経営戦略、IT戦略、Web戦略、人材育成、内部統制整備のご支援を生業としています

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

荒添美穂

Author:荒添美穂


☆公認システム監査人
☆システム監査技術者
☆ITCインストラクター
☆総務省電子政府推進委員
☆中小機構CIO育成チーフアドバイザー
・・・ 他

大学での講義や年間80件以上のセミナーを開催。
アイディア勝負のブルーオーシャン戦略支援を得意とする、中小企業の経営コンサル業を営み25年。
ネット活用の売上拡大支援では90%以上を売上3倍以上を、SEO対策は100%の成果を実現している。
創業支援から経営コンサルの育成・教育まで、「ありがとう」と言われるコンサルティングを身上とする。
※ 中小企業基盤整備機構、日本商工会議所、各所の中小企業支援センター、みらさぽ等の専門家派遣可


来て頂いて感謝♪


お世話になります!


RSSリンクの表示


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仕事に対するモチベーション
~やる気の源泉を考察する~



中小企業の経営にまつわるご支援を業として、23年。

インテリジェントパークという会社を興して、21年半。


さまざまなお悩みや、目標へ向けてのご相談を頂いてまいりました。

まずは、
1.成したい姿、あるべき姿(悩み解決や目標達成後の姿)を認識し

次に、
2.現状とあるべき姿のギャップを洗い出し、
  なぜ、あるべき姿と成れていないかを明確化
3.2の問題点を解決するためにクリアすべき項目を課題として掲げ
4.「課題」を解決するための行動としての対策と実施を算段する


といった手順で進めるのがコンサル業の常ですが、
私の場合、このあとの対策実施支援では、
コンサルというよりは、コンシェルジュと呼んで頂いた方が、実態を表しているのではと思います。


さて、さて、
そろそろ、「この話し、テーマとどう繋がるの?」と思い始められた方もおられるのでは・・・


実は、どんなご支援にも、
また、少人数ではありますが、自らも社員を持つ会社運営の中でも、
常に、そして、必ず出てくる大きな課題が、
関わる従業者のやる気確保とモチベーションアップなのでございます。


ただ、
ワークライフバランスの重要性が叫ばれ、
就業規則や働く環境整備義務が強化され、
一生懸命に「働く」ことは、個の幸せを阻害するもののような印象を持たれる方が多いような気もいたします。


でも、
仕事は、辛い義務でしかないのか?
仕事の達成を幸せと感じることは稀なことか?
と考えると、それも違うと思うのです。


マズローは、人の欲求には、6段階があると定義づけました。
【欠乏欲求】(私利優先)
 A.生理的欲求(眠る、食べるなど)
 B.安全の欲求(予測可能な安定)
 C.所属と愛の欲求(孤独でない)
 D.承認(尊重)の欲求(認められる)
【存在欲求】(私利超越)
 E.自己実現の欲求
 F.自己超越の欲求

もともとは、5段階説として、A~Eを発表していたのですが、
晩年になり、即身成仏や、あえて戦地などに身を投じるボランティア的活動心理状況に対して、 基本の欲求を擲ち、昇華し、実現したい欲求として、Fの自己超越の欲求を発表したのでした。

そして、EやFの領域に達することができるひとは、ごく僅かであるとも言っています。

ひとは、
・ より良い将来が見通せることに対して、
・ 自己の成長と前進を感じられる行動を起こし、
・ そのことが、他者の為になったり感謝されることが嬉しい
「が」
・ たとえ他者には認められなくとも、自己の達成感にも高い幸福を感じる
「ただし」
・ 先の見通しがないことへ挑み、損得抜きで頑張る自分に至福を感じることもある
ということなのでしょう。


では、A~Dの私利優先域にあるひとは、EやFの領域を幸せと感じることはないのでしょうか?!

小さな達成感の積み重ねと、その先のレベルアップや大きな達成感という、DやEの欲求を満たすために、
お金や時間を費やす自己犠牲を負いながら、ゲームに興じるひとが多いのは、なぜでしょう?

