経営戦略、IT戦略、Web戦略、人材育成、内部統制整備のご支援を生業としています

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

荒添美穂

Author:荒添美穂


☆公認システム監査人
☆システム監査技術者
☆ITCインストラクター
☆総務省電子政府推進委員
☆中小機構CIO育成チーフアドバイザー
・・・ 他

大学での講義や年間80件以上のセミナーを開催。
アイディア勝負のブルーオーシャン戦略支援を得意とする、中小企業の経営コンサル業を営み25年。
ネット活用の売上拡大支援では90%以上を売上3倍以上を、SEO対策は100%の成果を実現している。
創業支援から経営コンサルの育成・教育まで、「ありがとう」と言われるコンサルティングを身上とする。
※ 中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、各所の中小企業支援センター、みらさぽ等の専門家派遣可


来て頂いて感謝♪


お世話になります!


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中小企業施策に関する情報提供

九州経済産業局産業部中小企業課から頂いた、今後の中小企業支援策情報をご紹介いたします。
→ 支援施策一覧はこちら

政府、政治については、ご存知のとおり、かなりの混乱と混迷の中にあり、例年実施の思索でも、遅れ遅れになっている状況です。

そんな中ようやく、
◆ 7月5日:平成23年度経済産業省二次補正予算案の概要
◆ 7月1日:中小企業白書(2011年版)
◆ 6月30日公布:平成23年度税制改正(中小企業関係)
について閣議決定、発表されました。

主な内容は以下のとおりです。


平成23年度経済産業省二次補正予算案の概要

(1)原子力損害賠償への対応
◆原子力損害賠償支援機構の設立 〔70億円程度〕
原子力事業者の巨額の損害賠償支払等に対応するための機構を設立するため、出資金を措置する。
◆原子力被災者・子ども健康基金〔962億円程度 うち当省計上分782億円程度〕
福島県からの要望も踏まえ、原子力災害から子どもをはじめ 住民の健康を確保するために必要な事業を中期的に実施するための基金を県に創設。
全県民を対象とした放射線量の推定調査や避難住民等を対象とした健康調査等を実施する。 また、ホールボディカウンター等による検査や、子ども等に対する積算線量計の貸与、 子どもの心身の健康確保事業等を実施する。
◆風評被害対策(中小企業の海外展開支援の拡充) 〔20億円程度〕
中小企業の海外展開を支援するため、海外バイヤーの招へいや、国内外展示会への出展支援等を拡充する。



(2)二重ローン問題対策
◆中小企業再生支援協議会の体制強化・機構設立支援 〔31億円程度〕
被災地域における中小企業再生支援協議会の専門家の増員等体制整備を図るとともに、 債権買い取り等を行う機構の設立に係る事務経費の補助を行うことにより、中小企業の再生を支援する。
◆再生企業に対する利子補給 〔184億円程度〕
再生支援協議会による支援措置を受け再生計画を策定した被災中小企業者等に対して、 当該事業者の金融機関からの借入に係る利子補給を行う。
◆再チャレンジ向けの日本政策金融公庫融資 〔10億円程度〕〕
震災等の被害を受け、一旦廃業した中小企業者等であって、新たに事業を開始する者に対して、 日本政策金融公庫が低利・長期の貸付条件を適用する。
<平成23年度経済産業省二次補正予算案>の詳細をご覧になることは こちら



中小企業白書(2011年版)

(1)「平成23年度中小企業施策」の概要
◆中小企業への幅広い支援
 1.資金繰りの円滑化
 2.財務基盤の強化
 3.下請取引の適正化
 4.事業再生・事業承継への対応
 5.人材・雇用対策
 6.経営安定対策


◆意欲ある中小企業を伸ばす支援援
 1.海外展開の支援
 2.起業・転業・新事業展開の支援
 3.官公需対策
 4.技術力の強化
 5.経営課題への対応
 6.商店街・中心市街地活性化対策
など
<2011年版中小企業白書 概要>を全文見る方は こちら



平成23年度税制改正(中小企業関係)

◆中小軽減税率の引下げ(22%→18%)の延長
① 現行の中小企業に対する軽減税率は、本則22%
② 平成21年4月1日~平成23年3月31日までの時限措置18%
③ 平成23年3月31日までの特例措置である18%
③の軽減税率18%を平成24年3月31日まで適用されるよう延長措置を講じる。

◆雇用促進税制の創設
中小企業が、従業員を10%以上かつ2人以上増加させた場合に、
1人当たり20万円税額控除できる制度を創設(大企業は10%以上かつ5人以上)。
適用期間:平成23年4月1日から平成26年3月31日まで。
◆グリーン投資減税の創設
中小企業が、エネルギー起源CO2排出削減等に効果が見込まれる設備等を取得した場合に、 取得価額の30%の特別償却又は7%の税額控除を適用できる制度を創設(大企業は特別償却のみ)。
適用期間:平成23年6月30日から平成26年3月31日まで。
◆平成23年度末で適用期限が切れた租税特別措置の延長等
法人税率の引下げに伴い廃止・見直しを行うこととしている租税特別措置(中小特例を含む)については、 平成24年3月31日まで適用期限を延長。
<その他の改正内容>について、ご覧になる方は こちら



