経営戦略、IT戦略、Web戦略、人材育成、内部統制整備のご支援を生業としています

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

荒添美穂

Author:荒添美穂


☆公認システム監査人
☆システム監査技術者
☆ITCインストラクター
☆総務省電子政府推進委員
☆中小機構CIO育成チーフアドバイザー
・・・ 他

大学での講義や年間80件以上のセミナーを開催。
アイディア勝負のブルーオーシャン戦略支援を得意とする、中小企業の経営コンサル業を営み25年。
ネット活用の売上拡大支援では90%以上を売上3倍以上を、SEO対策は100%の成果を実現している。
創業支援から経営コンサルの育成・教育まで、「ありがとう」と言われるコンサルティングを身上とする。
※ 中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、各所の中小企業支援センター、みらさぽ等の専門家派遣可


来て頂いて感謝♪


お世話になります!


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創業起業の心得

現在、実施中の創業塾in下関(全10回)の内容を抜粋してご紹介いたします。


不景気だ、不況だ、雇用だと、耳にタコ的話題で、皆さまかなり、うんざりされておられるのではないでしょうか?

先の記事にも書きましたが、
世界的、全国的購買意欲の減少で、経営悪化を免れないのは、
● 世界的、全国的市場の高いシェアが必要
● 顧客層、使い方、価値などの変化がない商品
くらいです。


総販売可能数の少ない、規模が小さな商売ほど、隙間を勝ち抜けることが勝負どころ ですから、

不況の長引く今こそ、創業起業のチャンス!ということで、
現在、下関で、創業塾(全10回)を開催しております。


今回お集まりの22名さんは、みなさんビジネスアイデアをお持ちでしたから、 まずは、そのビジネスの価値を客観的に評価し、ブルーオーシャン的アイディアを付加することをお考え頂きました。
そのために、
1.ブルーオーシャン戦略の理解
成功事例とアイディアの出し方、サービスを分解して再構築することを演習しました。

2.事業ドメインの整理
現在想定するサービスや商品を『誰に』『何を』『どう売るか』整理をし、
・売り先を変えてみる→『何を』『どう売るか』を連動して変える
・商品サービスにちょっとしたアイディア付加→連動変化を考察
・いろんな売り方を考える→連動変化を推測
することで、想定する事業ドメインを一旦増やします。

3.事業価値の再考
2.で増やした事業ドメイン事業価値を分析します。このとき、顧客(誰に)にとっての価値と、 事業者(自分)にとっての価値を分けて考えるのがポイントです。

4.事業の強さの分析
2.で増やした事業を5F(5つのフォース=力)分析によって、事業の強さを算定します。
・顧客との力関係:選び放題か、ここにしかないか
・同業との力関係:勝てるか、のるか
・仕入先との力関係:取引交渉できるか
・代替品との力関係:商品・サービスの寿命はどのくらいか
・新規参入の容易さ:うまく行った時、競争が増え易いか
といった考察を重ねて頂きました。


次のステップは、ビジネスアイディアをビジネスプランとすることです。そのために、
5.成功のストーリー創作
目的と目標の違い、課題と問題の違いをご理解頂き、現状から目標を達成するストーリーを つくります。このとき、中間目標を明確にして、達成のための重要成功要因を洗い出します。

6.展開計画1策定
5.の重要成功要因を中心に、『財務』『顧客』『業務』『人材・組織』の各視点で やるべきこと、その結果などを繋ぎ、成功のストーリーを具体化します。
7.展開計画2策定
6.のストーリーに時間的な側面と優先順位などを考慮し、業務展開計画とします。
8.キャッシュフロー計画と資源確保計画
7.の業務展開計画に必要な『ひと』『もの』『金』を明確にし、時期的なものも考慮しつつ、 展開計画の実現性を確認します。
の計画策定フェーズを経て、事業計画書を作る予定です。


創業の場合、融資を受けるにしろ、仕入・取引開始にしろ、
どう信用を確保するか
・・・が、大問題です。

ですから、この創業塾では、事業化の算段に加えて、
受講者の方には、入れ替わりに以下4つの役目をして頂いております。
◆ 自プラン発表 : プレゼン・説得
◆ 仕入先取引先 : 掛け取引の可否決定
◆ 顧客     : 購入の可否決定
◆ 銀行等支援者 : 出資や融資の可否決定
この演習は、客観性を養うこと、異なる視点を理解すること、プレゼンや営業力をつけることが、目的です。


さて、次の発表者は、
どのくらいの関与者(取引先、顧客、出資者)から、支持を受けられるでしょうか。

と、いつもワクワクドキドキな講習会なのでした。


★ブログランキングに参加しています★よろしければ、クリックお願いします
arigato01.gif
FC2★→ f_01.gif
ブログ村★→ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログ★→ banner_02.gif
スポンサーサイト

