経営戦略、IT戦略、Web戦略、人材育成、内部統制整備のご支援を生業としています

カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

荒添美穂

Author:荒添美穂


☆公認システム監査人
☆システム監査技術者
☆ITCインストラクター
☆総務省電子政府推進委員
☆中小機構CIO育成チーフアドバイザー
・・・ 他

大学での講義や年間80件以上のセミナーを開催。
アイディア勝負のブルーオーシャン戦略支援を得意とする、中小企業の経営コンサル業を営み25年。
ネット活用の売上拡大支援では90%以上を売上3倍以上を、SEO対策は100%の成果を実現している。
創業支援から経営コンサルの育成・教育まで、「ありがとう」と言われるコンサルティングを身上とする。
※ 中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、各所の中小企業支援センター、みらさぽ等の専門家派遣可


来て頂いて感謝♪


お世話になります!


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝、自社事務所に入った瞬間・・・
ずっとつけっぱなし状態にしている、お気に入りのネックレスが、弾けるように切れてしましました。ga-n01.gif

以前、衝動買いの心理の記事(←クリックで記事が読めます)でご紹介した、私の衝動買いの賜物、ブラックダイヤのネックレスです。
ワイヤーで繋いでいて、切れないということでしたが・・・

こういうとき、人間って、「不吉な何かの出来事のお知らせ?」なんて、焦ったりしませんか?
私も、朝から、気になるところに電話とメールしまくりで、「大丈夫?何か起きてないよね?」と確認してしまいました。bikkuri01.gif


守りの戦略としては、リスクマネジメントを主たる業務にさせて頂いていて、「リスクの予兆を読み取りましょう」なんて、言ってまわっているのですが、もちろん、これには通常、論理的確率的基礎があります。

たまに、組織内の空気とか、雰囲気とか、カンと呼ぶべき判断もありますが、これにだって、経験とか言葉にできない判断基準というものがございます。

刑事ドラマなんかでも、よくありますよね。
「いや、刑事のカンが、違うと言っている!」なんて主人公の刑事が、組織からはみ出しても捜査を続けるってヤツ。
(これは、たいていアタリだし、かっこE!ですよね♪)


でも、ネックレスや数珠が切れる・・とか、大切にしていた○○が壊れる・・とかいうことが起きたとき・・・・・
大事にしているものが、壊れたショック!!は大きいですね。
修理にいくらかかるのかしらって、憂鬱も大きい!

でも、なんだか、それ以上に、「これから、もっと、悪いことが起きるんじゃないかな」って方向に、思いが行きがちです。
ゴルフとか、いろいろなスポーツでも、「これをきっかけに(ネガティブ思考になって)、調子を乱し、崩れました」なんてことは、よくあることです。

「悪いことは続くよね」って、悲観的カンソク以外に、理由はないのに、すっごい、マイナス思考のループに入って、悪いことが起きることを待つモードになってしまうのは、何故なんでしょう?


が切れたとき、願いがかなうってネックレスもありますね♪
★何かの災難を、これが身代わりになってくれたかな♪
★少し立ち止まって、わが身を振り返りなさいよって、時間を頂いた♪

ワイヤーが、引っ掛けもしないのに切れるなんて、「有難い」ことが起きたことを、ありがたいことと思うことにしよう!!と、思いつつ、このブログを書いています。

まあ、ブログで記事にして、セルフコーチングしつつ、モチベーションアップを図っているっていうのが、本当です。
書いている間に、だいぶ、復活してきました♪

う~~~、がんばるぞっと♪

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリック(応援)してくださると感謝感謝です♪
click1.gif
a_03.gifFC2

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへブログ村

banner_02.gif人気ブログランキング
スポンサーサイト
コンサルの役割って、大きく4つあると考えています。

1.「気づき」のご提供
 (アイディア、視点、真の問題点、今有効な一手など)
2.改革改善活動におけるモニタリングコントロール
 (失敗の予兆、大きく失敗しないためのマネジメント)
3.組織のベクトルあわせのための調整
 (合意形成やモチベーションアップ支援)
4.経営者や担当者の愚痴聞き

支援先組織が、目指すところへ向けて、動き到達することに関われることは、大きな喜びですし、感謝されると、この上ない幸せです。

この場合、経営者さんの理念やビジョンには、社会的に許されないものでない限り、口出しはいたしません。

だって、ガンガン成長を目指す方もあり、地道にじわっとこだわり仕事を長く続けたい方もあり、社会貢献を目指されるかたもあり・・・それは、経営者の方の価値観と、人生の意義でもありますから、「自分の人生で、何を目指すかなんて・・・・自由だあああ!!」ではないかと思うのです。