誰に知られなくても、
数独ゲームのクリアレベル向上とクリア時間短縮ができたとき、
「やった!」と思う、私の心理は・・・・・・


つまり
達成感は、ある程度のストレス(課題)クリアから生まれ、
やる気は、頑張ればクリアできるという見通しから生まれ、
モチベーションは、その成功体験から生まれる

のではないか?と考えています。

マズローの神域(E・F)には至らない、私のような平凡な一般人でも
◆ 行動後の成果予測ができること
◆ 自分の行うべき行動が明確で、頑張ればやれそうであること
◆ 小さな達成感の積み重ねで、大きな達成感へ到達できること


さらに

◆ 自分の行動で、誰かが喜んでくれること
が実感できたとき、


やる気とモチベーションと使命感が湧き、
その行動が、個の幸福感を生み出す

リーダーや旗振り役は、関与するひとたちへ
そんな場を提供するために努力
しなければなあと思う、私でございました。






★ブログランキングに参加しています★よろしければ、クリックお願いします
arigato01.gif
FC2★→ f_01.gif
ブログ村★→ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログ★→ banner_02.gif
スポンサーサイト
幸福の戦略
~ハーバード・ビジネス・レビュー~より

幸福って、何でしょうか。

昨年、ブータン国王ご夫妻が来日された折には、
国民総幸福度(GNH)という視点が、大注目されました。


少し前までは、
国家の成功の尺度は、国民総生産(GNP)、国内総生産(GDP)で、
企業の成功の尺度は、売上と利益でしたが、
最近では、「幸福度」への関心が高まっているようです。


もともと、WinWinビジネス、ブルーオーシャン戦略大好きで、
顧客マーケティング志向の私は、
これまでも、行動経済学(※1)や心理学的視点の顧客理解についての記事を書いています。

ビジネスの根幹は、顧客満足度にあり、
お客様が満足し、幸福を感じるシーン創出で、成功事業をつくることができるというのが、 私の思いです。

(※1)行動経済学 ウィキ記述を引用加筆
典型的な経済学のように経済人を前提とするのではなく、実際の人間による実験やその観察を重視し、 人間がどのように選択・行動し、その結果どうなるかを究明することを目的とした経済学。
従来的経済学における人間の合理性を部分的に認めつつも、実験や観察を通じて、 人間の認知の仕方や心理的バイアスがどの様に経済行動における意思決定や市場価格に影響を与えるかを研究する。

関連ブログ記事



それにしても、「幸福の戦略」って、
なんとなく、言いたいことは、わかるけど、
ひとそれぞれ違う、主観的な幸福感をどう測るかって、
大問題そうですよね。


MRIとか筋電計とか、嘘発見器的なやり方もあるようですが、
幸福度に関する「調子はいかが?気分は幸せ?」なんて質問は、
隠さなければならない理由があまりないために、
聞き取り調査でも、結果に差はないそうです。

最近では、スマホを使った、事象と幸福感のリアルタイム調査も行われています。


本日は、 今朝届きました、ダイアモンド社の“ハーバード・ビジネス・レビュー”という雑誌のメインテーマが、 幸福の戦略ということで、興味津々、早速目を通して、記事にしてみました。


まず、幸福について整理をすると、
1.どのような出来事でも、幸福感に一過性の影響しか与えない
人は、苦境の中でも光明を見出すことができ、“現実の中での幸せ”を感じますし、
宝くじで1億が当たった、天にも昇る幸福感が、生涯続くこともありません。

2.挑戦はひとを幸福にする
困難ではあるが、手が届かなくもない目標を達成しようとしているときに、人は最も幸福である。
昨日より、良い方向に変わることへの期待感、達成感が、幸せの源とも言えましょう。

3.無数の小さな出来事は、1回きりの強烈な出来事に勝る
幸福感には、無数の小さな出来事が重要で、「頻度は強さに勝る」と言えるそうです。

4.1日の大半、心はさまよっている
集中していないとき、心が定まらないとき、人は幸福感を感じにくく、 就業中に心がさまようと、生産性は低下する。



ということは、
成長してる実感を味わっていたい派の私は、
・ メールでの情報配信受け
・ セミナーや勉強会の参加
・ 毎月数冊の雑誌購読
などの情報収集と勉強で、いつも昨日とちょっと違う明日を目指しています
なんて言ってたことは、「私、頑張ってます」的ことでは全くなくて、

挑戦と集中の時間を取り、変化への期待をすることで、小さな幸せを高頻度に与える という、
自分自身に幸福感を与え続ける作業をしていたのだわあ・・・

と、大納得を致しました。


昨日の日曜、
次女とロフトというお店に行き、やらかした大散財は、
自分に、ちょっとした変化への期待をもたらし、幸福感を得るための代償だったのかも知れません。


どんな状況の中にも、光明を見出している???






