育成研修を実施しました。また、プライバシーマーク取得企業さんの内部監査の実施、その間に6社さんとのお打合せや会議、月~木連続の飲み会と、息をするのも忘れそうな、1週間でした。

お声かけくださる皆様に、感謝感謝でございます。
また、おさぼりしている間に、カウンタが5万を突破していました! これも、ひたすら感謝でございます♪

さて、日ごろ、ふと思いついたことをメモ入力しておいて、ブログ記事としているのですが、この間にメモったネタが、7種類・・・・残念なことに、賞味期限を切れてしまったものも・・・などがそうです。


もしも、どなたか、解説をお望みの方がおられましたら、メールでもコメントでも頂けましたら、すぐに書きますので、おっしゃってくださいね♪


ということで、書くことが貯まりすぎて、逆に書けなくなってしまった今日は、開き直って、宴会のひとつをご紹介します。

人の印象戦略・・・とでも言いましょうか・・・お上手なお酒の飲み方をされるツワモノの皆様とご一緒でき、大変に勉強させて頂いた6時間でした。(6時間も飲んでたの?!!と、親族の目に触れたら叱られそうですが)

ITコーディネーターという資格を取得されるのに、15日間のケース研修(コンサル研修)受講義務がありまして、
この集まりは、昨年の夏から秋にかけて、この研修を受講された方と講師の『同窓会&事前商談会&情報交換会』といった感じのものです。

50代の各企業さんでの実力者やえらい方が、冷やかし気味に、私のことを『恩師』とおっしゃるので、身の縮む思いでしたが、この会で、深く感心したことがございました。

イメージを上手に壊して見せることで、親近感や信頼感を増す、ギャップによる印象戦略を皆さん巧みに展開されているなあ・・ということです。

★30になりたてのお若い営業の方は、20ほど年齢の離れた周囲への配慮をされて、1960年代~80年代の歌手や歌や話題を披露し
★真面目で実直な印象の、病院系システムに強いPM(プロジェクトマネージャー)さんは、サザンの桑田の曲や、ムード歌謡曲を・・もりもりと歌い上げ、
★50半ばのどこから見ても、強気で押しの強い怖そうな取締役さんは、ママに苛められて嬉しそうな一面を見せつつ、優しい笑顔を振りまかれておられました。

楽しい飲み会でした。お付き合い頂き、ありがとうございます。

この第一印象と違う印象を与えることは、ウケとともに、互いの親近感を増すことになりますよね。
みなさんも、ちょっとだけ、そういう戦略も練ってみてはいかがでしょう・・・

え?・・私が、どんなことをしたかって?????・・・・・それは、内緒でございます。kyaa.gif

★ブログランキングに参加しています
arigato01.gif応援クリック、ポチッとお願いいたします♪
FC2ランキング★→f_01.gif
ブログ村ランキング★→にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログランキング★→banner_02.gif

人気ホームページランキングへ
以前、ブルーオーシャンのお話の中で、視点や発想を変えることが大切!とお伝えしました。
実は、長年その世界でビジネスを展開しているところでも、顧客を把握できていないことが多いのです。

この事例として、マーケティングでは、ブラインドマンとエレファントというインドの挿話が、よく用いられています。6人の盲目の方が、初めて象というものに触れるお話です。
触れた部分によって、6人は、それぞれに異なる、象の認識をしてしまいます。もちろんどれもが1視点における事実ですが、どれもが真実の象の姿を捉えてはいないというものです。

手探りでの事業展開では、同じような誤った顧客認識をしてしまいがちですよ。違う視点からも見ましょうね♪って戒め例です。


さて、今日のテーマは、知識の価値化についてでした。

実は、私が中学生のとき、英語の苦手な私を心配した先生の薦めで、校内の英語で物語を話すというコンクールに出たことがございます。なんと、そのときに、必死で覚えた物語が、ブラインドマンとエレファント(The blind men and the elephant)でした。

もちろん、日本語訳はわかっても、中学生の私には、このお話は、ただの挿話でした。『いろんな視点でものを見ないと、見間違いますよ・・見識を広めていきなさい』なんて、教育的示唆のお話と捕らえていました。

Once upon a time, there lived six blind men who stood by the roadside everyday・・・
今でも途中までは(おそらくは、細部は間違っているかなと思いますが)、そらんじることができるのは、若い記憶力のなせる技ですね。

そして、それから20年以上もたって、マーケティングを学ぶ折に、このお話に再会したのです。
もちろん、『いろんな視点でものを見ないと、見間違いますよ・・見識を広めていきなさい』ってことに違いはないのですが・・・これに対する思いも、理解も、重みもが、全く違うことに驚きました。

触れた部分以外にも、その知識や経験や示唆を何に活かすかが、具体化されているかどうかっていうことが、何と大きな意味を持つか!!それによって、触れた経験や知識の価値が、どんなに違ってくるか!!


わかった気になって、大切なものを見過ごしてはいないか・・・

実は、本日のテーマは、当ブログにも時々コメントを下さる
 ・"takatakagoさん"のブログで、1冊の本を噛み砕け! という記事
 ・"ぱぱ★きんぐさん"ご紹介のアップルの創始者スティーブ・ジョブス氏のスピーチ
に出会いました折に、気づきを頂いて、書かせていただいたものです。

私は、ブラインドマンとエレファント(The blind men and the elephant)という挿話を、20年以上の歳月をかけて、ようやく読み終えたことになります。
いえ、もしかしたら、まだ、読み終えてはいないのかも・・・

本や、記事、ひとからお聞きしたことなど、外部からの知識や情報には、いろいろなことを絡めながら、ゆっくり咀嚼し身にし続ける姿勢が、真に実にするためには必要なんだなあと思います。


点を繋いで線にする、線を重ねて面にする・・そんな作業を重ねることで、いつか、大きなコトを成す瞬間を手に入れられるのではないかしら・・・

などど感じつつ・・・気づきをくださった方々に、感謝感謝でございます!

★ブログランキングに参加しています
arigato01.gif応援クリック、ポチッとお願いいたします♪
FC2ランキング★→f_01.gif
ブログ村ランキング★→にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログランキング★→banner_02.gif

人気ホームページランキングへ

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。