ただ、「1&2」と「4」は、相反することがあります。
「社長!思いとどまってください!!!」と、こころの中で叫ぶとき・・・経営者の方の、ポリシーと行動が、相反したときです。

一般論で言うと、
 ・昨今の不祥事に見られる、コンプライアンス違反
 ・世襲(社長→息子さん→お孫さん)前提企業の、上場準備
 ・会議での決定事項(戦略に基づく行動)の白紙化
 ・従業員の定着化を目指している時の、粛清(おどし)人事
などなど、もっとたくさんありますが・・・

これはみんな、経営者さんにとっては、経営を安定成長させるためにした判断であるのですが、経営者の孤独不安悩みのために、その判断を誤ったときに出てくるようです。

どんなに自信たっぷりで強そうに見える、経営者さんにも、こころのそこには、大きな不安と孤独があり、それと戦う重圧に、ふと判断を見失うことがあるので、これも本気の証だと思っています。


こんなとき、コンサルとして
 ・経営者の孤独や不安解消のために、愚痴聞きからはじめ、なんとか広い視野での判断をできるように、支えるか
 ・それは違います・・と、正面から挑むか
 ・小さな失敗を待って、見直しを願うか
本当に悩みます。

たまには、信念のもとに、つっぱることもありますし、これが普遍の正解!っていうものは見つけられていませんが、ただただ、環境と状況と相手をよく見て、判断ができる人間でありたいと願う次第でございます。

本日は、コンサルの愚痴にお付き合いいただきまして、ありがとうございました♪

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリック(応援)してくださると感謝感謝です♪
a_03.gifFC2

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへブログ村

banner_02.gif人気ブログランキング
今日は、北九州商工会議所主催の北九州ブランド構築のための会議がありました。

」をテーマに、「ウマイ!べたい!わせたい!」北九州のオススメ名産うまいものを、北九州ブランドの銘をつけて、販促しようという試みです。

そこで!!
現在、ふたつの募集がされています。

ひとつは、どなたでも応募できる、北九州ブランドの愛称募集!なんと賞金10万円+1万円♪
何か、いいキャッチフレーズ(ブランド名称)を思いついた方は、ご応募くださいませ~~♪

20071026185337.jpg詳細はこちらをクリックしてください!

まだ、応募はハガキになっていると思いますが、まもなくメールでの受付も開始されます。

もうひとつは、北九州の「」にかかわる企業さんへ、ブランド認定を受け、販促支援されてみませんか?っていう、お誘いです。


残念なことに、北九州って、あまり知られていない上に、知っていても良いイメージをもたれていないようです。

でも、ほんとに、良いところなんですよ♪

」も、玄界灘の新鮮な魚、合馬のたけのこ、小倉牛をはじめ、焼きうどんや焼きカレーなど、北九州発祥のものも多くございます。

ぜひぜひ、皆様、ご応募ください!!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリック(応援)してくださると感謝感謝です♪
a_03.gifFC2

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへブログ村

banner_02.gif人気ブログランキング
小麦価格が高騰していますね~
これによって、最近、パンやめん類が、ノキナミ値上げでございます。

超小規模経営者で、コンサルやらせて頂いておりますが、主婦?でもある私としては、痛い!!限りです。
私も娘も、麺類が大好き♪
うどん、パスタ、ラーメン・・どれも欠かせません。

小麦価格値上げの原因は、
 1.小麦の生産が落ち込んでいる
   (地球温暖化や異常気象、生産農家減少)
 2.外国産小麦の政府売り渡し価格上昇
   (小麦価格を決める仕組みが、変わった :年間固定制→価格変動制)(日本の小麦の9割が外国産で影響大)
 3.中国・インドでの小麦需要が増えた
   (経済成長による食生活の欧米化)
などいろいろありますが、どれもすぐに解消する問題ではないので、残念ながら、今後も値上げは続きそうです。


と、いうことで、小麦を原材料として使う商品も値上げ・・という構図ですよね。
家庭用パスタや小麦粉、カップ麺、パン、うどん、お菓子!!!