★ブログランキングに参加しています★よろしければ、クリックお願いします
arigato01.gif
FC2★→ f_01.gif
ブログ村★→ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログ★→ banner_02.gif

先日、かねてよりの友人が訪ねて来て下さいました。

ずっと、中国における日系企業の労務管理と法務管理という、
“大変”なお仕事をされておられた方で、
私に貴重な情報や人脈、体験談などを齎してくださる方です。


この方がこの度、日本のある製造業さんからの求めで、
改革・革新・教育」を使命として、日本へ戻って来られました。


さて、
いつの世にも、どんな組織でも、改革につきものなのが、抵抗勢力ですね。


個人は変化を好まず、大衆は変化を求める

どなたかの名言ではなく、私が、勝手に言っているだけですが、
これは自然現象とも言えることなのでございます。
【プロスペクト理論】
 1万円得する機会を逃すショック < 1万円損するショック
ひとは、自分のお財布に1万円入って来る可能性を逃したときよりも、自分のお財布から1万円出て行ってしまったときの方が、ショックを感じるものという話は有名です。
あくまでも、現状を中心に、進歩よりも退行を嫌がるために、「なまじ改革をするより、今のままで良いじゃないか!」という判断になるのです。

これは、「反対のための反対」をする方と言って良いでしょう。

ただ、抵抗勢力の中には、「一貫したもっともな理由に基づく反対」をする方もおられます。

この場合は、改革の思わぬ知恵袋ともなりますので、宝として敬意を払い大切に、誠意をもって接することが肝要でしょう。

実際、理屈の通った反対は、
そこを理解できると、改革を推進する者にとって、それほど苦にはならないものです。


改革を推進する者の気持ちを苦しめるのは、前出の理屈の通らない「反対のための反対」をする方々と言えます。

「できない理由」や「しない方が良い理由」を一貫性なく並べたてますので、説明や話し合いや説得では、活路が見出せないからです。

この場合は、使命感を持って改革を推進するタイプの人間が、意外と苦手とする、

 1. ノミニケーションやタバコ場外交で、親交を深め、情に訴える
 2. 反対によって生じる損失を伝えて、脅す
 3. あなたの協力がないとやれませんと、頼る
 4. 相手が尊敬する、または弱い方を見つけて、
   そちらを通してアプローチする


など、正面切らない裏の手が有効なようです。


最も大切なのは、
 ◆ 反対勢力となる人を早い時期に見極めること
 ◆ 理由のある反対か、感情的な反対かを見極めること
 ◆ 相応の対策を早期に取ること
 ◆ 決して感情的にならないこと
かと思います。


かく言う私も、理屈通りにはいかず、
「とにかく反対」の方の悪意の挑発的な言動に感情が出たり、
うまく取り込めずに大反省のことも多く、
まだまだ修行の日々なのでございますが・・・


めげずに、日々是前進!で努力を忘れずに参ります!!!

(変化を求めるマス(大衆)心理については、またいつか書くこととして・・)





★ブログランキングに参加しています★よろしければ、クリックお願いします
arigato01.gif
FC2★→ f_01.gif
ブログ村★→ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログ★→ banner_02.gif
【強み=選ばれる理由】と戦略 ~ Yahoo

少し前まで、ネット展開の戦略は、SEOが最重要で、
さらに、検索エンジンGoogleYahooの基準が異なったために、
どちらに焦点を合わせるか、頭の痛いことでございました。