移ろいゆく世と普遍性



世の中、世界は、その情勢や個々の商品・サービスに至るまで、急速な変化を見せています。

iPADが出ました!と流れたのは、つい先日のことのようですが、 医療や教育現場では、すでにその導入が始まり、急速に浸透していくのは確実なようです。


医療機関での導入例
◆ 診察前の問診や救急でヒアリングした情報を看護師やクラークがiPadから入力、患者さま情報を即時に全体共有する
◆ 医師からの口頭指示を看護師がiPADで録音、再生しながら実行
※ 電子カルテのメーカーは、iPADとの親和性を高めるために、開発を急いでいるようです

また、PDFの契約書に手書きでサインしたり、略図を書いて挿入できるアプリも便利そうですし、

感情が表現されたボタンを押すことで、うまく会話ができない状況にある方との会話を支援するアプリもあるのだとか・・・


教育現場での導入例
◆ 教材配布(教科書含む)をiPADで実施
◆ 授業中、理解度など学生の意見を共有
◆ 黒板がわりに使用
◆ 小テスト実施・・・解答にかかった時間や採点結果をリアルタイムに把握
※ 学生の内職が増えることは必至でしょうが・・コミュニケーションツールとしての価値は大きそうです


弊社スタッフも、iPADi-Phoneのアプリケーション開発講座を受講するなど、情勢に遅れないよう努力中だったり致します。
IT業界は、どんどん新しい技術がでますし、
検索エンジンのロジックは、どんどん変化しますし、
法令や経済環境の変化も激しい
となると、どの企業の仕事も常に変化に翻弄されるイメージが拭えません。


ですが、何かが変わるということは、新しいビジネスチャンスが生まれる という、普遍的原則があるのでございます。


消費税率が変わると、その対応に企業は翻弄されますが、それで特需が来るところもございます。

新しい技術が台頭してくる時期には、変化対応の早いベンチャーが成長します。



変化には、隙間が付きものなのでございます。


クラウドとか、シンクラとか、わけのわからない言葉が飛び交う昨今ですが、
「わけわからん!」で終わるか、
「変化の隙間を見つけるぞ!」と思うか
には、大きな違いが出てくる気がいたします。


ポイントは、
変化内容の詳細を勉強するというよりも、
派生で変わるものは何か、変化の影響を把握する
ことだと思うのです。

作れないから活用できない!と投げ出さないで、
大きな流れに目を向けて、ブルーオーシャン(アイディア勝負)で勝ち抜けを狙ってみてはいかがでしょうか?


★ブログランキングに参加しています★よろしければ、クリックお願いします
arigato01.gif
FC2★→ f_01.gif
ブログ村★→ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログ★→ banner_02.gif

苦境に負けるな



豪雨被害のニュースが飛び交っておりますが、皆様ご無事にお過ごしでしょうか?


思えば、福岡では、昨年も豪雨によって、大きな被害を受けました。
最も雨がひどい時に、最も大きな被害を受けた地域で仕事をしていた私は、命からがら帰宅したことを思い出します。
>> 詳細記事 :  豪雨と災害とナビ

昨日は、近隣の紫川が氾濫し、避難勧告が出された地域も出ましたが、 私はといえば、14日は北九州中経協の委員会、 15日はビールフェスタと、変わらずうろうろしております。

7月を考えますと、
 仕事がらみの会食6回
 お誕生日や慰労会などでの食事会(飲み会)が4回
 熊本2回、長崎1回という遠出もさせて頂きまして、
まさに、雨にもマケズ、風にもマケズな、2週間でございました。

ただ、どれも、深く心に刻まれるシーンを経験することができまして、 このような機会に恵まれますことを感謝感謝でございます。


長崎では、
苦境からの脱却を目指し、再生事業の展開中のハウステンボス(HTB、佐世保市)がございまして、 再生策を探るシンポジウムが、ホテルヨーロッパで7月10日に開催されました。

破綻後、その規模の大きさゆえに、誰も手を出したがらなかったハウステンボス再生は、
旅行会社のエイチ・アイ・エス(沢田秀雄社長)によって、 「観光ビジネス都市」を目指すところから始まっています。

夏休みの集客に向けて、7月16日には多くのイベント等が追加開催されるとのこと、
また、場内の3分の1を無料化するなど、 先の記事でもご紹介いたしました、 『Free』なビジネス形態は、 当再生事業にも取り入れられているようです。