補助金・公募等関連情報

◆「ものづくり分野の人材育成・確保事業【追加募集】(ものづくり担い手育成事業)」の公募
  詳細はこちらから 




専門家活用情報
企業さんの状況に応じて、適切な専門家やOB人材を派遣している支援機関(九州版)
◆ 中小企業基盤整備機構(九州支部)
◆ 中小企業支援センター、振興センター
◆ 各地域の商工会議所
◆ ネットワーク連携強化事業の認定支援機関
※ 北九州中小企業経営者協会 会員サポート委員会ででは、 適切な相談機関へのご案内をしています
  運営サイト「つながる広がる北九州」はこちら


苦しいとき、伸びたいとき、
もちろん、主体は企業さん自身ですが、
役立つ支援策があれば、どうか、ご活用くださいますよう!!!!

→ 支援施策一覧はこちら


★ブログランキングに参加しています★よろしければ、クリックお願いします
arigato01.gif
FC2★→ f_01.gif
ブログ村★→ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログ★→ banner_02.gif
スポンサーサイト

戦略的CIO育成支援事業

中小企業基盤整備機構では、中小企業でのCIO(「情報統括役員」企業内の情報システムや情報の流通を統括する担当役員)育成のご支援をしています


中小企業基盤整備機構では
■ 戦略的CIO育成支援事業
   (CIO育成アドバイザー派遣事業)
■ 経営実務支援事業
   (旧 企業等OB人材派遣事業)
■ 専門家派遣事業
などの中小企業補助事業を推進しておりまして、この3つは単体でも複合でもご利用頂けます。


昨日は、
九州の中小企業基盤整備機構における戦略的CIO育成支援事業のチーフアドバイザーとして、 支援の品質向上と、支援結果の分析に関する会議に参加するために、
東京虎ノ門へ参りました。

中小企業基盤整備機構も独立行政法人ですから、 事業成果をきちんと残せなければ、また、成果の証明ができなければ、仕分けられる可能性もございますので、 全員、本当に一生懸命やらせて頂いております。


私的には、他のいくつかの独立行政法人に対する事業評価のお役目もありますので、 高い成果を残したいという、ちょっとした意地のようなものも持っていたり・・・



さて、戦略的CIO育成支援事業とは、
1.経営戦略に基づくIT化に関するアドバイス
中小企業等の経営者・役員・管理者として、ITを活用した経営戦略の策定・業務の実施手順の策定、
ITの導入に係る課題の解決などの支援(専門家が月に数回訪問)
2.企業内CIO候補者の育成
専門家によるIT導入に関する具体的なアドバイスを通じて、企業内にCIO候補者を育成
※ 国(中小機構)が運営している制度のため安心、しかも低廉な費用です(無料ではないのですが)
と紹介されていますが、

見える化やIT化や、情報活用だけでは、経営課題は解決できないことがほとんどです。

それで、下記のような キャッシュフロー改善や、営業さんの教育、マーケティング他への助力と複合でのご支援を させて頂くことが多いようでございます。
経営実務支援事業(企業等OB人材派遣事業)
技術・経営・マーケティング等の経営実務について経験豊富なアドバイザーを派遣して、 特定課題の解決に必要な実務的知識・ノウハウ面でアドバイスを行う

専門家派遣事業
経営・技術・財務・法律・知財などの専門家を企業に長期間継続して派遣し、 企業の発展段階に応じてタイムリーかつ適切なアドバイスを行い、 企業の成長・発展をサポート


19日の会議では、そういう支援計画をつくる立場のプロジェクトマネージャーやチーフアドバイザーが、 集まりまして、【質の高い支援計画をつくる実習】(1グループ4名でのグループ演習)がございました。

要するに、テストと教育でございます!! ^^;

日ごろ、指示を業務とする者ばかりが集まったグループでのディスカッションは、 さぞかしパッパと進むであろうと思われるでしょうが、4番バッターばかりの打線って、 それはそれで大変だったり・・・・・


でも、終わってみれば、
とても良い勉強をさせて頂け、有難い機会を頂けたことに、感謝感謝♪♪

同じグループのみなさま、ありがとうございました。
そして、中小企業の皆様は、どうぞ、この仕組みをうまくお使いくださいますよう、お願い致します。


★ブログランキングに参加しています★よろしければ、クリックお願いします
arigato01.gif
FC2★→ f_01.gif
ブログ村★→ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログ★→ banner_02.gif