Googleが日本にやって来るまで、日本では
「goo」「エキサイト」「インフォシーク」「フレッシュアイ」などの各社独自の検索エンジンを持っておりました。

そのため、サイトを製作した際には、多くの検索エンジンへの一発登録をするソフトや、 登録業者さんが大忙しだったりいたしました。


今では皆様ご存知の通り、
検索エンジンと言えば、Yahooのページ検索をはじめ、ほとんどが「Googleの検索システム」を採用するようになっています。


また、Googleでは、
Web検索、画像検索
動画検索(Youtubeとも連携)
地図、ショッピング(モール的機能)
ニュース
Gmail、翻訳、カレンダー、写真 (Picasa)
グループ設定や個人の好み、検索場所に依ってカスタマイズする機能
参考・・・http://www.google.com/appserve/dekirukoto/
などが追加され、便利な半面、使いこなすのも一苦労な感じの多彩な展開をされております。


ただ、Googleも興味深くはありますが、
今回は、検索の独自性を手放したYahooが、どのような戦略展開をしているのか・・・に目を向けて参りたいと思います。


検索エンジンの連携については、Yahoo Japanは、自社の強みを
IT成熟度の高くない、ネットを楽しみに使う層に強い
ゲームなどのエンターテイメントで集客
ショップ検索や知恵袋など、生活に密着した展開
として、

Googleに負けている検索技術にお金をかけ、戦い続ける必要なないと判断されたのではと、推測しています。


強い部分を伸ばし、そこ(選択される理由のある土俵)で勝つ戦略は、価値あるものです。



また、Yahooでは、
検索しなくても、利用者へ能動的に情報を提供する仕組みの充実に積極的になっているようです。
たとえば、
◆米Yahoo!とABC News、ニュース配信と広告で戦略的提携
(日経記事より)
米Yahoo!と米ABC Newsは現地時間2011年10月3日、ニュースコンテンツ配信に関する戦略的提携を発表。
共同でニュースサイトやオンライン専用番組を展開する。


Yahoo! JAPAN、Twitter社と戦略提携
Yahoo! JAPANは、6月14日、Twitter社と戦略提携し、24時間以内に投稿されたツイートを検索できる「Yahoo!検索 リアルタイム検索」を公開。
今後、「Yahoo!ニュース」「Yahooオークション」「Yahooロコ」などほかのサービスでもTwitterとの連携を進めていく。


など、他社の強みと繋がり、自社の強みを活かした利活用で、経費を抑えた新しく大きな価値を持つサービスの提供を実現
といった展開です。


でも、前記2例を見て、違和感を感じるのは、私だけではないでしょう。

あら? 米国と日本のYahooは、別々に独自に動いてる???

10月7日の日経新聞のサイトには、
米ヤフー、日本のヤフー株放出間近か
という記事が出ています。
はやい話、経営難の米Yahooが、Yahoo Japanの株を売って、経営を立て直そうとしているというものです。
経営困難に陥った米ヤフーに対し、持ち株による資金調達スキームに対する指針を米国税務当局がまもなく出す見通し。

米ヤフーが保有する日本のヤフー株35%は時価総額ベースで約190億ドル。20億ドルが、早急に現金化できる見込み。

ただし、買い手は見つかっておらず、関係企業が、買収に際してどう協力していくかは未定。


米Yahooさんは、
もう少し早く、社会の変化にあわせ、自社の強みと選ばれる理由を押し出す仕組みの変化が必要だったということでしょう。

先月、米Yahoo最高経営責任者(CEO)が解任されましたが、
経営って、本当に難しいですね。

ぶれない視点と、変容の方向。

Yahoo Japanが、Googleと検索エンジン分野で提携した決断は、間違っていなかったということだけは、確実なようです。





★ブログランキングに参加しています★よろしければ、クリックお願いします
arigato01.gif
FC2★→ f_01.gif
ブログ村★→ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログ★→ banner_02.gif
ビジネス展開の普遍と変化のバランス
1.「普遍の掟」流されずに守り抜くこと
2.「変化の掟」市場の変化に乗り遅れるな



2.「変化の掟」市場の変化に乗り遅れるな

前回、流されることなく守り抜くべき強みとこだわりについて、
ビジネスの「普遍の掟」として記事にしました。

今回は、市場・社会の変化を見極め、商品や販売の仕方、販売対象を柔軟に変化させなければ、事業は衰退しますよという
ビジネスにおける「変化の掟」について書いてみたいと思います。