10日11日時点での入場者は、アジア圏観光客が多く、場内は中国語や韓国語の案内も充実しておりました。


熊本へは、
医療に熱い情熱を燃やす岩本内科さんの目指す『医療コンシェルジュ』志向充実のため、 院長先生はじめ6名で、これを実展開されている SENDAクリニックさんを見学させて頂きに参りました。
岩本内科の院長先生については、当ブログ右下のブログ友達エリアから、院長先生ブログへ飛べますので、 詳しいご紹介は、致しませんが、 今後、世界でも有数の肝臓がん治癒率を持ち、海外での学会発表や講演もされておられるアツイ先生です。
SENDAクリニックさんでは、スタッフのひとりひとりが 仕事の達成感で涙できるほど、また、夢や理想と自分のなすべきことをリンクして語れることなど、 本当に素晴らしく、感動いたしました。

もちろん、一夜にしてならず!ですし、様々なご苦労もおありの中、 常に前向きに考え対処されての成果であるとともに 今も課題を探し、よりよい明日を模索し続けることが肝要であることを再認識させて頂き、感謝感謝でございます。



ご説明できなかった7月のいろいろをひとまとめにしてしまいますと、
ひとも、ビジネスも、
苦境や課題と出会い、前向きにクリアへ向けて行動するところに、
成長と成功へのジャンプ台が隠れている
ような気がしています。

ハウステンボスなど、抱えるものが大きくなりますと、身動きするにも重く大変ですが、

特に規模の大きくない組織にとっては、不況も含めて、苦境や課題のすべてがチャンスとなり得ますから、 今、克服すべき課題にお悩みの方も、どうかポジティブにあきらめずに、突破口を探して精力的に参りましょう!


また、熊本は、別件で今後とも伺う機会が増えそうです。
力強い緑の国・・・熊本での新しい出会いに、期待感の募る私なのでした。


★ブログランキングに参加しています★よろしければ、クリックお願いします
arigato01.gif
FC2★→ f_01.gif
ブログ村★→ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログ★→ banner_02.gif

経営の判断


強みを伸ばすか、弱みを消すか【2】
icon_arrow.jpg【1】はこちら   icon_arrow.jpgサイトマップはこちら

強みを伸ばすか、弱みを消すか

どちらに資源を投下するかと言えば、創業を含め中小零細企業の場合は、強みを伸ばすご支援をすることが多いです。


理由の一番は、もちろん、そちらの方が、効果が出やすいからです。
何度も記事にしおススメしております、アイディア勝負ブルーオーシャン戦略にしても、 もともとの強みを活用したものの方が進めやすいということは、ご理解頂けると思います。

その強みに、機会(自分の力では動かしようのない、社会の動向や変化によるチャンス) を利用して、他社に真似できないほどの強みに育てられたら言うことはありません!!!


他人事であれば、多くの方がこうお考えになることでしょう。


ところが、実際のご支援に入りますと、皆さんが口を揃えておっしゃるのは、
◆ ここが悪い
◆ これが無い
◆ 人材の力不足
◆ 情勢が悪い
などなど、悪いところばかりを列挙されます。

これらが改善されないと、儲かる商売にはできません・・と、 まるでできない理由を探して、失敗を証明しているかのようになってしまうことも多々ございます。

ですが、実は、
弱みは強みの裏返しですし、
ピンチはチャンスでもあることは、間違いありません。


成功される方は、おしなべて、困る部分を活用するのがお得意でらっしゃるようでございます。


もちろん、何もリスクに目を向けずにいけいけドンドンではいけないことも周知のことです。
新規に事業を起こされるとき、留意をして頂きたいことは、
◆ 組織づくりも並行整備すること
◆ 引き際(撤退戦略)を検討して、撤退基準を決めておくこと
◆ 強みは弱みと表裏一体であることを意識し、陥りやすい穴を認識すること
◆ 事業の存続を脅かすほどの弱みを抱えている場合は、これを顕在化させない手段を講じるか、先に対策をうつこと
などです。


強みは弱みと表裏一体について、もう少しお話しますと、
強み:「小回りが利く」や「顧客に応じて柔軟に対応できる」は、
弱み:「標準工程や規則、規定の不徹底」にもなりますよね。
この場合、一般的な標準工程遵守を徹底すると、強みも消えることになります。

強み:「少数精鋭」は、
弱み:「ひとりの離脱が大ダメージ(代替がきかない)」や「日常的にみんな手一杯で、新事業へ人的資源を投下できない」とも言えます。
弱みを消す際にも、強みを伸ばす際にも、その影響をよくよく検討しなければなりません。
また、新規顧客を得るために、既存顧客を捨てることにならないか・・・なども、考えてみるべきなのです。