そして、畜産農家が飼料コストを吸収できずに食肉の値上げにも波及しそうと言うニュースも出ています。
原油高騰もあって、何もかが値上げ!ってことにもなりそうです。

いったいどうなる?
日本の食卓!

気軽にうどん屋さんに入ることも出来なくなる日も近そうです。


<付録>
なあんて、気鬱になったので、面白いものを探してみました。
織姫さんからの情報、アマゾンで9割引の商品を買う方法(←クリックで記事にとびます)

きっと、こんな工夫が、もっともっと必要になりますね。

<追記>
先日の、アクセス数と人気クリックがおかしい・・に、コメントいただいた皆様、ありがとうございました。
アクセス数については、善意のいたずらであることが判明いたしました。(ご本人より、ご連絡あり)

「私のせいかも・・」とご心配くださった方々、お騒がせしました。
今後も、変わらずに、来ていただけると、とても嬉しいです。

ポイントも普通に戻ったようですね♪
前の分が減算されずに、クリックしても加算されなかったので、システムトラブルなどの対応ご支援もしているサガか、「これはおかしい」なんて、余計な心配をしました。

watanabeさんのおっしゃるとおり、仕事ではないのですから、楽しみつつ、余裕で過ごしたほうがいいよねって、思いました♪
watanabeさん、ありがと~。


ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリック(応援)してくださると感謝感謝です♪
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへブログ村

a_03.gifFC2

banner_02.gif人気ブログランキング
う~ん・・・アクセスカウントが急に増えて、ブログランキングのクリックが急に減った理由はなんだろうかと、少し追ってみました。

・ fukuokachu!さんが、短時間にかなりの回数アクセスして来られていること
・ ブログランキングのクリックが反映されていないこと
・ ランキングのページが真っ黒になっていること
・ FC2に質問を送っても、返信がないこと
・ FC2のブログランキングの数値が、数日間変化がなかったこと
・ 自らを応援した、自分でクリックしたものも反映されていないこと

他の皆さんのところは、変なことはありませんか?

なんだか、不安ですね~~
ネットならではの不安ですね

姿が見えない分、本質が見える部分と、見えない不安

何か起きているのでしょうか・・・

願わくば、悪意の何かではありませんように願いつつ


クリックしたらコメントいただけますか?
検証をしてみたいと思います♪
ブログランキングに参加しています。
今日はテストの日・・・

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへブログ村

a_03.gifFC2

banner_02.gif人気ブログランキング
皆さん、ビールはお好きでしょうか?
ビールの消費量としてみると、衰退減少傾向ではありますが、
・家での晩酌の1本
・宴会での「とりあえず」最初の注文(乾杯!)
っていうのは、まだまだ、ビールが主役ですね。


でも、競争が熾烈なものの代表として、缶コーヒーとビールが、まず思い浮かぶほど、大変な業界でもあります。

今日は、先日見たのテレビ番組(キリンビールの社長さんご出演)が印象的だったので、いろいろ調べてみましたことをご紹介したいと思います。


私は、ほとんど自発的にテレビをみることがございませんで、ウチのテレビには、娘が録画したものが、娘の気分で流れているため、いつ放映の・・なんてことは、はっきりしないのですが、がっちりマンデー!!という番組だったと思います。

キリンビールは、今年の7月に、持株会社制への移行にともなって、麒麟麦酒株式会社となりましたが、出演されていたのは、この新会社の代表取締役社長の三宅占二氏です。


ビールといえば、戦前は、常に大日本ビールの独り勝ちだったらしいですが、戦後、GHQの求め(過度経済力集中排除法)基づいて、アサヒとサッポロに分割されて以降の長い間、キリンビールがトップを走り続けていました。

ですが、皆様ご存知のとおり、1987年に発売した「スーパードライ」の人気によって、2001年には、アサヒビールが、トップの座を奪い取りました。

それから、5年。
今まさに、キリンアサヒの戦いは、熾烈を極めています。
 ・ 2006年上半期 キリンの勝ち
 ・ 2006年上半期 アサヒの勝ち
2007年上半期の数字は、キリンが37.3%、アサヒが37.4%だそうです。