このふたつは、相反するように感じる方がおられるでしょうか。

「普遍の掟」は、
企業の存在価値・経営理念、企業のもつ特色・強みといった、「軸」であり、 建物の基礎をイメージして頂くと良いかもしれません


対して「変化の掟」は、
人々の生活の変化に沿って、商品アレンジや新商品開発、販売方法なども変化させるべき ということですが、やみくもに変化させるのではなく、「軸」・「普遍の掟」の 表現方法を変化させる「柔応訴求」とお考え頂けたらと思います


まれに、「軸」・「普遍の掟」自体を見直すことも無いとは言えませんが、
会社を一旦壊して、作り直すほどの大きなことであると認識して臨まなければなりません。

つまり、

「軸」・「普遍の掟」は、強み=選ばれる理由確保のためのものであり、

「柔応訴求」・「変化の掟」は、訴求=選ばれる動機づくりのためのものと言って良いかもしれません。


選ばれるための動機づくりについて、変化させるポイントを整理しますと、
顧客、現見込み客、現対象外消費者の3方向から
◆1 情報収集手段の変化
◆2 社会情勢を含む不安材料の変化
◆3 トレンドの変化
◆4 生活様式と心情の変化
◆5 市場規模の変化
を見ることが大切で、誰に何をどう売るか再考の癖をつけ、 各変化に敏感でいるべきということです。


具体的には、
◆1 情報収集手段の変化<一般論>でしたら、
ネット環境充実、スマートフォン台頭、デジタル放送開始などによって、消費者の情報収集手段は大きく変化しています。
Faccebook等、SNS経由での情報交換量が増大、口コミの拡大スピードと拡大地域は、比べ物にならなくなりました。
従来の情報収集手段とあわせ、クロスメディアな検証行動が通例化してきています。

また、かなりの確率で口コミ評価確認をされると同時に、口コミ情報提供も盛んで、相互情報共有手段としてのネット活用行動を 考えないでは、ビジネスの大きな武器を失うこととなるでしょう。
のようなことです。
(※ここでは、顧客想定ができませんので、一般論としましたが、実際には、顧客、現見込み客、現対象外消費者の3方向からお考えください)

◆2 社会情勢を含む不安材料の変化では、
リーマンショック、震災、口蹄疫や食中毒などの負の情勢変化、
九州新幹線開通、高速道路開通などの地域環境の情勢変化、
他国の動き、為替の動きといった社会情勢などから発生する不安材料に着目し、 この不安を解消するようなシチュエーションでの商品サービス提供の仕方を考えます。



以降の項目の説明は省略させて頂いて、
ここで、WinWin(みんなが嬉しい)事業の事例として、ひとつ、「大分モデル」をご紹介いたしましょう。


日本を揺るがし、世界を震撼させた、今回の大震災では、
ボランティアや義援金、観光等で現地へお金を落とすなど、さまざまな支援行動が見られましたが、

経営戦略をテーマとする当ブログでご紹介するのは、社会情勢や市場規模の変化に応じて商品サービス提供のかたちを変え、 WinWinビジネスとした事例でございます。


大分モデル
大分の非破壊検査の会社さんが軸となって、土木や建築の会社さん10数社が組合を設立。
福島県で、職を失った方を対象に1社3名を受け入れ、教育。
資格取得などを支援し、福島県へお戻り頂き、支社として、福島の復興事業へ関わるというもの。

移動旅費は国から、大分での住まいは県からの支援を頂きました。



Facebookを活用してのビジネスで、成功した事例も数多くございます。

以前、講話と酒席でご一緒させて頂いた、東京証券取引所のCIO鈴木氏も、 状況が変われば、企業・組織もあわせて変わらなければ生き残れないと おっしゃっておられ、大変に嬉しい思いをいたしました。


守り抜くべきもの、柔軟に変容させるべきもの
しっかりと見据えながら、展開して参りたいものでございますね。





★ブログランキングに参加しています★よろしければ、クリックお願いします
arigato01.gif
FC2★→ f_01.gif
ブログ村★→ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
人気ブログ★→ banner_02.gif

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。