この評価基準の大きなものは、
 ● リスクと効果の対比とともに、
 ● 企業・組織の理念や目標への合致度
 ● 実現しやすさと時期

だと思います。


大切で、重要で、これが答えという画一的正解のない大変に微妙なところなので、 この検討をするときには、手前味噌に「私の役立ちどきだわ!」とはりきってしまうのです。


理想は、
強みを活かし、
アイディアを付加し、情勢を味方につけ
それをすることで影響するマイナス部分に対策をし、
展開状況を敏に見つつ、撤退・転換・前進を決定する
ということで、
この具体的な方策事例は、また次の機会に書くことと致します。

こんな時期だからこそ、中小は成長するチャンス!の思いで、皆様、はりきって参りましょう♪

経営の判断


強みを伸ばすか、弱みを消すか【2】
icon_arrow.jpg【1】はこちら   icon_arrow.jpgサイトマップはこちら



★ブログランキングに参加しています★よろしければ、クリックお願いします
arigato01.gif
FC2★→ f_01.gif
ブログ村★→ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログ★→ banner_02.gif
人気ホームページランキングへ

経営の判断


強みを伸ばすか、弱みを消すか【1】
icon_arrow.jpg続きはこちら   icon_arrow.jpgサイトマップはこちら


先日、ある機関から、創業起業を目指す方へ向けての研修セミナーのカリキュラム作成依頼を頂きました。


一般的には、起業と言うと、ゼロからの出発で『大変』というイメージをお持ちかもしれません。

ただ、私的には、疲弊した中小企業さんの思いっきりマイナスからの逆転よりは、 やりやすいことのような気が致します。

子どもを産むのと、立派に育てるのと、
どちらも大変かもしれませんが、やはり後者の方が継続的な努力が必要な上に、何かの失敗を埋めるときの苦労は並大抵ではないのと似ているように思うのでございます。


ですから、創業起業を目指す方へは、まず初めに、
困難に出会った時、情熱の持続はできますか?とお聞きしています。
戦略をたて、
調査をし、
戦術を練り、
行動計画・キャッシュフロー計画を策定して、
『必ず成功する』と確信を持って臨んだビジネス展開でも、必ず幾度かの壁に出会います。


それが、自分の落ち度でなく、取引先や社会的な急変であることもありましょう。
そんなとき、へこたれずに頑張れますか?ということと、
社会的、全体的な急変時こそ、小さなところのアイディアビジネスで勝ち抜けるチャンスであることを思って、 前向きに進路変更していくことができますか?


経営者には、試練と鍛錬の中に身をおく覚悟が必要ですし、
孤独に打ち勝つための強さと、ストレス解消のための何かを持って、自分のケアもしていかなくてはいけません。


そういう、
転換期や窮地でのアイディア創出を支援し、
試練を乗り越えるときには『エール』をおくり、
孤独を分かつ相手となること
も重要なコンサルの仕事
であると考えています。


ですから、創業起業のセミナーをお受けする折には、
まず初めに、自己変革とブルーオーシャン的思考をお話させて頂いているのです。


それから、戦略の必要性をお伝えします。
もぐらたたき経営では、成功と失敗を繰り返しつつ、幾度か会社も潰しつつといった経緯を辿られることが少なくありません。


でも、戦略とは何でしょう?と改めて問われると、『あれ?』と思われる方もおられると思います。
経営戦略って長期的な経営の指針で、ありがたいお飾り風に感じておられるかたもおられましょう。

私は、戦略という言葉を使う時
限りある資源(ひと、もの、金)と、限りない資源(情報)を
最大限に活用して、組織が強くなるための大きな目標
との思いを込めています。

つまり、戦略とは、
何をやるか
何をやらないかを決め
最終的にどうなるかを定める
ことなのです。


経営戦略策定時には、「選択と集中」という言葉が、よく使われます。
ココ!というところに、限りある資源(ひと、もの、金)を集中投下するという意味です。

今日少し、皆様に思考して頂きたいことは、
あなたなら、
強みを伸ばすか、弱みを消すか!
どちらに資源を集中投下させますか?
「選択と集中」については、PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マトリクス)理論等が有名ですが、 ここでは「論」には触れずに、実践の中でのお話として考えてみてください

ここがダメ・・という部分をなくす努力を優先するか、
ここは強い・・を育てるか、
『ダメな内容や強さの度合いにもよる』というご意見もございましょうが、皆さんの今のそれぞれの立場で検討してみてください。

私の思いは、次回の記事で・・・・・

経営の判断


強みを伸ばすか、弱みを消すか
icon_arrow.jpg続きはこちら   icon_arrow.jpgサイトマップはこちら



★ブログランキングに参加しています★よろしければ、クリックお願いします
arigato01.gif
FC2★→ f_01.gif
ブログ村★→ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログ★→ banner_02.gif
人気ホームページランキングへ

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。