あまりに熾烈で、ご苦労とやりがいとの双方が、思いやられ、おもわず「ご苦労様です」と言う言葉が、出てきてしまいます。


消費者からすると、この競争は、良い商品とサービスが期待されるのですが、この勝負、結局は、双方の企業の理念の戦いなのかも知れません。


テレビ番組では、キリンの社長さんは、「ライバル社を気にするよりも、客の心をとらえることに重点を置いている」とおっしゃいました。
思わず、拍手喝采♪


ここで言う、「客」とは、居酒屋などの店舗や酒類販売店と、消費者としての私たち最終顧客という2種類があるでしょう。

キリンが、5年前にアサヒに首位を奪われた原因を、社長さんは、「お客のことが見えていなかった」とおっしゃいました。
そして、再び、首位を奪還するために、変革を断行します。

ビール業界では、新聞の勧誘のように、お客様へは、いろんな「ものの提供」が常識だったとのことですが、キリンは、これを撤廃しました。

商品の利商品以外の利については、以前の記事にも書きました。
キリンは、この商品以外の利の部分の変更を決断したのです。

居酒屋などの店舗や酒類販売店に対して、「もの」のかわりに提供する、商品以外の利は、ビールをおいしく注ぐ方法や、サーバーのメンテナンス方など、その店舗の商売そのものの向上させる「ノウハウ」や「情報」でした。

顧客視点の判断です。


私がこれまで関わった企業さんは、300社を超えましたが、日々の仕事の中で、はじめから、顧客視点の考え方を定着させておられたところは、片手の数社ほどでした。

お客様第一主義とかかげながら、「具体的にはどういうこと?」と問われて、答えられるところも案外少ないです。
「安いこと」と捕らえておられる営業さんは、結構多いです。

でも、駅前などで、無料で配るティッシュや粗品って、そんなに嬉しいわけではありません。
安けりゃ嬉しいのではなく、欲しいものが手に入ることが嬉しいのです。費用対効果として、価格と手に入れたときの満足度の比較をし、その差が大きいほど、良い買い物をしたと思うものです。


きっと、本当に、相手が欲しいと思い、相手の役にたつ何か・・・これを提供できるかどうか・・が、商売のミソであると、再認識をいたしました。

キリンとアサヒ・・さてさて、今年は、どちらが勝つのでしょうか。


ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリック(応援)してくださると感謝感謝です♪
a_03.gifFC2

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへブログ村

banner_02.gif人気ブログランキング
コンプライアンス(企業を潰さないためのリスク管理)のセミナーに、ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。

セミナーや研修をして、「これは失敗だったな」と思うのは
 1.質疑応答の際、手があがらないとき
 2.事後アンケートに、「普通」にチェック&コメントなし
のときです。

「たいへん満足」「ほぼ満足」はともかく、「少し不満」「たいへん不満(期待はずれ)」よりも、私にとっては、「普通」評価が最もショックです。
「普通」の印象で、格別のコメントもない場合、その受講者の方にとっては、何の印象にも残らなかったということだと思うのです。時間の無駄遣いをさせてしまったなあと、思わざるを得ないですよね。


昨日のセミナーには、お集まりくださった企業さまの規模と内部統制状況が、あまりに不ぞろいで、話し手としては、とても不安でしたが、活発にご質問も頂き、アンケートも感想を多く頂けて、安堵&感謝でございます。


さて、タイトルに記しました、「コンプライアンス法令順守」という表現には、違和感をお持ちの方もおられるでしょうね。

だって、日本では、コンプライアンス=法令遵守と約されていますもの。
でも、コンプライアンスは、もともと『充足する』『調和する』という意味で、工学的には『物体のしなやかさ』という使われ方をいたします。

企業へ打撃を与えない対策として、コンプライアンスを考えたとき、日本でも、法令を遵守するだけでは、片手落ちな社会になってきているということは、見逃せません。

たとえば、パロマ・・・湯沸し器の事件では、法令遵守という面だけから考えると、過去20年あまりでおこされた、かなりの数の訴訟では勝訴しており、社会通念や、道徳的にはおかしいけど、法律的には非はない状況でした。
でも、パロマは社会的制裁を受けました。
 ・ 売り上げは大幅に減少
 ・ 無償交換や無償点検に伴うコストは200億円超
 ・ パートやアルバイトなどのリストラ
 ・ 社会的信頼失墜
企業としては、大打撃です。

そもそも日本では、法律と社会の実情が乖離している傾向があります。
ですから、法律では罰せられなくても、社会が下すペナルティは、見逃せません。


不祥事後、必死に立ち直ろうとしてきた、その後の雪印という記事(←クリックで記事が開きます)にも明確に示されています。

企業は、顧客の求めるもの、社会の求めるものを敏感に感じ、これに則した対応をしていくべきなのです。

でも!!私がメインでご支援させて頂いているような、中小企業さんですと、内部統制なんて、そんなことを考える余裕は、まだまだない!というのが実感ではないかと思います。