中小企業への助成関連のいろいろ



毎度ながら、ブログ更新は滞りがち、
あいかわらず、元気陽気暢気をモットーに、笑顔で毎日走り回っております。

早いもので、あっと言う間に6月を迎えました。

政権交代や事業仕訳などで見えにくかった、私の周りの事業への助成関連も、少しずつ動き始めました。
あくまでも、私がかかわっている支援事業情報ではありますが、該当する企業さんは、是非ご活用頂き、 元気経営を実現することで、日本経済の活性化に向かえればなあと願っています。


さて、ひとくちに中小企業の支援と言っても、
◆中小企業応援センター
◆中小企業支援センター
◆市や県の産業振興部
(中小企業振興課や創業・経営支援課など)
◆商工会議所
◆商工会連合会
◆中小企業基盤整備機構
◆経済産業省、農林水産省
など、いろんなところが実施されておりまして、
事業仕訳では、違いを明確にすることを求められました。


中小企業基盤整備機構
戦略的CIO(※経営資源経営ツールとして、情報やITを統括する役員)育成や、 各専門的分野でのエキスパート派遣など、
経営層の強化によって、企業経営を支えたり、他の地方の支援機関を支援しておられます。

私も、CIO育成支援のアドバイザーやチーフアドバイザーなどをやらせて頂いておりますが、 統括されるPMさんには、柔軟ですばらしく頼りになる方が多く、特に物腰柔らかく、 ずばっと本音の松尾氏は、尊敬するコンサルタントのおひとりです。


中小企業支援センター
中小企業応援センター
地方の商工会議所
中小企業応援センターを兼務する、中小企業支援センターや地方の商工会議所が多いために、区別のつきにくい ところもございますが、
以前は、地域力連携拠点が点在しすぎたために、統合して中小企業応援センターとなり、
より具体的なテーマに沿った業務の支援をしています。

支援センターでは、常時無料相談ができますし、課題解決の道筋を一緒に考えてくださるので、 『どうしたら良いかわからない』方は、一度出向いて、話をしてみられると良いでしょう。


市や県の産業振興部内の各課
商店街、製造業、建設業、ネット販売など、各課の担当に従っての支援プランがございます。
特に北九州市は、昨年度、中途採用の上限年齢が外されましたために、銀行などの一般企業からの人材が多く採用され、 お役人的でない動きが楽しみです。

セミナーや専門家派遣だけでなく、
販路開拓支援や研究・技術開発の助成もございまして、審査員?をしたり、応募企業さんのプレゼン資料作成のお手伝いを したりと、わくわくに出会える瞬間を頂いております。


他にも、福岡県では、 全国自治体初!海外向けインターネット通販支援開始!といったこともしています。
>>詳細はこちら
-アリババから中国市場へ、Value of Fukuoka Japanで世界へ-をコンセプトに、
◆福岡ニューディール政策の一つとしてのインターネット通販の拡大
◆海外への商品販売の障壁、決済方法や小口物流方法確保
◆アリババ ( 株 ) が運営する「中国バイヤー向けサイト」に「福岡県コーナー」を設置
◆貿易実務に経験豊富な企業と福岡県が連携、商品の選定や各種問い合わせへの対応、配送、 代金回収等の事務を代行
◆海外向け通販サイト「 Value of Fukuoka Japan 」 ( 英語版 ) をスタート


創業や新規事業展開などをお考えになりながら、不足している資源や知識のためにお迷いの方は、
支援策も事業展開の資源のひとつとして、あれこれ、調べてみてください。

元気な事業と企業をつくりましょう!!


★ブログランキングに参加しています★よろしければ、クリックお願いします
arigato01.gif
FC2★→ f_01.gif
ブログ村★→ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログ★→ banner_02.gif
人気ホームページランキングへ

税金の使い道・・・助成事業評価のお役目



断れない性格と、何でも経験したい好奇心のおかげで、
たくさんのお役目を頂く結果を招いている私です。


毎年、年度末の3月というと、
◆ 助成事業や公的機関からの派遣の報告の〆
◆ 助成事業事業評価のお役目
◆ 来年度事業計画の設定支援

などで、本来、私が苦手とする、報告文書などを作成する業務に追われます。


ニュースの全面に蓮舫さんが取り上げられている、事業仕分けは、
とりあえず、今、借金だらけで、
現収入と将来的収入予測では、借金の返済は不可能ですから
思い切った歳出削減を致しましょう