コンプライアンスとか、リスク管理とか、内部統制とかって、余裕のある企業がすることと、思わないでいただけると嬉しいです。

以前、急成長中の中小企業さんのご支援に入った際、その売上至上主義に不安を抱き、社長さんに進言したことがあります。
誠意と情熱にあふれた、素敵な社長さんでしたが、「内部統制を整備する時期がきています」と言った私に、「もうしばらくの間は、成長こそが第一優先です。もう少ししたら、考えます。」とおっしゃいました。

そして、その3ヵ月後、主軸社員さんの不正により、億に近い直接的損失を受け、その後の影響対応のために、さらに深刻な損害を被ったのでした。
地域に根付く中小企業でしただけに、噂も痛かったですし、迷惑をかけたお客様への対応に全社員であたったため、新規の売上は、半年間ストップ状態になってしまったのです。潰したほうが楽でしょうと、聞いた私に、その社長さんは、「私の責任において、誠心誠意、命をかけて放り出したりしません」とおっしゃいました。

あれから2年。
その企業さんにも、やっと、先が見えてきました。
社長さん(企業さん)の誠意の対応の賜物であろうと思います。


誤解しないで頂きたいのは、コンプライアンス・リスク管理内部統制って、費用のかかる余裕のあるものが「やる」しろものではないってことです。
これは、ミスの防止、社内価値観の統一や社会貢献実感によるモチベーションの向上など、不正の防止を超える価値があるのです。
もちろん、どの程度が妥当かっていうのは、企業の規模と経営状況に左右されますが、そこを考えて
 1.リスクの保有(落とし穴があることを認識して、対策できるようになるまで、みんなで気を受けましょうね~~と意思統一)
 2..リスクの移転(個人情報漏えい保険とか、取引先倒産などに対する補助を受けるとか)
もありですが、落とし穴の位置と状況を把握しておくことは、絶対条件です。

そして、できるところから、対策していきましょう。
リスクの回避と低減の実現は、必ず、企業の強さを育てるはずです。
その効果分析→改善って、道のりも忘れずに整備します。
これって、業務改善にもつながりますから、どうぞお試しあれ!!!

また、長くなってしまいました。
セミナー資料をアップしたいと思っていましたが、これ以上の長編はご迷惑ですね。

もしも、ご興味をお持ちで、資料くらい見てみようかなと思われた方は、ご連絡ください。
メール等の手段を使って、送らせて頂きます♪


ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリック(応援)してくださると感謝感謝です♪
a_03.gifFC2

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへブログ村

banner_02.gif人気ブログランキング
皆さん、市区町村で手続きする(住民票とったり、福祉の申請をしたり・・・)ほとんどのサービスが、ネット経由で24時間受付られていることを知っていますか?
確定申告の電子申請は有名かもしれませんね。
会社をつくったり、登記簿謄本をとったり、なんてことも、ネットから申請できるようになっています。

知っている方は、たくさんおられるかな・・とは、思うのですが、「ネット申請できること」の範囲を知っているとか、実際に、電子申請をされたという方は、少ないかもしれません。


昨日18日、電子政府推進員協議会(九州・沖縄合同)に、オピニオンリーダーとして参加して参りました。

他に、市のブランド化推進委員産業・雇用戦略本部の委員など、
頼まれると、基本(よほどでないと)断らない私は、なんだかんだ引き受けて、いつも大忙し♪ってことになってしまうのです・・・でも!!
 ・ 強制的に自分が勉強する場をつくる
 ・ 他の見識者や現場の声をきける(擬似経験)
 ・ 深く考える場をもてる
なんてメリットは大きく、大変に勉強にもなるので、感謝をもって務めさせていただくことにしています。


中でも、この電子政府推進員協議会(←クリックで、硬い総務省の文章が開きます)からは、ふたつの驚きと気づきを頂きました♪

私、当会のオピニオンリーダーとして、呼ばれておりますし、電子申請に関しては、知らない方ではないと思っていましたのに、現状の説明を受けたり、調べたりして、初めて、
 ・「え~~!こんなことも、ネットで申請出来たんだ!」とわかったサービスもあり、環境整備が進んでいることを知りました
 ・また、どうしたら、みんなが、便利に思ってたくさん利用してもらえるかということについて、総務省のお役人が、真剣に、意見を聞いて対策をしてくださろうとする姿と、体制に触れて、感動感謝、いたしました。


地方によって、差異はあるものの、電子申請を行える環境は、かなり整備されています。
ほとんどのことが、ネット経由で済ませられると思ってもいいくらいです。

あとは、「どうしたら、皆さんに、利用してもらえるか」!!を考えることが、私たちの役目のようです。

そして、まだまだ、
 ・ 現物添付資料のこと
 ・ 電子認証カードが必要なこと
 ・ 申請ソフトのダウンロードなどの準備が必要なこと
 ・ 何ができるか、どうしたらできるか、あまり知られていないこと
など、改善点は多くありますが・・・

今なら!!
改善案をいただけたら、検討反映してもらえるチャンスです♪
「こんなふうに(使いやすく)してくれたら、もっと、利用するんだけどなあ・・」
「こんなことに、電子申請を使いました」
「こんなとこが便利ですよ」
なんて、ご意見や経験をお持ちの方は、ぜひ教えてください♪


よろしくお願いしま~す!


ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリック(応援)してくださると感謝感謝です♪
a_03.gifFC2

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへブログ村

banner_02.gif人気ブログランキング
タイトルは、明後日19日の金曜日に行うセミナーのタイトルです。

危機管理リスク管理の違いって、はっきり認識できている方、すばらしいです♪
でも、私がメインでご支援させていただく、中小零細企業さんは、「ただいま成長中!」のひたすら頑張る、元気印の集団であることが多く、
少しでもたくさんの人に知ってもらって、売ることが、第一義でこられているために、こういうことは、あまりご存知ない方がほとんどです。

RiskとCrisis ← (リスクと危機の違い)クリックで大きくなります。

確かに、企業不祥事のニュースなどは、誰もが知っている大企業や、有名人が関与するものだけが取り上げられていたりしますから、中小零細企業にとっては、「私たちには、まだまだ、関係な~い!」って、印象をうけがちです。

でも、危機って、どんなものがあるでしょうか?少し思い浮かべてみてください。
1. 風評被害
  ・「○○銀行って危ないらし~」→解約あいつぎ、本当に危なくなる
  「食中毒の原因って、カイワレ大根らし~」とか、
  「納豆がいいってのは嘘らし~」とか
  何かのきっかけがあったり、なかったり、それはいろいろですが、自分の関知しないところで、噂の被害にあうことです。

2. 個人情報漏えい
  業務を委託した業者が、過失や故意によって、流出させたときも、原則として、委託元が管理監督責任を問われます。(専門分野なのでもっと書きたい~~・・でも、今回はガマン・・・)

3. ブランドイメージを崩壊させる、商品の不良や管理不良
 ・赤福 ・白い恋人 ・不二家 ・ミートホープ ・雪印
 商品自体は人気でも、一気にブランド崩壊ですね。
 これは、地元で「噂の○○」って、人気商品でも同じです。

4. 粉飾決算など、企業組織としての不祥事
 ライブドアとか、カネボウとか、話題になったものも多いので、会社法では、小さなところもそれなりに、統制を求められています。
 また、将来大きくなるつもりなら、きっちりしたお金の管理は、はじめから心がけておいてほしいです。

5. 取引先の管理強化による、要請内容の変化
 取引先が、プライバシーマークを取得して、委託先評価にご協力ください!なんて言われたことはありませんか? 上場企業の取引先をもつ、中小零細企業さんは、SJOX対策に絡んでの対策を求められる可能性もあります。

などなど・・・・・・

危機は、そこら中に、点在しています。
なんて、脅していてはいけませんねm(_ _)m

今の時代、不祥事は、隠しとおすことができなくなっていますし、隠すより、正直に透明に誠意を持って対処するほうが、社会には受け入れられやすいです。

ただ、何かが起きて、強い人気商品を持ち、成長を見込める場所にいながら、ブレーキがかけられたり、撤退を余儀なくされたりということは、避けたいですよね。

もちろん、対策をしたからって、地震や風評など、降って湧いたような危機に見舞われることもありますが、そんなときに、大打撃を受けずに済むように・・・日ごろから、考えておきましょう。
きちんとリスクを洗い出して、評価分析し、将来を見据えた身の丈にあった、投資効果を得られる対策をして頂ければなあと、願っています。