的に、歳出削減の切り札のように見られていますが、

もともとは、行政改革を目的としてスタートしたのですから、本当は、

費用対効果の高い資源の投下を目指した、選択と集中を目的としているはずと思う私だったりいたします。


公益法人や助成事業の何もかもがNGと言うわけではないはずで、

これらが実施した事業の成果を評価するという業務をご依頼頂いた際には、
知りたい癖が抑えられませんで、今年は、みんなお引き受けしてしまったのでございます。


結果、3月は、あちこちを走り回ることとなりました。


今月、参加させて頂いた、事業評価の業務は、
● 雇用能力開発機構の運営協議会
● 北九州市地方独立行政法人評価委員会
● 九州ITベンダー相互開発コンソーシアム事業評価
などです。


心がけていることは、
必ず、
 ・こうすれば、もっと良い案をいくつか出すこと!
 ・効果をコストと比較して、評価すること
です。


実は、評価のお仕事は、とってもフィーがお安いので、
そんなに時間をかけていると、自社の費用対効果に問題が生じるのですが、

そこは、残業コストのかからない代表者の特権で、

 自らも実施した仕事に納得し、
 評価された方も、評価内容に納得する

まで、きっちりお役目は果たしたいという思いで、臨んでおります。


ただ、いろんな事業を拝見して、残念に思うのは、

資金も事業も小口分散されていることだったりいたします。


同様の事業を、いくつものルートで実施するために、各事業は、他との差別化を求められます。

たとえば(フィクションの例です)、雇用環境整備のための事業を実施するのに、
就業規則の整備支援事業は、他に委託しているので、就業規則整備は除いてください。

といった制限が出ると、本来まとめて実施すべき整備が、片手落ちや不十分に終わってしまうこともございます。


企業さんが、必要な支援をいくつかセレクトして、自分であるべき姿を作り出すことをしなければ、効果や成果が出にくい状況が起こることも考えられますし、

ひとつひとつの事業展開資金が小さいために、できる範囲も狭められます。


これは、事業実施者の責任ではありません。


これでは、
個々の企業に必要な支援策をセレクトする支援が必要ですし、
告知や集客に、事業ごとに経費がかかりますので、実際の支援内容への額が減ることにもなります。


なにより、告知経費がかけられないために、良い助成事業でも、利活用者が少ないという状況が、一番もったいないなあと感じています。


それでも、この事業評価のお仕事は、

より良い日本にするために、
企業を元気にするために、
元気な街をつくるために、

頑張りたいなあと感じさせてくださって、感謝感謝でございます。


★ブログランキングに参加しています★よろしければ、クリックお願いします
arigato01.gif
FC2★→ f_01.gif
ブログ村★→ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログ★→ banner_02.gif
人気ホームページランキングへ


バレンタインデーですね!

皆様、和やかな一日をお過ごしでしょうか。


バレンタインデーが平日の場合、
とりあえず、当日お会いする方へは、チョコを配ったりもするのですが、
今年は日曜日♪


博多の百地(ももち)というところで働いております長女が、急遽帰省してまいりました。


目的は、
◆“おじいちゃま”に、『海老鯛』のバレンタインの手作りケーキを渡すため
◆“ママ”のおごりで、体調ケアのアロママッサージに行くため

でございます。


昨年春に就職した長女は、仕事が忙しく、
仕事の緊張と23時過ぎの帰宅&夕食抜きの日々に、
かなり、疲れが溜まっている様子・・・・・


自分の新入社員のころもそうだったなあと、しみじみいたしました。


食欲がなく、ほとんど何も食べる気にならないと言いながら、

お客様から頂いた、最高級のステーキ肉を焼き、
好物のジャーマンポテト
を出しましたところ、
ご飯も含めて、ぺろっと食べてしまいましたし、

話を聞くと、職場では、上司・先輩の方々が、厳しくも、かなり細やかな気遣いと励ましを下さっているとのこと


まあ、これからも何とか頑張っていくだろうと、胸を撫で下ろした母でございました。


ということで、今日はメンタルケアについて触れたいと思います。


企業では、従業員のメンタルケアにも心がけなさいという、厚労省からの指針がございますよね!

内容を見てみたい方は、下記から、リンクで飛べますので、お目通しください。

とはいえ、
大企業ですと、この部分をアウトソースするところもあるようですが、
この不況下で経費削減の限界を極めたい中小企業さんでは、この指針を遵守したくてもできないのが、現状ではないでしょうか。


まあ、大企業こそ、不況に弱いところもございますから、いづこも同じかも知れませんが・・・


お悩みの方は、 中央労働災害防止協会という特殊法人が、
セミナーやメンタルヘルスのプログラム配布などの支援をされておられますので、相談してみられてください。


経験的には、
従業者がお互いに、
また、経営者が意識的に、
重過ぎない、日々の声かけをしていくことが、最も効果的
であるように感じています。


ひとまず、長女の職場の皆様には、心から感謝感謝です♪


★ブログランキングに参加しています
★よろしければ、クリックお願いします
arigato01.gif
FC2★→ f_01.gif
ブログ村★→ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログ★→ banner_02.gif
人気ホームページランキングへ

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。