セミナーは、小倉のAIMで行います。
参加は無料ですので、お近くで、ご興味をお持ちの方はお越しください!
くわしくは、こちら


テーマ: コンプライアンスって何~企業の存続に関わるリスク管理について
日時: 2007年10月19日(金) 17:00~19:00
場所: 北九州市小倉北区浅野3丁目8番1号AIMビル6階
   北九州テレワークセンター A会議室

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリック(応援)してくださると感謝感謝です♪
a_03.gifFC2

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへブログ村

banner_02.gif人気ブログランキング
抵抗勢力とのやり取りについて、具体例があったら、もう少し教えて欲しい・・・
前回のブログを読んだ方から、直接、メールを頂きました。

具体例は、たくさんあるものの、私自身の例は、伝えようとすると、会社さんや対象者が特定されてしまう恐れがあるので、もうひとつ、記事引用でお話させて頂きますね。

今回の事例は、ITProという、日経BP社の発行している記事です。
日経ネットビジネスの11月号(10月25日発売)の特集
(クリックで記事に飛びます)「抵抗勢力に刺されないための裏技とは」は、タイトルは少し、センセーショナルですが、内容的には、うなづけるものでした。

インターネットを使った販売チャネルの改革の指揮をとった、富士通ゼネラルのインターネットビジネス開発部の堀進部長の実例です。

そもそも、ITWebを含む)を使った改革には、抵抗勢力がつきものです。
まず、業務の効率化や新規事業の展開には、これまでの業務のプロセスに変革を求められますから、「これまでと変わる」ことへの抵抗感を持つ方々というのが、出てきます。
ITWebを含む)に苦手意識をもたれていて、拒絶反応を見せる、えらい方もおられます。

ですから、ITWebを含む)を使った改革を推進するリーダーは、この抵抗勢力に悩まされることが多いのです。

このときの抵抗勢力は、ご紹介した記事にもありますが、私の経験としても、たいてい
 ・ 経営層などのキーパーソン
 ・ 現業を変えたくない現場担当者
であることが多いです。

記事をそのままご紹介すると、
管理職として経営サイドに立たされている部長や担当役員は,経営戦略として決定したネット戦略のビジョンについては合意しているはずだ。しかし,戦略が具体的に戦術レベルになり,人員削減など自らの部門の利益と相反することが明らかになると,ネット戦略の実行計画を素直に受け入れられず,抵抗勢力へと変貌する可能性があるとあります。
全くもってそのとおり!という経験を、私もいくつもいたしました。

そんなときに有効なのは、前回のブログにも書かせていただいた、「巻き込む、取り込む、頼る、伝える」という手段です。

変革の意義や、当人および会社が受けるメリットなど、しっかり事前に伝えておくことが、重要です。
蚊帳の外に置かれると、不満と敵意が募って、激しい抵抗にあうことが多いと思います。

事前の説得は、ひとによって、
 1. ノミニケーションやタバコ場外交で、親交を深め、情に訴える
 2. 反対によって生じる損失を伝えて、脅す
 3. あなたの協力がないとやれませんと、頼る

など、いろいろでしょう。

私の場合は、女性ですし、性格的にも、2.は向かないので、1.と3.の融合策をとることが多いです。
だって、実際、その方が抵抗勢力となると、やっていけないのですから、それを素直に伝えるのは、伝わりやすいと思います。


ただ!
既に、抵抗勢力を見逃したまま、プロジェクトが進み、引き返せないところまで来たところで、抵抗爆発した場合・・・・どうすれば良いのでしょうか?

もちろん、そこに至る前に、抵抗勢力となりえそうなひとをマークしておかなければいけませんが、それでも見逃してしまった場合ですね。

感情的にもつれると、泥沼に入ってしまいます。

この場合は、いかにもつれた感情をほぐすかが、第一義となります。

もつれた相手が、最も尊敬するひとや、協調しているひとを見極めて、そちらから説得し、仲介を願うのも、ひとつの手段だと思います。
その方が、最もリラックスできる趣味の世界とか、他の何でもよいですから、協調できる「何か」を見つけて、もめている事案以外に、どこかで意気投合する場面をつくれたら・・・これも突破口になるでしょう。

ただ、一度もつれると、ほどくのは大変・・・
もつれないための策を事前に考えておくことが、一番ですね~~~~


ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリック(応援)してくださると感謝感謝です♪
a_03.gifFC2

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへブログ村

banner_02.gif人気ブログランキング

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。